スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

セイントビースト外伝

有栖川氏の日記を見ていたら、やっぱりキラとマヤの兄弟が行こうとしていた村が、進歩クン演じるオーディン達のいる村みたいですね。
悠久の章の最終話で、若き指導者や医者、抒情詩人もいて・・・となっていました。
たぶんその医者が弟のユリウス(野島健児)で、抒情詩人と言うのが兄のオーディン(千葉進歩)です。
進歩クン演じるオーディンは盲目の抒情詩人で、日々竪琴を奏で、村人の心に潤いを与えているとあります。癒しを与えているんですね・・・なんだか進歩クンにピッタリという気がします。きっと、優しいソフトな感じの声で演じてくれるのでしょう。盲目というのは可哀想な気がしますが、その辺をどんな風に演じるのか楽しみです。
そして、オーディンは満月の夜だけ姿を現す銀色の狼を飼っているらしいのです。これだけを聞いていると、なんだか不思議というか神秘的な感じがします・・・ビジュアルも綺麗なんだろうなぁ~。
スポンサーサイト
line

あーっ!うそーぉ!ほんとー!

あ~もうびっくりです!
今S.S.D.Sのウェヴラジオの15・16回のUPされている画像を見てびっくりです。
なんと事務長!金の腕抜き(マツケン風)をしてるじゃありませんか!
マジで作ったの?!
あんな拙いアイディアで申し訳ないです・・・ホント。
でもでも、嬉しい~!
でも・・・はずかし~!
あんなものを着けてくれて、事務長はなんて優しいんでしょ。
ほんとにほんとに、ありがとうです。

今日車の担当さんがやって来て、納車は3日に決まったんだけど・・・。
車体の色と、シートの色を別々に選ぶようになっていて、最初はシートの色は赤と言ってたんだけど、最終契約の時にグレーに変更したのに・・・なんと発注ミスで赤のシートで届くらしいのです
発注しなおすと相当時間がかかるらしく、そのままでいいのならシートカバーをサービスすると言うのでそれでいいかな。
どうせシートカバーは付けようと思っていたので(カバーをすれば見えないし)・・・その分浮いたと思えばいいかな。
line

「花嫁はいじっぱり」~王子様のプロポーズ大作戦~

花嫁を手に入れろ」の第2弾、今回は柊と海王がメインのお話です。
拉致されて来た南の島の最後の夜、甘い二人の時間を過ごしている椿と天王の所に、泣きながら「柊がひどいんですぅ~」と海王が押しかけて来たところから始まっています。この情けない泣きの演技、平川さん上手い!というか可笑しすぎる!理由を尋ねる天王に、海王は「笑わないって約束してくれる」と言います。「そんなの笑うに決まってるじゃないか~」ともう心の中で笑っている椿は悪戯っぽくて可愛い!
いつか自分が嫌われるんじゃないかと不安を感じた柊が別れを言い出し、怒った海王は自分勝手な欲望を柊に向けます。
「痴話げんかか」と呆れる天王。僕達にとっても最後の夜、「まだ、邪魔するつもり、それとも見てく?」と言う椿は小悪魔のようです。
そして一発、海王を柊の為に殴ります。やっぱり椿はお兄さんですね。
ついでに天王にも一発、いつも意地悪だからだと・・・可愛いー!
その後春名家3兄弟は家へ戻り、一ヶ月後に西園寺家の迎えが来て3人は西園寺3兄弟が待つドイツの古城へ。
海王は柚に聞いた柊の欲しい物、パとかピの付く3文字の物と聞いてピアスだと思い込み、ダイアを使って手作りで(顔がやつれるほど必死で)プレゼントします(実は豚の角煮のレシピでした)。いつか愛想を尽かされるんじゃないかと不安で素直になれない柊、必死で自分の気持ちを伝える海王を酷い言葉ではねつけます。海王が部屋から出て行ったと思った柊は、一人海王に謝りながら泣きじゃくります。実はドアを開け閉めしただけで出て行ったと見せかけ、海王はその部屋に居たのです。「どうして一人で泣くの、抱きしめてあげられないでしょ・・・」という海王、柊もやっと自分の気持ちを素直に言える時が来ました。「好きと言って、僕が幸せになるから」と言う海王は優しさに溢れていて、海王は平川さんしか有り得ないと思ってしまった。

おまけは、皆でドイツビールを飲んでいます(柚だけオレンジジュース)。春名家3兄弟が酔っ払い、しっかり者の椿は泣き上戸、ニコニコしている柚は怒り上戸、意地っ張りな柊は甘え上戸になります。
特に椿の泣き上戸は凄い!・・・けど可愛い!「俺のこと捨てるんだ~」とか「俺のこと好きじゃないんだ~」と泣いて騒いだ挙句、スゥスゥ寝息を立てて寝てしまう椿は可愛過ぎる!

フリートークは進歩クンが司会です。
最初から凄いテンションです・・・なんだかくすぐり合いをしてるみたいで、「ああ~もう、うるさい!・・・皆、悪戯小僧になっとります。そんな茶々を入れろとは言ってない!」とか大騒ぎです。
宮田さんは膝が(弱いと言っても水が溜まってるんじゃないよ(笑)と自分で突っ込んでました)、緑川さんは脇が(相当くすぐられてました)弱点らしいです。
次は柚と地王の話で、その次が出来るとしたら、緑川さんは柚に攻められたいと言ってましたね。すかさず石川さん、「柚取ってもうたら、残った4人でどうすんじゃ~」。一条さんは「俺は絶対受けはいやだからな!」と有り得ない話で可笑し過ぎです。ホントに皆勝手な事を言って、笑い声が絶えません。
このフリートークを聴いていると、このメンバーでの収録がどんなに楽しいものだったかが良く分かります。
しっかり者の椿チャンは、大好きなキャラなので早く次回作も実現するといいな・・・楽しみです。
line

東京騎士王国(ナイトキングダム)

原作を読んで、進歩クンが演じる東雲紅が結構出番がありそうだったので買ってみました。
主役の双子の次位に、紅の出番ありました。
なんといってもキャストが凄いです。人数も多いけど、人気のある声優さんばっかりですね。ちょっとというか、ほとんど「まほデミー」とキャストが被っています。作者もイラストも同じだし・・・特に進歩くん演じる紅はマリアと同じ赤い髪だし・・・なんだか不思議な感じです。
この話は、魔法マニアの双子の弟飛鳥とPCオタクの兄の未来が原因で、1999年の恐怖の大王が舞い降りて壊滅したもう一つの東京(ダンジョンになっています)に迷い込み、RPGゲームさながらの冒険をして行きます。
メンバーは ナイトマスター:天河未来(岸尾大輔)、魔法使い:天河飛鳥(鈴村健一)、賢者&剣士:北条紫(杉田智和)、狂戦士&仕立て屋:東雲紅(千葉進歩)、道化&奇術師:南黒須(子安武人)、商人&吟遊詩人:西賀雪(緑川光)、そして禁断の魔法書(レッドカップ)森川智之です。
進歩クン演じる紅は、思いっきり胸をはだけた真紅の短ランを着ており、この学園の裏の世界の頂点で空手部部長、紫と人気を2分するワイルド系のイイ男です。その反面手芸が得意、とても乙女チックで「聖錠の華氏451度、灼熱の乙女の祈り」などと呼ばれていたりするのです。飛鳥が足を滑らしてスリッパを飛ばし、偶然それを手にした紅は、シンデレラのガラスの靴と同じ運命を感じて飛鳥を好きになるほど乙女チックで一途・・・このギャップが可愛い!
黒須と雪は、アイドルデュオで、ビジュアルも歌声もメロディーも耽美系なのに、歌詞だけはやたらと体育会系(応援歌っぽい)の変な感じです。その歌はこのドラマCDの中で聴くことが出来ます。黒須は紅とも張り合ったことのある元喧嘩上等の世界の人で、黒須の特殊能力は「お色気攻撃?!」、ウィンク一つで相手をメロメロにしてしまう変な人です。それにしても、実は雪の本名が諭吉でお金に執着しているから商人という設定が笑えます。
それと要所要所で、未来がつぶやきながらの突っ込みがテンポが良くて面白いです。
紅はちょっと低め?!太め?!の男らしい声と喋り方です・・・またマリアとはちょっと違った感じなのですが、そこはやはり番長という設定があるからでしょうね。飛鳥に、俺のスイートハニーとかマイエンジェルとか、恥ずかしげもなくメルヘンチックな台詞も平気で言っちゃいます。でも、進歩クンの声でなら言はれてみたいですね。
そういえばアイテムを貰うんですけど、紅は金の針とたくさんの美しい色の糸やリボンや布の入った裁縫箱でした。
プロローグクリア、ファーストステージスタートという所で終わっているので、まだまだこれから先続きそうですね。
フリートークは、まほデミーシリーズでもそうでしたが、お題が決まっています。今回は自分がRPGの世界に入ったら、どんな役回りをしたいか?
進歩クンは、魔法使いになりたいと言ってました。
戦わないで呪文を唱えたい、空を飛んでふわふわ浮いてみたいと言ってました。
鈴村さんは、サマルトリアの王子だって・・・なんだそりゃ!
岸尾さん最後に「東京騎士王国」東京きしおうこく・・・きしおう・・・だからキャスティングされましたとサブイ駄洒落を言って〆てました。
line

まなざしのレジスタンス

ムービックから、5月26日発売です。
主人公の青木裕真を千葉進歩クンが、お相手の滝澤亨を大川透さんが演じます。
裕真が亨に振られた亨の元恋人の荒井真衣と出会い、友人の岡田直也と3人で意気投合し飲んでいる所に、亨から真衣へTELが入り裕真が出て自分が新しい恋人だと亨に名乗ります。実際には、友人の岡田直也が真衣と付き合うのですが。
その後、渋谷の人ごみの中でぶつかり、裕真が亨のジャケットにコーヒーをかけてしまいます。その場では裕真は亨の名前を知ることはありませんでしたが、その後裕真の姉のこずえが自分の欲求を叶える為、無理矢理連れて行かれたオーディション会場で亨と再会しました。
亨はそのオーディション主催のデザイナーで、オーディションの最中も大人気ない言い合いをしてしまう二人でした。
裕真の事が気になって仕方ない亨は、姉のこずえがファンのショウに逢わせる代わりにと、裕真を抱きます。
(この時、姉のこずえを亨は裕真の恋人だと思い込んでいます)
ショウに逢わせた後、残りの報酬を貰うという亨。亨に惹かれ始めている裕真は、自分が嫌われていると思い込んでおり、ショウに逢わせてもらった食事の後に、皆の前で恥をかかせる為に、亨にキスをします。裕真の態度にもう逢うつもりがないと悟った亨は、大学まで押しかけて行くと脅し裕真を自分の部屋へ呼び寄せます。
二人は体を重ね、素直になれなかった裕真の気持ちを告白させ、亨自身も自分の気持ちを伝えます。
進歩クン演じる裕真は、やんちゃとあるように言葉使いなども元気で勝気な男の子と言う感じです。でも顔は、母親似の美形で自分でもそれが分っており、皆が見入ってしまうような作り笑顔をします。コンパといえば呼び出され、自分でも客寄せパンダと称しているぐらいの人目を惹く顔をしています。
亨は、29歳のロン毛のカッコイイ人なんですが、私的にはどうも大川さんのイメージとは結びつかない。これをどんな風に演じるのか楽しみです。

今日は、S.S.D.Sのチケットの代金を振り込んで来ました。
昼、夜の2公演行くことにしました。
う~ん5月が待ち遠しい。
(そう言えば、友の会のお便りでも、ラジオでも2月20日金曜日だと言ってましたが、20日月曜の間違い?でも今日振り込んだけど。)
そして、MRIも受けて来ました。
医療機器の進歩というものは素晴らしいもので、閉じ込められるような感じはなく、大きな土管の中に胴体だけを突っ込んでいる感じでした。
部屋も明るいし、30分同じ体勢でいるのと音が凄いのを我慢すれば何と言う事はありませんでした。(ちゃんと耳栓はしてくれるのだけど、それでも音は結構凄いです)
これだったら、閉所恐怖症の方でも大丈夫です。
音の凄いのは、カナリヤさんの言った通り製造中のロボットを思い出して、「人型ロボットがいいな」などとあほな事を考えながらやり過ごしました。カナリヤさんありがとう!
それにしても病院へ行くのに、車で往復4時間です。
疲れた~というかずっとアクセルを踏んでいたせいか腰が痛い。
MRIは市内の病院にも幾つかあるんですが、系列が違う為通っている病院の本院に行かされたんです。こうゆうのがめんど~ですよね。
line

また延びたの~!

全サ「是」のドラマCD、発送が2月の下旬発送予定にまたもや変更ですね。メルマガにてお知らせがありました。中旬と言わずに、最初から下旬にしておけば良かったのに。本当に時間かかりすぎです。
私の車も2月中旬予定だったけど、問い合わせたら2月の下旬から3月の最初だって・・・同じように遅れなくたっていいのに。
ニューモデルというのは、時間がかかるのね。潤じゅん大好きのOさんも、2月下旬発売予定のHONDAの車を予約したけど、納車は4月に入ってからだと言ってたものね。私の周りは新車ラッシュです。先月仲のいい友人が、なんとピンクの新車に乗ってやって来ました。凄い!私には絶対乗れない色だ!

Webラジオ「俺たちのベシャリ場」に3月2日、進歩クンがゲスト出演します。この番組、いつかゲスト出演するだろうと思っていたので、結構早く実現して嬉しいです。楽しみが増えました。

有栖川氏の日記で、「いつにも増して、神宮寺が凄かった!」と書いてありました。~棘~シリーズは、まだ聴いたことがないので、買ってみようかな。特典CDも付くし・・・。
line

ビックガンを持つ男~薔薇の鎖で縛めて~

5月15日に発売が決定したんですね。
宮田幸季さん演じる信のビジュアルを見てびっくりです。
NYで凄腕のマジシャンとありますが、ロン毛のとても大人っぽい感じの美人さんです。宮田さんにしては、こうゆうビジュアルは珍しいのでは。それに4兄弟の末っ子でこのビジュアル、いったい何歳なんだぁ。
今回は、義&礼×昌樹、仁&智×昌樹の3P、末っ子の信とはリバだそうです。う~ん今回も進歩クン大変そう!
食物連鎖の底辺の二人がいて、今度こそ進歩クン、宮田さんに最後までやられてしまうのね。「お~い田中くん十番勝負」の時は、途中で終わっていて最後までいってなかったですものね。
特典CDのほうは、「一人で受け攻めやってみる?PART2」で、7名のメインキャストが短編ドラマで、受け攻め1度に演じるそうです。
おもしろそ~!これだけでも買う価値はありそうです。
line

Happy Valentine !

ハッピーバレンタイン 進歩クン!
今年のバレンタインも進歩クン一筋、大好きです。
きっとチョコレート沢山貰ってるんだろうなぁ~。
進歩クンは、お酒は苦手だと言っていたけど、甘い物ってどうなんだろう!?何かのCDで、お肉が好きだと言ってましたね。
今度、地鶏の炭火焼の真空パックでも送ってみようかな。
お酒は飲まない人でも、これは美味しいもの。

パスコレのラジオの中で、「あなたと恋に落ちたい」のCMやってました。なんと進歩クンの声の、可愛いこと!
「俺、今死んでもいいです、ていうか死にそ~」の台詞可愛さ100%全開です。発売が待ち遠しい~。
「禁じられた愛の言葉」の方のCMも始まってました。こちらは、綺麗系のお兄さんといった感じで、ソフトなお声でした。

「影の書」聴きました。
う~ん、緑川さん凄い!ちょっと低めの声で、押し殺した感じの受けをやってます。緑川さんの場合、絶対こっちの方がいいと私は思うんですけど。パパミラの三木さん×緑川さんの絡みは、ちょっとうんざりと言う感じなんですけど、ルシファ(緑川)×ミカエル(三木)は全然違う感じでいい!
進歩クンのアシタロテは、声の感じからしても可愛い感じなのでしょうか。シャヘル自体が、可愛い系の声が多かったし。
アシタロテは、中々良い役どころでしたね。
ルシファに自分や皆の気持ちを代弁して、切々と訴える所などは聴き応えがあります。特に「自分も愛されたい」と涙ながらに訴える所は、胸が詰まります。そして神が襲って来た時に、ルシファの足かせになってはいけないと、ベルゼブルを奮い起こす時のアシタロテは、勇ましい!
闇の渦の中へ消えて行ったアシタロテ、続きが気になります。
続編発売は決まっていますが、出来るだけ早く発売されるといいな。

昨日は私事で、ちょっと凹む事がありました。
検診で、精密検査MRIを受けなくてはいけないのだ。
閉所恐怖症気味の私が、あの狭く暗い中で何十分も耐えられるだろうか。私の友人は、それに耐えられず大騒ぎをして、途中で出してもらったんだって。それを聴くと余計に・・・凹みます。
line

S.S.D.S 初夏の診察会

今日、友の会からメールが来てました。
遂に初夏の診察会決定ですね。
日時は、5月27日、昼14:30、夜18:00。
友の会会員は、2/20~3/3迄がチケット優先販売だそうです。
行きたいな~・・・どうしよう。
きつねさんのイベントが当ったら、そちらに行く予定だったので・・・
日にちが近すぎる。なにしろ上京するだけでもお金が掛かるので、どれもこれもと言うわけにはいかない・・・車も買い換えたばっかりだし。こんな時は、地方に住んでいるのが恨めしい。
だいたいきつねさんのイベントが、発表が遅すぎる!
当らないと分かっていれば、診察会のチケット購入するんだけど。
外れたのが分かってからでは、一般発売になるので良い席は望めないし。昨年一緒にイベントに参加した友人Oさんは、ライブパスコレの申し込み方法をプリントアウトして持って来た。でもこれは日にち的にも無理なので、断念・・・進歩クンたぶん出ないし。
イベントとしては、きつねさんの方が客席からも近くて、昨年のイベントの時も進歩クン度高かったんですよね。1番前で見れたという事もあって、ますます進歩クン好きになって、イベント病み付きになってしまいました。でも、地方から参加するのは悲しいかな限度があって・・。
ところで、今回の診察会にはケロユキはでるのかしら?Oさんが潤じゅんの大ファンなので、そっちの方がいいかもとは思ってるんだけど。
それに進歩クンとのデュエットも聴けるだろうし・・・う~ん悩むところです。きつねさんイベント早くはっきりさせてくれ~!ぎりぎりだと春休みなので、飛行機のチケットも危ないじゃないか!

 「 PS2 薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク 」やっと発売決定になったんですね。当初は昨年の冬となっていたんだけど、4月27日発売です。
実はPC版の方はプレイしてないんですよ。何故だか、ファンディスクは持ってるんですけど。内容は一部変わるらしいですけど、とても楽しみです。なんたって進歩クン主役ですから。それにしても、3月は進歩クンの出演CDなど沢山あって大変です。
このゲームは4月発売なので助かります。
頑張って働かねば
line

S.S.D.S第14回放送

あ~っ、またもやです!
進歩クンにメール読まれてました。
前に癒しのお言葉を言って貰ったので、そのお礼とオーディオコメンタリーの感想でした。1月の初め頃に出したものだったんだけど。
嬉しいような、恥ずかしいような・・・。
最近投稿にはまっていて、昨日も別の番組に1通づつ2通出してしまった。読まれたらいないいなぁ~とワクワクしながら聴くのも楽しいものです。
2本録りなので今週も進歩クン辛そうです。後半鼻声になってましたね。
それにしても速水さん、しつこく「何故この世界に入ったのか?」進歩くんに食い下がって聞いていました。
進歩クン大学は、経済学部だったんですね。就職も内定していたとか。
良かったです声優になってくれていて。
でないと、進歩クンとその素敵な声に出会えなかったんですもの。
line

摩天楼に抱かれて

大手ホテルチェーンのオーナーの次男水無瀬基(福山潤)と、ニューヨークで成功を収めている実業家都筑智蒋(森川智之)の恋のお話です。
基は親が経営するホテルで研修のため、半年ごとに色々なセクションを移動していました。都筑はBIP扱いで、エグゼクティブスイートに宿泊しており、基がルームサービスとしてその部屋を訪れた時に、二人は出会います。都筑は一目ぼれ、基の方はルームサービスで部屋を訪れる度に、徐々に惹かれていったという感じかな。
その内二人は、プライベートで食事に行ったり、ドライブに行ったりしてお互いの気持ちを確かめ合います。
そんな時に、都筑のライバル会社が契約を邪魔する為に、夏目(浜田賢二)という男を使って、基を誘拐し契約の破棄を要求します。
都筑は基の為に、契約を破棄し基を助けるのですが、実はその契約はダミーの契約で、真の契約は別の所でちゃんと進行していたのです。
後で分かるのですが、夏目はその事を分かっていて都筑に騙された振りをしていたのです。自分は雇はれているだけで、その会社とは何の関係もないから、言われた契約を破棄すれば良いだけの事だと。
そんなこんながあって二人の愛は深まりHappy Endです。
浜田さんがボイスメセッージで「悪ぶらないで、悪びれないように演じた」と言ってましたが、なんだかホントに憎めない悪役でした。
「極・愛」もそうでしたが、受け役がさらわれて、攻め役が助けに来てHappy End見たいなお話結構BLでも多いですよね。危険に身をさらさないと盛り上がらないとか・・・。そのわりには聴いていても、今一つ盛り上がりに欠けていたような気がします。(極・愛もです)
でも、森川さんの都筑ははまり役です。
お金持ちのやり手の青年実業家、フェラリー声の森川さんにはピッタリと言ったところです。
私も昔赤坂の某有名ホテルで正社員として働いていた事があって、その時の同僚がこの主人公の変わった名前と同じで、なんだか懐かしくて笑ってしまった。


あ~花粉症がだんだん忍び寄ってきた~!
花粉症になって苦節4年・・・だんだん酷くなってくる。なんたって全国でも有数の杉の産地だから!
今年は随分と花粉は少ないらしいけど、症状はたいして変わんないんだろうなぁ~。
あ~春は大嫌いだ~!
line

「極・艶」GOKU・EN

「極・愛」で進歩クン演じた真木が主役だと言うので、たまらず買って読んでしまった。BL小説は進歩クンが関係する物意外全然読みません・・・どうしても他の物は読む気になれない。進歩クンが関係する物は、脳内変換して読むので楽しんで読むことができるのだけど・・・なのでミスポリのような、なが~い作品でも全巻読んでいます。
この「極・艶」なんだか題名からして凄い・・・「ごくえん」と言う響きが。「極・愛」で、命を挺して守るほど心酔していた鬼塚に、愛する相手が出来た事から、真木は傷心を癒す為に、奥羽の山奥の温泉へ行き
その露天風呂で、背中に徳叉迦竜王の刺青を持つ龍ヶ崎義純に出会い口説かれます。義純は31歳、モデル張りのかっこよさ、真木は23歳アイドル並みの綺麗さとあります。なんだかんだ言って、その日の内に真木は義純に抱かれてしまうのですが、この時二人は既に恋に落ちていたんですね。早朝、組から鬼塚の事務所が襲撃されたと連絡を受けた真木は、義純になにも告げず帰ってしまいます。事務所が爆破された挙句、今度は、鬼塚が銃で襲撃されました・・・たいした怪我はしなかったんですけど。誰がやったのか確証が持てないので、まだ行動を起こすなと言う鬼塚に対して反発する久岡組長は、真木に龍ヶ崎義純を殺れと言います。母の墓前に来た義純を撃った瞬間、それがあの徳叉迦竜王の男だった事を知り、自害しようとしますがそのまま拉致されてしまいます。
義純は「お前に命を捨てさせた奴は誰だ!」と怒りを露わにします。
迎えに来た鬼塚は真木の命に値段は付けられないと、白紙の小切手を差し出し自ら指を落とそうとします。鬼塚が指を落とすことで真木が負い目を感じる事のないように、義純は刃を素手で握り止めます・・・漢のなかの漢です・・・真木を心から大事に思っているのが分かります。
拷問でズタズタにされた上に、義純に抱かれた痕を体に見つけ、ずっと真木の事が好きだった市原は、歯噛みしながら真木の手当てをします。
謹慎を言い渡された真木ですが、義純の手の傷が気になり、事務所へ逢いに行き一夜を共にして帰ってきて風呂に入っている所を、市原に襲われます。真木が好きな余り、会のトップに上り詰める野望を捨て、真木の下に就き真木を守って来たのです。鬼塚もそれを承知で市原を懐柔し、真木が納得すれば、自分の物にしてもいいと言われていたらしいのです。嫉妬に怒り狂った市原は、自分の欲情を真木へぶつけますが、駆けつけた八島に諭されます。
一連の襲撃は、龍仁会の会長である忠一が、人望のある異母兄弟の義純が刑務所から出所してきた事から、邪魔な義純と鬼塚を対立させ、共倒れをさせようと画策したのです。
忠一に狙いを付けた真木は、鬼塚に杯を返し一人で乗り込もうとしていましたが、心配した舎弟の田崎と共にまたもや捕まってしまいます。
忠一は田崎を人質に、真木に体を強要し、真木は田崎の為にされるがままです。でもドラッグを入れられ、必死に助けを呼び「助けて龍ヶ崎っい!」と叫んでしまいます。その直後義純が助けに来てHappy Ennd。
その後現れた鬼塚に「俺の勝ちだな、鬼塚。こいつは俺が貰うぞ」と言って真木を連れて行きます・・・たぶんどちらに助けを求めるか賭けていたんでしょうね。
鬼塚と義純は結託して、真木を泳がせて確証を掴んで乗り込んだわけなんですけど・・・なぜそうしたかと言うと「下手な奴じゃとっ捕まった時にすぐ殺られるが、真木なら大概多少なりには楽しんでからにするかという気にさせる。その分踏み込むまでの時間が稼げる。皆同意見だった。」と言うですよ。そのぐらい魅力的でもてもての真木です。
そう言えば義純の部下達も、磐田組の真木に対する扱いが特別で、まるで姐さんの様に大事にしていると言ってました。むさくるしい男ばかりの中の、癒しの存在だったのです。
真木は磐田会と龍仁会を繋ぐ同盟の証として、龍仁会に人質というか政略結婚のようなものだと、嫁!?(笑)に出されました。
最後の方の会話が可笑しい!
鬼塚「義純さんには、あくまでもお前って男を、貸してやるだけだからな。」
義純「何が貸してやるだ、気に入らねぇ。略奪されたって素直に認めりゃいいのに、あいつも昔から素直じゃねぇが、いまだにそうだな。」
真木「そう言うなよ。こうなると兄貴は、俺の実家の兄みたいなもんなんだから。気分は兄貴の親友に嫁いだ妹ならぬ、弟の心境なんだから」
って本人も嫁いだ気になってるところが笑えます。
そうそう、鬼塚と義純は子供の頃から行き来があって、二人の刺青は鬼塚の父親が彫った物だったんです。
真木は「極・愛」でもボコボコにされてましたが、こちらでも悲惨な目に合ってましたね。自分の命を顧みずに、一途な真木は純粋で可愛いです。これを進歩クンの声で聴きたい!インターさん、是非続編作って下さいませ。
line

極・愛

ヤクザが身分を隠して、身寄りのなくなった男の子の足長おじさんになり、お互いに愛し合うと言うお話です。
鬼塚(成田剣)は組の若頭をしており、会長の命令を受けて会長の愛人の子供である、入慧(鈴村健一)の援助をします。入慧の母親は、会長を庇って殺されたのです。鬼塚自身は、子供のいなかった会長夫婦に育てられました。お互いに長い年月を経て会っていくうちに、心惹かれ好きになりますが、組の内部分裂の危機に入慧を巻き込まない為、会いに行くのをやめようとします。結局は入慧をも巻き込んでしまい、何もかも真実が分かった上で、二人は愛を確かめ合います。
進歩クン演じる真木洋平は、鬼塚の為なら命をも投げ出す舎弟?!弟分です。出番はあまりありませんでしたが、本編の中で2度も鬼塚の命令を守ってボコボコにされてます。最初にボコボコにされた時には、会の代表をしている俵藤に、「鬼塚の所なんかやめて、俺の所に来い。俺がかこってやるぞ」と言はれてるんですよ。子分とかではなく、かこってやると言ってるんです・・・そうゆうキャラなの・・・。
2回目にボコボコにされた時には、俵藤の首をとるか真木の命をとるかと迫られた鬼塚は、「真木が死んだら、俺もその後すぐに行く。骨は拾ってやれないがな。」と言うのです。その言葉だけで十分だと思った真木は、ボロボロの身体を張って立ち向かい撃たれてしまいます。
すぐに病院に運ばれ、一命は取り留めます・・・良かったぁ~。

フリートークは入慧の友人役の難波をやった、山口勝平さんが司会です。最初から「ちばしんぽ君」と勝平さん紹介します。ホントよく間違うんだよ・・・と勝平さんインターのCMでもマジで間違った事があるそうです。進歩くんいわく「しんぽ」ならまだOK!別の呼び方をしなければ。「CD的にNG」と言ってました。すかさず鈴村さん「大丈夫!言ってしまえば!」。進歩クン「君は俺のマネジャーか?!」と焦ってたのが可愛かったです。お題は「極めたもの」又は「きわもの」だったんですが、進歩くん「ない!」と言ってましたね。突然言われても思いつかないと・・・。
勝平さんは「今回俺の役は背が高くて美形キャラだよ。珍しいよね」と言って、皆にイラストを見せたら進歩くん思わず「えっ!」と叫んでしまい、勝平さんに「えっ!てなんだよー」と突っ込まれてました。
成田さんに至っては、一生懸命演じたと言う勝平さんに「ミスキャストじゃないの」と言う始末。鈴村さんは、「次は煙が出て小さくなってるんじゃないか」と言うんですよ。「俺は妖怪か~」叫んでましたね。
成田さんと勝平さんの掛け合いは面白かったです。進歩クンが「これ漫才ですか」と言うほどですから。成田さんの極みは「新しい技?!」らしいです・・・やっぱり可笑しい成田さんです。
勝平さんは成田さんが普通に芝居しているのにびっくりした、と言ったのに対し「俺結構普通に芝居してるよね」と成田さんは進歩クンに同意を求めます。進歩クン「何で俺に振るんですか~」と、とても楽しいフリートークでした。
次回作の話になり、小説では進歩クン演じる真木洋平が主人公らしいです。題名は「極・艶」。
鬼塚を師弟関係ではなく、恋愛対象として好きだった真木は、傷心を癒す為出かけた山奥の温泉場で、背中に刺青のある男に口説かれ恋に落ちます。その男は敵対する組の組長で、ロミオとジュリエット状態らしいのです。最後は、相手の組へ行くことになりHappy End。
このCDの中でも、「かこってやる」と言はれるくらいなので、真木はとても綺麗キャラです。是非是非CD化して欲しいですね。
3作目の小説は「極・恋」と言って山口勝平さん演じる灘波が主役になってます。2作目で真木の事が好きだった市原が、恋破れて組をやめ、灘波と恋に落ちます。3作全部つながったお話になっているので、CD化してくれると嬉しいのだけど。
line

SAMURAI DEEPER KYO「天翔麒麟」

これは陰陽殿への扉編の第参巻目ですね。
今回のお話は、サスケと小太郎(摩虎羅)の二人がメインです。
お互いが助け合って生きていた小さい頃に、サスケに斬りつけられて裏切られたと思い込んだ小太郎は、サスケに復讐するために生きてきました。実は因陀羅がサスケを食べようとして、小太郎を操りサスケを襲わせたのです。サスケは自分の身を守る為に、小太郎を斬りつけてしまった。その事実を知った小太郎は、因陀羅にやられそうになっているサスケを身を挺して助けます。小太郎を傷つけられたサスケは、怒りが頂点に達し遂に覚醒します・・・KYOと同じ赤い目に・・・。
進歩クン演じる招杜羅は、ACT7にちょっとだけ出てきますが、これは回想シーンで、ゆやが思い出している所ですよね。
アニメの方では幸村のお兄さんで、今度はゆやのお兄さんです。
十二神将の長とあるのでこれからも出て来るのでしょうけど、次巻はどうなのかなぁ・・・少なそうだなぁ。
今回本編でおちゃらけていた紅虎こと関さん、はじけてましてたね。
軟派な感じではあったけど、アキラをからかう時のはじけようは凄い!
関さんと保志くんと石田さんが揃うと、どうしても最遊記のイメージが強くて、紅虎と三蔵のギャップが凄いです。

バトルスター・ギャラクティカ何回かに分けてやっと見終わりました。
進歩クン演じるリー・アダマ、通称アポロはかっこいいです。
それなりに出番もあったし!
SF好きなので、楽しめました。
その昔人間の作ったサイロンが反逆し戦争になり、負けたサイロンが遠く離れた星へ去って行きました。それから歳月が経った後、サイロンが逆襲して来たのです。
アポロの父親は宇宙空母艦ギャラクティカの艦長で、アポロはその船の戦闘機の隊長に任命されます。アポロは弟が戦闘機の事故で死んだのは、父親のせいだと思い込み父親を憎んでいました。
サイロンとの戦いの中で、父親とのわだかまりも消え、抱き合います。
最後はサイロンとの戦いに負け、逃れた人々と共に新たな移住する為の星へと旅立ちます・・・行き先は地球らしいです。
アポロはちょっと低めの、男らしい感じの声でした・・・ジンソブに近いような・・・ビジュアル的にもどちらも男らしい好青年な感じですよね・・・進歩クンの声ピッタリです。
もっともっと吹き替え、出てくれたら嬉しいんだけどな!

「是」の全プレCD1月下旬発送とありましたが、2月の中旬発送予定に変更になったんですね。メルマガにてお知らせがありました。
ここの全プレ申し込んでから、発送するまで時間掛かり過ぎ!
おまけに収録時間も短いし!
でも「是」も進歩クンも好きだから、大人しく待ってるけど・・・。

「うえきの法則」見ました。
キルノートンIQが179あると言うわりには、ありえないような負けぷっりでしたね・・・脱力してしまった。
でも、眼鏡を外した顔は可愛かったけど・・・あれはないでしょ・・・あれは
line

S.S.D.S 13回放送

なんと!進歩くん風邪を引いてましたね。
忙しくて、体調管理も大変なんだろうなぁ~・・・可哀想に。
でもなかなか、風邪でハスキーなお声も素敵でした。
熱はないらしいので、早く治るといいですね・・・カコナールを飲んで・・・。
1月の診断書の発表やってました・・・やっぱり外れてた
1回の放送で1人だもんね・・・きびしー!
また頑張って書こっと!
では、進歩クンお大事に!早く風邪治して下さいね!
line

Saint Beast悠久の章~楽園喪失~3

遂にこのシリーズ、完結です。
ルシファが地獄で、金狼のカムイとタケルを伴って天界の様子を伺っているとろから始まります。
ゼウスの側近である聖者が、ゴウ、シン、レイ、ガイを騙して残りの獣神具を与えてしまいます。四聖獣に2つずつ光と闇の獣神具があり、その2つが揃ってしまうと、負に傾き魔が心を蝕んで、意志と反した行動をとってしまい、最後には別人格となってしまうのです。
ユダとルカに同意して、ゼウスに立ち向かっていたこの4人は自分の意に反して2人を裏切り戦いを挑みます。
ユダとルカに勝ち目はなく、戦いに敗れゼウスによって堕天使とされ地獄に堕されます。ルシファが支配する地獄に堕ちるのは良しとしないユダは、自分達の地獄を作ろうと堕ちていきます。
このシリーズの最初の方のOVAでは、堕天使となったユダとルカが地獄より地上へ復讐の為にやって来たところから始まっています。
ここまでのCDのお話は、最初の方のOVAへと続くのですね。
酷い傷を受けながらもシンを庇うユダ、その上シンの傷を癒そうとするのです。その瞬間シンは、獣神具の魔から開放されます。ユダはシンを守る為に、「正気に戻った事を悟られるな」と言います。裁かれるのは自分達だけで済むように・・・。ユダかっこいい・・・やっぱり石田さんは、こうゆう低めの声が私は好きです。でも石田彰オタク友人のカラスに言わせると、「お金がないっ!」のような高めの声が好きらしいわ・・・好きずきなんだけど、「ミス・キャスト」でうんざりしたせいかしら・・・
シバが戦いの最中も、ユダをこっそり木陰から覗いていたのが笑えました。その時の台詞が「こうやって、木陰から覗き見しているなんて耐えられないよ」と言うんですよ・・・可笑しすぎ、自分でも分かってるんだ。
ルシファと人間の間に生まれた兄弟のキラとマヤが、災いがもたらされて争いのたえない地上で、争いを避ける為にある村へ行こうとしています。その村は、民に慕われた若き指導者がおり、心優しき医者や抒情詩人もいて皆が幸せに暮らしているというのです。もしかして、その村に進歩くんやノジケンさんの演じる兄弟がいるのかしら・・・気になります。早く外伝聴きたいですね~楽しみ~!
テーマトーク・キャストクレジットは21分位ありましたが、余りにも出演者が多く一人1分ちょっと位です。お題は「人生の節目」という事で、森川さん体育の教師になりたかったとか。その為の学校にも行ってたらしいのですが、練習中に首の骨を折って体育教師は断念したそうです。よくまあ~首の骨を折ってご無事で・・・凄い!
でも声優をやってて正解だったそうです・・・収入が多いからと言ってました。売れっ子ですものね。

line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。