スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

やさしい竜の殺し方3

待ちに待った「やさ竜」3巻目です。
今回、ウルは憑依魔法で、炎烈王のセファイドと雷牙王アルファードに代わるので出て来ません。
アルファード役の置鮎さんとの会話は、どうしても「この罪深き夜に」と被ってしまいます。
アークはアルファードと共に、光王カーライルの残した遺産「失せし秘宝」の魔道書を探しにいきます。
アルファードの危機に、剣を放して呪文を唱えたアークに「戦いの最中に剣を放して、呪文を唱えるとは」と怒るアルファード。
アークは、「光王を残して死んでしまったくせに」、とアルファードに訴えます。アークは、誓約の剣で、何度もウルを殺す夢を見ると、自分の手が血で真っ赤に染まり、悲鳴で目が覚めると言うのです。そして「大丈夫、私の手は白い」と自分に言い聞かせるのだと・・・涙ながらに語ります。「愛している、ただ愛している、あなたを失って光王が幸せに暮らしているなんてどうか思はないで」。 
「一緒に生きられないなら、一緒に死にたい」と言うアークに、アルファードは「誓約者を道ずれにしたいドラゴンはいない」と答えます。
まさに、純愛です。置鮎さんも進歩クンも熱演です。涙ながらにアルファードも、光王への気持ちを語ります。切なくて、聴いていても、胸が詰まります。
この後、セファイドと入れ替わります。
セファイド役の諏訪部さん、とてもピッタリです。
「何があっても、君の見方だ」と言うフェンリエッタは、とてもハンサムウーマンです。セファイド、フェンリエッタ、アークの3人のやり取りは、とてもテンポが良くて面白いです。
そして、呪文を唱える時のアークとても素敵。
来月は、いよいよ最終巻です。
少し寂しいような気もしますが、ここまでCD化してくれたムービックさんに感謝です。
スポンサーサイト
line

キミに可愛がられたい!

相沢和樹(福山潤) 杉浦春彦(千葉進歩)
昨年前作の「キミに飼われたい!」を聴いたときは、結構ショックでした。進歩クン演じる春彦が、おバカなお坊ちゃまみたいに思えて・・・こんなの進歩クンじゃないとか・・・。でもやっぱりこんな進歩クンも可愛いのです。
今回は、和樹に嫉妬した生徒の1人の宇野が、春彦のデザインを盗んだあげく、和樹を誘拐するというものです。最後は、和樹の首輪の発信機をもとに、春彦が和樹を助け出してハッピーエンド。
1年ぶりのアフレコで、進歩クン演じる春彦が老けてて30代になっていたとか・・・その父親役の井上和彦さんまで、それに合わせて老けてしまいNGだったそうです。前作のCDを聴いて「こんなに、可愛かったのか」と自分でも思ったそうです。井上和彦さんが、「可愛かったよ、1年前は」と突っ込んでいたのが可笑しかったです。成田さんが、今回進歩クンがあんまり汗を掻いてなくて、物足りなかったと言っているのが笑えました。進歩クン曰く、今日は受けではなく、攻めだったのであまり汗を掻かなかったとか。
やっぱりインターさんのは、フリートークがとても面白いです。
line

可愛気。

CD化が決まってから、原作を読み結構心待ちにしていました。マリンのアフレコレポートで、進歩クンがクールに演じたという、中野旬次を楽しみにしていたからです。低めのクールな声で、とても素敵でした。ソフトな声も大好きですが、こういうのも凄くカッコイイです。
ACT1 谷山紀章さん演じる広末堅二と、森川智之さん演じる茂木昴成のお話。
ACT2・3 が千葉進歩クン演じる中野旬次と、石川英郎さん演じる目白靖のお話。 
ACT4 広末×茂木のお話
ガテン系ボーイズラブ!汗が飛び散るような、とっても男らしい2人のぶつかり合いです。広末×茂木はありがちなBLで、広末が片思いを成就します。
進歩クン演じる、男らしくクールでかっこいい系の受け、とっても良いです。受けというと、何か女性的な印象のものが多いのですが、こういう方が自然な感じがします。体だけのはずが、いつのまにか中野に惹かれて、はまってしまい必死な目白が可愛いです。石川さんピッタリです。自分の名前を呼ばれただけで、舞い上がる目白。昔関係のあった監守を殴る中野を、「あんたが務所に入ったら、嫉妬でおかしくなってしまう」と必死で止める目白は、素敵で可愛いです。森川さん曰く、2人のことをクワガタとカブトムシのぶつかり合いと言ってますが、まさしくそんな感じですね。
ACT5 はオマケでホストです。
茂木の別れた奥さんの、お店を手伝うという設定です。「ふ」とか「へ」とかしか言わないで、仏頂面で置物みたいなのに、1番人気なのが中野、という事が気に入らない目白。実は「中野さんのことは、何にも知らないで・・・」とヤキモチを妬いていたんですね。
フリートークで進歩クン、石川さんとは初めてと言ってますが、昨年「やっぱり君を好きになる」で競演してますよ。その時は、今回のような激しいからみはなかったけど、コメディタッチでとても面白かったです。今回はご自分でも、濃くて男臭さでムッとしてドヨーンとした感じだと言ってました。でも、中野旬次はとってもかっこよくて、また違った進歩クンが聴けて嬉しかったです。


line

YEBISUセレブリティーズTHIRD SEASON後編

待ちに待った1ヶ月。とても楽しみにしていました。
和実君大好きなんですが、久家も良いです・・・とっても。
対人接触恐怖症が再発してしまった和実を、久家はいつまでも、自分を受け入れられるようになるまで、待つと言うのです。和実のために必死でたえている久家は、とても素敵です。
バスルームのドアの磨りガラス越しに、お互いの手と手を合わせて見つめ合う二人は、とても切ないです。そして久家の為に強くなりたいと思った和実も素敵。
浅倉は久家に対するライバル心から、久家がもっとも執着する和実に歪んだ願望の矛先を向けるなんて・・・でも10歳の時から久家を追っていたなんて凄すぎる。
和実の為に、浅倉に土下座をする公家、浅倉を平手打ちで叩いた和実、皆が成長したんです。
できれば、この後の話も読みたかったです。
浅倉が、どんな風に改心したのか・・・したのかな?
久家父もでてきて、とても面白かった。
やっぱりこのシリーズは久家×益永が1番です。
できればこれも、CD化して欲しいな。
line

ちーちゃんと千葉さんとピクニックin池袋

 sikisi

上記の写真が鈴木千尋さんがイベント中に描いた雷明です。
「Candy Quartz apartmentあさ」のイベント遂に行ってきました。
行く前からドキドキだったのですが、もっとドキドキしたのは、空港で霧が凄い為、着陸できないとのこと。着陸便がないと、乗る飛行機がないので、欠航するとのこと・・・搭乗手続きも着陸しないと始めないと、アナウンスが何度も流れました。お願いだから霧よはれて、頑張って着陸して・・・祈るような気持ちでした。飛行機は上空で旋回して、やっと30分遅れで着陸しました。良かったぁ~。

イベントの座席は抽選でした。
初めての参加でしたが、なんと前列の1列目が当たりました。
嬉しぃ~こんな間近に進歩クンを見ることができて、上京して来たかいがあったというものです。
オマケに、いつもお世話になるサイトの方が隣の席だったし、とてもラッキーでした。
開演前に、進歩クンの諸注意のアナウンスが流れました。
かみかみの所もあってとても可愛かったです。
その後、花夜野と天晴が池袋にやって来たという設定で生アフレコの実演でした。
質問コーナーでは、何か事故に遭遇したことがありますか?と言うことだったのですが、進歩クン昔車で、30キロ制限のところを20キロで走っていてぶつかったことがあるとか。シートベルトもしていなくて、体も変な体勢になっていたとか・・・怪我がなかったのが何よりです。鈴木千尋さんに、飲んでたのと突っ込まれてました。進歩クンお酒は苦手なので飲んでないと、言ってました。それにしても、30キロを20キロとはかなり慎重ですね。私だったら、10キロオーバーぐらいで走ってるもの。
その後は、お絵かきコーナーです。
その絵を抽選でプレゼントすると聞いて、進歩くんかなり焦ってました。最初に夜花野、天晴おまけで雷明も描きました。
進歩クンの夜花野、髭まで書いて可愛かったです。天晴だったか雷明だったか忘れたんですけど、きつねが馬になってると進歩クン自分でも笑ってました。千尋くんギャグタッチですけどお上手でした。
トークの時に、BLの話題をしてましたが、やはり食物連鎖の話で進歩クン「オレ宮田さんと勝平さんにやられたから・・・」と言っていたのが笑えました。千尋くんも受け多いでしょうとの問いに、「攻めもあるよ」と鈴木さんが答えると、進歩クン「相手だれ?」と聞いてました。それが宮田さんと勝平さん(私は聴いたことがありませんが)だと知ると、やっぱりあの人達が底辺だと笑ってました。
実生活では「オレは男は攻めないから」と強くいっていたのが可笑しかったです。
鈴木千尋さんの仕事のときは、食べないと言っていたのに、「緊張はするの?」と進歩くん。「緊張してる」と答えた千尋くんの胸に手を当てていました。振り払ってダメとにげた千尋くんも可愛かったです。
この日の進歩くん、とてもハイテンションで沢山喋ってました。
まるで漫才コンビのように二人の息もピッタリで、爆笑の渦でした。
さて、抽選会です。
キャラクタークイーンのグッズが5袋、サイン入りテレカ5枚、サインいり台本5冊、サイン入りポスター5枚、二人の書いた絵7枚、南野ましろ先生の直筆色紙3枚結構ありました。
とてつもなくクジ運の無い私は、最初から諦めモード。
終わりも近づき、絵のプレゼントになったとき、それまでは5人とかまとめて舞台に上がっていたのに、ここからは一人ずつということになりました。その最初に私が呼ばれるなんて・・・。もうパニックです。隣に座っていたサイトで知り合った友達に、「良かったね」と肩を叩かれて、我に戻って立ち上がりました。当たったのは、鈴木千尋さんの書いた雷明。進歩クン曰く、目つきが鋭く、毛並みが荒い感じというのを受けて描いた物です。欲をいえば、進歩クンのが欲しかったけど、同じ舞台の上に上がれて、少しでも近くに行けたことは嬉しかったです。
色紙の絵にサインがないのは、残念ですがその場いたファンの人達はみんな知ってるものね。これだけでも満足です。
本当に楽しいイベントでした。とても遠いのですが、また是非行きたいです。一緒に行った友人に、初めて参加して、座席といい抽選といい、サイトで知り合ってはじめて会うお友達が、隣だったことといい、ラッキー尽くめで千葉さんと相性いいんじゃないと言われてとても嬉かったです。



 
line

挑発トラップ

10月28日ムービックから、「恋愛トラップ」の続編「挑発トラップ」がでます。前回は脇役だった進歩クンも、今回は主役です。お相手は、小西克幸さん。久しぶりの対決、「我らの水はどこにある」以来かな。進歩クン、小西さんと一緒だとフリートーク結構喋るので、今回ムービックという事で、フリートークがないのは非常に残念。
インターだとフリートークが入った上に、収録写真まで掲載されているのに・・・でも進歩くんの主演作品は圧倒的にムービックが多いんだよね。今回脇役で、進歩クン演じる冬弥に、執着する大学教授に成田剣さん。これもまた濃くて面白そうだけど、この冬弥も進歩クン大変そうかな。 
「焔の鎖」読みました。「凍る灼熱」は、どこまでドラマCDになるのかな?最終章が今月から始まるのね。どこまでドラマCDで描かれるのか、とても気になります。どこで終わっても、ハッピーエンドな感じではないので、最終章が終わったら、CDの方も是非2巻目を出していただきたいものですね。それにしても、克実も結構大変な役です。最近本当にこうゆう受難な役進歩クン多いです。
もうすぐイベントです。あと3日。進歩クンの顔が見れると思うと、もうワクワクドキドキです。飛行機に乗って進歩クンの所まで飛んで行きます。気持ちはもう舞上がっているけど。
line

ビッグガンを持つ男

待ちに待った「ビッグガンを持つ男」です。1ヶ月発売が延びたので、待ち遠しかったぁ~。それでも、1週間早く届いたのは、嬉しかったです。声優陣も凄いけど、内容も凄い!でも面白い!進歩クン頑張ってます。4兄弟相手に、受けるやら攻めるやら・・・。受けると時は、一見気弱そうなのに、高橋広樹さん演じる礼を攻める時は、強気な鬼畜に大変身。その切り替わりが面白い。唯一勝平さんだけが、リバではありませんでしたが、初めて聴く勝平さんの攻めは、いたずらぽっい少年のようで新鮮でした。あと笑えたのは、平川さん演じる変な外人のロバート。妙なテンションで、変な日本語が可笑しかったです。それと成田さんの受け、これも珍しいですよね。これはもう、BLバラエティです。
特典のフリートークCD、なんと24分も入ってました。進歩くん司会で、想像以上に楽しかったです。何度大声で笑ったことか・・・ホントに可笑しいんです。
何故か、成田さん常にONマイクなんです。勝平さんに突っ込まれてました。
BL食物連鎖の話になり、逆3角形の底辺にいた勝平さんに、喰われてしまった進歩くん。勝平さんに「不服なんかぁ~」と突っ込まれて、焦っていたのがもう可愛くて可愛くて・・・。高橋さんが参加してなかったのは残念ですが、それを、補って余りあるほど面白かったです。
line

鬼絆 この陰りある哭のままに

キャストが凄いです。さすが、ムービックとインターのコラボだけあって、BL業界の有名声優さんそろってます。進歩くんが出てないのは、とても残念。まぁ・・・でも他に沢山出てるし・・・。鬼絆とても暗いです。これはBLなのかぁ・・・そんな風な感じの台詞は結構あるけど、どろどろとした所や、残酷なシーンもあり、同じ戦いのシーンでも「やさ竜」と違って、話が暗いだけに、とても残酷に聴こえてきます。
暗い話は好きな方なんだけど、こうゆうのは、ちょっと苦手かな。
line

恋愛服務規定

迷彩天国に続いての第2弾。CVノベルズという形をとっているので、ドラマCDは30分。原作を別に買う必要がないのは、助かるんだけど・・・30分じゃあ物足りないかな。もっと聴きたいってとこで終わっちゃうし・・・PC用のアクセサリーはいらないから、あと15分でも長かったらいいのに・・。
話は、1・2巻通してとても面白くて、襲い受けの進歩クンとてもカッコイイです。室見の声とても好きです(進歩クンの声の中でも特に好きな方です)。お相手の遠近さんとは、仲良しさんだと何かのCDで言ってるのを聞きました。遠近さん、とっても素敵な声なのに、面白い。ガキ?な藤崎ピッタリで熱演でした。
前に、2人で競演するとしたら、どちらが受け攻めか?と言う話をしたそうで、原作を読み始めた時は、進歩クン攻めだと思ったそうです。実際は、初めて経験する襲い受けというもので、新鮮だったらしいです。汗が飛び交う男らしい自衛隊の中のお話でしたけど、嫌らしさを感じないスカッとするBL(Hシーンは結構あるんだけどな)でした。・・・なんじゃそれ (笑)
line

熱情のバランス

先月末は、進歩クン出演の物が多くて、やっと熱情のバランスを聴くことが出来ました。2枚組みで、進歩クンも結構喋っていました。トライアングルラブバトルの時は、あまり面白いとは思はなかったけど、進歩くんが結構喋っていたので聴けた気がします。今回もほとんど主役の3人との会話はなく、神奈さんと2人の会話がほとんどでした。(それもなんか説明口調な感じ・・・トライアングルラブバトルのときは、全体がそんな感じだったんだけど、今回は結構良くなってたみたいです。)
前回はついてなっかたフリートークも、今回は2枚組みという事もあって、結構長めに入ってました。鈴村さん、神奈さん、遊佐さんが、主に賑やかに喋ってました。控えめな進歩クンと野島健児さんは、なかなか話しに入っていけなかったような気がします。そこは司会の鈴村さん、「さっきから喋ってない千葉さん」と振ってくれたので、学生時代の進歩クンの話が聴けて嬉しかったです。(女っ気がなかったとか、野球部でピッチャーだったけど肩を痛めたとか)硬派で純情で優しそうな学生服の進歩クンが目に浮かびます。
line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。