スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

是-ZE- 彰伊と阿沙利編

白紙となって消えた阿沙利・・・3ヶ月たってようやく今月号から二人の話がスタートしました。
阿沙利を元に戻して欲しいと和記に詰め寄る彰伊・・・「阿沙利は死んだんだ・・・白紙になれば過ごした日々の記憶は全て失う・・・この理は変わらない・・・見た目が阿沙利でさえあればおまえは満足するのか・・・」と紙の人形と化した阿沙利を破り捨て、中に入っていた骨さえも粉々にして再生を拒む和記に、「うだうだ言ってないで、さっさと再生しろ!・・・」とぶちきれる彰伊・・・「おまえをおいて逝きとぉない・・・」と言う阿沙利の今際の声に、あれが本気の未練なら願いなら、俺は全力で叶える・・・奇跡は起きるかもしれない・・・と阿沙利の覚醒を信じる彰伊。
(そういえば本編で、三刀家の言霊師は死んだ後、骨となってそれを元にして紙様として生きていくなんて彰伊の父親が言っていたけど、じゃぁ阿沙利も遠い昔存在していたってこと・・・?)
そして話は、まだ少年の彰伊と阿沙利の出会いへ・・・最初は彰伊を拒否して、彰伊の呼びかけにも答えず会おうともしなかった阿沙利。
言霊師に疑問を感じ阿沙利にも拒否された彰伊は、紙様を使わずに言霊を使って傷を負ってしまい、自らの運命にもがき苦しみ「誰か・・・かみさま・・・たすけて・・・」ともらした言葉についに阿沙利は彰伊のもとへ・・・。
力一じ~さんの話や彰伊との詳しい出会いの話、すっごい気になっていたんですよね。
力一じ~さんの真名の付いた特別な紙様の阿沙利・・・その辺のことも知りたいし・・・。
それに阿沙利を再生しようとなりふり構わない彰伊も凄くいい!!
次はどうなるのか・・・次号が凄く待ち遠しい!!
コレ早くCDで聴きたいなぁ~・・・まだ始まったばかりなのに気ぃ早すぎ~。
そういえばこの雑誌で、苺王子も一緒に連載やってるんですよね!
一(ハジメ)も好きなので、CD3巻目出ないかしら・・・。

最近何だか無性に乙女ゲーやりたくて、でもPCの調子がイマイチなので蒼天の彼方は断念・・・そこでもう一つ気になっていた新説西遊記を予約しました。
発売日が13日から20日に延期されたんですね・・・おかげで予約特典が滑り込みセーフで間に合いました。諏訪部さんの孫悟空いいですよね・・・近藤隆さんも好きだし、このゲームは結構いい声優さん揃っているのでプレイするの楽しみ~。



スポンサーサイト
line

三千世界の鴉を殺し14

小説Wingsを前にちょっとだけ立ち読みした時に、二コルが大変なことになっていたので、文庫になったら是非読みたいと思っていたので、早速購入しました。
ニコルの乗る装甲車に仕掛けられた爆発物を処理する為、なるべく被害の少ない場所へ移動させようとするのだが、ニコルを狙う砲撃はやまない。
やむおえず装甲車を降りるのですが・・・戦いの中で超能力を酷使し、自力で立っていられないほど弱ったニコルを襲う銃撃・・・襲ったのは、かつてルシファードを脳科学研究所で人体実験の被検体にしていたアルジャハル教授だった。
ニコルの危機を察し、瞬間移動でかけつけたルシファードは治癒能力でニコルの傷を治すのだがショックで心停止に陥るニコル・・・。
ルシファードが大切にしているからニコルとグラディウスを襲ったというアルジャハルの魔の手はルシファードに襲い掛かるのだか・・・。
ニコルとグラディウスを直接瞬間移動で軍病院に運ぶルシファード・・・一命取り留めた二人なのですが・・・目覚めたニコルは白氏のカジャに敵意をむき出しにして襲い掛かる・・・助けに来たルシファードに「君は誰だ?・・・」と訊くニコル・・・ニコルの記憶は30年近くも後退し30年分の記憶を失った・・・。

ニコルが撃たれた時、「俺を呼べ・・・ニコル・・・強く、望め!」と念じるルシファードはかっこよく、なによりニコルに対する愛情が感じられたのに・・・サラディンに「ニコラルーンで良かった」と言うルシファードにはちょっとがっかり・・・「あんたが俺なんか知らないと言ったら、俺はあんたごとこの惑星をくだいていた」とルシファードの愛はサラディンに一直線・・・。
それにしてもニコル生きてて良かった♪
早くこの部分CDで聴きたい!ニコルの出番も結構有りそうだし!・・・まだまだ先かなぁ~。
そういえば「三千世界の鴉を殺しマガジン(コンプリート・マガジン)」が来年4月に発売されるんですね!
付録でミニドラマCDも付くそうで、ニコルの出番があるといいなぁ~・・・。
line

緑の記憶と雪の記憶

進歩クンが主演していた「水の記憶」、このCDはBLの中でもとても好きな作品で、如月東栄も佐々木洸太も大好きなキャラです。
とくに進歩クン演じる東栄が、おっとりとして物腰の柔らかい感じの声と喋り方がいい!
そんな記憶シリーズもノベルズのほうではもう4作目が出たんですね。
さすがに炎の記憶は重版もなく中々手に入りにくいようです・・・。
緑の記憶は今年の2月、雪の記憶は先月発売になっていたので、比較的簡単に手に入りました。

「緑の記憶」
自分の兄と友人を助けられなかった自責の念で、拒食症に陥った洸太を立ち直らせたのはまだ学生ボランティアスタッフとして活動していた如月東栄だった。
今は洸太と二人で幸せに暮らす東栄のもとに、一人の女性教師が生徒が拒食症のようなので助けて欲しいと相談にやってきます。
その少年の話と平行しながら、昔の洸太のことに思いをはせる東栄。
洸太が高校生の時、新緑の季節に2人で温泉に出かけたのですが・・・緑が眩しい露天風呂で何故か東栄に寄って来ようとしない洸太・・・今になって考えると洸太の気持ちが分る・・・そして「本当は洸太が大人になるのを待っていたのだ」と自分の気持ちにも気づくのでした。
本当は十年間お互いのことを思い続けていたんですね。
拒食症だった少年有田は、炎の記憶で出てきた耀と浩史の協力もあり克服するのですが、今ひとつ克服する経緯が簡素化されていて、ちょっと残念だった。

「雪の記憶」
仕事で疲れた東栄を癒そうと、洸太が東栄を温泉旅行に連れ出します。
雪深い田舎の温泉・・・新雪でカキ氷を作ろうと二人して夕暮れ散歩に出ると、雪の中で倒れている少年を発見・・・低体温で瀕死の状態だったのを東栄の応急処置で一命をとりとめます。
意識が戻ったものの、記憶がない少年(文也)・・・一週間経っても引き取りても見つからず、東栄が自分の所へ引き取って、先輩の医師から催眠療法を受けさせることに・・・。
そんな中不審な男の影が・・・彼こそが少年の養父で少年の実の母と父を殺した犯人。
少年の父親が好きだった男は、行き場のない思いを募らせ病死に見せかけて殺してしまった。
そして何食わぬ顔をして少年の養父になり、少年が少年の父親と出会った頃と同じ歳になるのを待っていた・・・だが、少年も思い通りにならないと思った男は、ココアに睡眠薬を混ぜて眠らせ雪の中に置き去りにし殺そうとしたのだ。
少年が生きているのを知り、付きまとい殺そうとして、洸太に追い詰められた男は自らメスで喉を切って死んでしまう。
東京湾再生計画の海洋生物研究班に空きが出来て転職するという洸太に、自分のために近くの熱帯魚専門店で働きだした洸太に罪悪感を感じていた東栄も大賛成!!
「東栄の世話があまり出来なくなる、疲れきった東栄を支える誰かが必要だ!」、と文也を引き取って一緒に暮らそうと言い出す洸太。
「俺は東栄が居たから乗り越えられた。同じようにフーも助けて欲しい」というのが本音。
そして3人の生活が始まった・・・・。
BLというよりも人間的なつながりの部分の方が多くて、とても面白かった。
東栄と洸太のお互いを尊重し認め信頼し合っている大人の関係がとても素敵!!
お話は「雪の記憶」のほうが断然面白かったです。
残念なのはイラストが毎回変わっていること・・・「水の記憶」の雪舟薫さんのイラストが凄く綺麗で好きだったんだけど・・・。
・・・できたら「水の記憶」の続き、CD出たらいいのになぁ~。
随分経ってるから無理だろうけど・・・いいお話なんだけどなぁ・・・。
そういえば最近進歩クンムービックでの出演あまりないですよね・・・。
BL作品の出演は圧倒的にムービックが多かったのに・・・。
line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。