スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「花町物語」ドラマCD

3巻購入すると特典のフリートークCDが付くというので、特典CD欲しさに買いました。
人気投票上位3人と朱璃とのお話という事で、期待はしないで聴いたのだけど・・・

第一巻 朱璃(緑川光)×東條巽(森川智之)
正確に時間は計ってはいないのだけど、収録は20分前後くらいかな。
巽が朱璃を愛するあまり、誰にも会わせず部屋に閉じ込めてしまいます。
巽が子供の頃可愛がっていた猫を、父親に見つかって殺されてしまった事がトラウマとなって、朱璃も見つかったら殺されてしまうと言うのです・・・だから今度こそ自分が守ると・・・この辺ちょっと壊れてます。朱璃は巽の寝顔に涙を見つけ、「何があろうと一人にしないから」と心に誓ってそこで終わっています。
それ以外の登場人物の出番の少ない事・・・20分と言う時間を考えれば仕方がないのだけど・・・。
朱璃の顔が何日も見えない事から、心配した皆が巽を訊ねて来るシーンだけなのですが、皆さん僅かな台詞の量です・・・がっくし。

第二巻 朱璃(緑川光)×和泉(万栗太郎)
いつも世話になる梶山に、何かプレゼントを買いたいので外出したいと言い出した朱璃と和泉。(梶山にプレゼントを買うと言うのは二人の秘密です。)反対する東條に、朔弥と五十嵐が助け舟を出します。
すぐばれるようなうそを言う五十嵐に、「馬鹿なんだから」と小声で言う朔弥はやっぱり素敵!・・・久しぶりに聴いた朔弥の声はやっぱり柔らかくて暖かくて色っぽくて・・・いいっ!出来ればもう少し喋らせて欲しかった。
二重人格に悩む和泉、そんな和泉を朱璃は優しく受け止め二人は抱き合います。この場合朱璃がやっぱり攻めなんですよね。
そして和泉はずっと一緒に朱璃と居る為に、自分も陰間となって働くと言いだします・・・早く年季を返して二人で自由になりたいと。

主役となってる二人のファンの方はお薦めですが、特典欲しさに買った私はこの出番の少なさはちょっとがっかり!あれだけの声優陣が揃っているのでもうちょっとなんとか・・・なるわけないか・・・トホホ。
どうせならこんなに1枚の収録時間が短いのだから、1枚にまとめて出しぁいいものを・・・特典CDに踊らされる私が一番情けないのだけど。3枚目のCDは6月。特典CDもその時に来るのだけど・・・出来ればそっちでは沢山喋っていて欲しいなプログレスくん。ドラマCDだけの事について語っているのかしら・・・ゲームの事についても語ってくれた方が内容は豊富なんだけど・・・。

1週遅れで観ている「銀魂」、今回は近藤さんがストーカーになってしまう原点のお話でした。出番は多かったんだけど・・・やっぱりやっぱり硬派な変な人全開!でも憎めないキャラです。ああ~でも進歩クンの声であ~んな事(●●ゲとか連発)を言っちゃうのですから・・・いゃ~やめて~!・・・でも、おまけはおかしいです!
その後のブリーチの真樹とはギャップがありすぎる。
真樹は寡黙で、とってもカッコイイんだもの!

きらレボこっちではやってるの知らなくて、偶然買い物中に会ったカラスに教えてもらった。というかカラス3月の終わりから行方不明で、TELしても使われてないし、家に行ったら引越した後。せっかく東京土産買って来たのに、連絡くらい寄越せって!
母と「カラスが居なくなった」と話していたら、父が「見た」というのです。「どこで?」と訊いたら「そこのゴミ捨て場に何羽か居た」・・・大爆笑・・・普通はそう思うよね。
カラスも色々あったみたいで、忙しくて連絡出来なかったとか、その後連絡したけど私が入院中だったし。
そのカラスはわざわざジャ○コまで、ガチャガチャをしに来たと言うのだ。銀魂のストラップで、どうしてもづら、桂さんのが欲しいらしい。
先日も何度か挑戦してはずれ!・・・今回も何度かやったけど桂さん出ませんでした・・・「ホントに桂さん入ってんのかよ~」と肩を落としてカラスは帰って行きました。ちなみに近藤さんは、発売されてるガチャガチャのキャラの中には入って居ません。なんでも人気がある順らしい・・・その内入れてくれるといいのにな。
でもいい年してガチャガチャの前で必死こいているのはちょっと恥ずかしいかも・・・でもテニプリの指人形の時は、恥ずかしげもなくゲーセンに張り付いてました・・・性格的にむきになってしまうのですよこれが。
きらレボ初めて観たのですが、これがなんとも・・・小さい子供向けアニメなんですね。観るの結構つらい!・・・主人公の声と喋りがどうしても受け付けない!周りの声優陣はいいのに・・・主人公でぶち壊しだ!これは早送りで進歩クンのとこだけ観る事にしよう。
スポンサーサイト
line

「まなざしのレジスタンス」ドラマCD

進歩クン演じる青木裕真は母親の美人で、コンパなどでも自称「客寄せパンダ」などと言っているのだけど、決して女性的な感じではなく、今時のやんちゃな大学生。
お相手の滝澤亨(大川透)はアパレルメーカーの有名デザイナー、仕事もやりてで
超がつくほどカッコイイ29歳。
ひょんなことから滝澤の元彼女と付き合っていると、で名前を名乗ったことから滝澤に興味を持たれてしまう裕真。その後偶然の出会いが重なり、2度目の時は姉のミーコの策略で、知らずに滝澤達の主催するオーディションを受けてしまうのです。この時の二人の、大人気ないけんか腰の会話が面白い!子供だ!と言われたことや、裕真の言動にため息をつく滝澤に、むきになって言い返し、挙句の果てに「むかつく、ベーダッ!」と会場を出て行ってしまうのですから・・・やっぱりこの「ベーダァ!」かわいい「オヤジ拾いました」の時とは微妙に違うんですよ・・・これが。
裕真を手に入れるために、必死に画策する滝澤、気が付くとお互い好きなのに言えずに居るのですが、最後には気持ちを伝えHappy End。
(最後の裕真に気持ちを言わせるシーンは、無理矢理な感じがするんですけど・・・)
進歩クンは高からず、低からずの声で元気いっぱいに、ガキッぽっさの残る大学生を演じてます。(いや~これがかわいい~特に酔っ払ってる進歩クンじゃなくて裕真と、寝言を言ってる時が激かわいい!)
からみの時の大川さんのモノローグや台詞が、どうも解説口調に聴こえるのはわたしだけかなぁ~。せっかく進歩クンが色っぽく演じてるのに、別次元の物に聴こえてしまう・・・。

ボイスメッセージがUPされてました。
軽いお話なので、気軽に聴けるのではと進歩クンが言ってましたが・・・確かにかるいかも・・・。
大川さん役名が自分と同じ名前なので、変な感じだと言ってましたね。
そういやぁ~前に置鮎さんも同じ事を言ってたなぁ~。
なんと大川さん収録中にフラフラすると思ってたら、熱が出ていたそうで「どーせ熱に浮かされて、ろくでもないことをやってる男の話だから・・・」(大爆笑)と言ってました・・・大変だったんですね。
諏訪部さんの「トップモデル諏訪部順一役の諏訪部順一で~す」には皆さん大爆笑!ガヤを頑張りましたという諏訪部さん、あの声でガヤはもったいなさすぎる!


「夜ごと蜜は滴りて」
ついに発売決まったんですね。
進歩クンと置鮎さん以外のキャストは全員出演。
新たに深沢役の小西さんが加わります。
分かってはいたけど、逃亡先での国貴と遼一郎の二人の甘い生活をちょっとだけでもいいから、おまけで入れて欲しかったな・・・国貴様の声聴きたい!
今回も2枚組だし、野島さん大変でしょうね。こちらのお話の方が、人気があるみたいだし・・・でもでも私は国貴さま一筋ですよ~!


今回の「彩雲国物語」もとても面白かった~!
秀麗に匿名希望と書いて、妙な贈り物をする劉輝は可愛いの極致・・・自分の髪の毛の入ったワラ人形まで贈っちゃうんですよ・・・念も込めたといってるし・・・可愛すぎるっ!
世間の事に疎い天然な王紫劉輝(関智一)も、女タラシでひょうひょうとした藍 楸瑛(森川智之)も、変な弟の藍 龍蓮も、頭はいいのにとんでもない方向音痴の李 絳攸(檜山修之)も、お嬢様一筋の控えめな静蘭(緑川光) ぜ~んぶツボです。
今回新たなキャラ 浪 燕青(伊藤健太郎)も出てきて、静蘭と何か昔ありそうなのでそこも楽しみの一つです。なんたって優しい静蘭が、行き倒れていた浪 燕青のことを、秀麗に「こんなものを拾って来てはいけません。今すぐ捨ててきなさい」(どっかで聴いたことばだなぁ~)と言うんですよ。とにかく面白い!1話~最新話まで4回くらい観た!病気だ!何でこんなにはまったんだか・・・こんなにはまったのはBASARA以来かな!

昨日は、チケットまで買って行きたいと思ってた、初夏の診察会でした。最近体調の良い日もあったので行けない事も・・・と思っていたのですが、雨の日が続くと体調悪くて、昨日はやっぱりこの調子では無理だったなとやっと諦めがつきました。そのうち絶対いくぞ~!

line

3匹のきつねさんイベントレポート

3月に行はれた「3匹のきつねさんとお花見」イベントレポートUPされてました。今回は前にもまして、とっても詳しく画像も沢山載っていて、あの楽しかったイベントを、まるで昨日のように思い出しました。
だってホントにホントに楽しかったんですもの・・・。
一つ気がかりだったのは、あの集合写真・・・さすがKさんとaさんはしっかり抜けて写ってました・・・うらやまし~。
私はと言うと・・・あのお方の影でちょっと暗めに背後霊(笑)のように写ってました(涙)・・・まぁこれもいい思い出。同じ画像上に映ってると言うだけで嬉しいのだから。
是非是非、「よなか」のイベントも計画してもらえると嬉しいな。

「遥か3運命の迷宮」やっとフルコンプしました。
ファントムは平清盛だったのですが、青年時代はあんなに綺麗で儚げな感じだったなんて・・・意外だ!今回これに1番驚いた!
ENDは迎えられないけど、銀や知盛とのクリスマスのシーンもあったりして結構楽しめたかな。遥か3は今回で3作目なんだけど、今までの思い出のシーンを見れるのも嬉しい(1・2作目のセーブデータを読み込みます)
療養中なので、こんな事ばっかりやってる私です。
ああ~もう一つ手をつけてないものが・・・「学園祭の王子様」・・・
このシリーズのゲームはほとんどやって来たのですが、最近どうも気持ちが乗らない!このアニメには沢山の声優さんが出てるのに・・・進歩クンも出てくれないかなぁ~OVAでも新しいキャラが沢山出てくるみたいなので。
line

神官は王に愛される!

7/30にインターさんより発売です。
最近、インターさんでの主役増えてきました・・・嬉しい限りです。
進歩クンの場合BLでの主役は、だんとつでムービックさんが多いですから。
今回のこのお話はファンタジーBL、ファンタジーと言っても「やさ竜」などとは違って、原作ではからみのシーンはしっかりあります。
進歩クン演じる冴紗は美しく、虹色に輝く瞳と髪を持ち、神の御子に成るべく大神殿にて神官として暮らしています。この国では、虹の神が最高神として崇められ、虹色の髪と瞳を持って生まれた冴紗は、自分の意思とは関係なくその容姿の為、神の御子(聖虹使)と成ることが決まっていました。聖虹使の就任の儀式では、生殖機能を失わせる手術が行われます。冴紗が神殿で神官として暮らして4年。それまでは宮殿にて、王と一緒に少年時代を過ごしていました。
聖虹使の儀式を行うには王の許可がいるのですが、冴紗を愛している王は何時まで経っても許可を出さないのです。
王を愛する冴紗は、王の結婚が決まった時、王には無断で儀式を執り行なおうとします。冴紗を愛するあまり気も狂わんばかりの王は、それを知って冴紗を攫い自分のものにしてしまいます。
黒い髪と瞳を持つ羅剛王は冴紗を愛するあまり、やり場の無い気持ちから荒れて無茶な事を言う暴君です・・・特に冴紗を自分の物として臣下達に認めさせる為、皆の目の前で冴紗を抱くのです(婚姻の儀)。この時の羅剛王はキチクとしか言いようが無い!・・・これを中井和哉さんがどう演じるのか、まして進歩クンとは初対決、楽しみです。
冴紗は相当な美人さん(男なら誰でも夢中になるくらい)、体も華奢で女性っぽい(精神的にも)。神官という事もあって言葉も丁寧なんだけど、どうしても台詞も女性っぽくなっています。
ここまで女性的なのは今まで進歩クンが演じて来た中にも、あまり無いのでは・・・。どんなソフト声で演じてくれるのか、これもまた楽しみの一つです。

やっと入院中に録画しておいた物を見終わりました。
銀魂とブリーチは、進歩クンが出ているのでもちろん観ています。
(進歩クンが出てなかったら、きっと観てない・・・)
それ以外で好きで観てるのが、Blood+と彩雲国物語。
彩雲国物語は原作もドラマCDも知らないで、アニメで初めて観ました。声優人は豪華ですよね。特に森川さんと檜山さんのコンビのやり取りが面白い!関智一さんのヤル気のないダメダメ国王っぷりは可愛い!
おまけに女性避けに男色を装ってるし・・・秀麗の登場で、だんだん隠していた本領を発揮して来るのですが・・・。とにかく出てくる男性キャラがカッコイイ!絵も綺麗だし!今1番嵌まって見ているアニメです。
line

久しぶりの快晴!

ここの所雨が続いていたので、昨日今日と続いて久しぶりのです。お天気がいいと体調もいいので、昨日は1ヶ月ぶりに、を乗り回して買い物や、退院祝いのお返しを持って回ったりと忙しく過ごしました。調子に乗っての洗車までしたりして・・・余にも汚くて我慢できなかったんだもの・・・昔から私が洗車をすると翌日は必ず雨が降っていたんだけど(ホントにそうなんです)、今日は珍しくです。
こんなに体調がいいと、診察会も行けたのでは?と悩んでしまうのですが・・・どっちみち格安チケットは、11日以内になると買えないし、チケットももう売ってしまった・・・今回は状況が状況なんだから諦めるしかない。お天気の良し悪しがとても体調に影響するので、やはり万全に整えてからでないとね。と言うわけで早速初夏の診察会のDVD申し込んで来ました。
きつねさんの「よる」のイベントあるといいなぁ~!
その頃には元気に行けると思うので・・・。
line

ビックガンを持つ男~薔薇の鎖で縛めて~

う~んこれはなんというか凄い!
内容はと言うと、6年前兄弟達と喧嘩別れしてアメリカに行っていた、5番目の弟信が、喧嘩の原因となっていた犬が生きていたことから、それを探し出し、兄弟とのわだかまり、誤解も解け、Happy End。
今回兄弟1番の鬼畜と言われる宮田さん演じる信はビジュアル的にも大人っぽいのでどうなんだろうと思っていたのですが、低~い声と強めの口調で演じてました。
それにしても、内容は凄い!
ハードBLコメディ!?とでも言うんですか・・・絡みの部分は聴いていても苦笑してしまいます。進歩クン演じる昌樹は、どちらかと言うとそんなに色っぽくなく、コメディっぽく受けているので、内容は凄くてもそこまでいやらしさは感じない・・・と思うのは私だけかなぁ~。
だって進歩クン、他の作品ではため息が出るほど色っぽく演じるもの。
面白かったのは、変な日本語を操るロバートと昌樹のやり取り。
夢の中で、この二人の絡みがあるのですが、ロバートの人格が変わって、かっこよく英語で迫ります。私的にはここが1番面白かったかな。(個人的には、六条の時のような、ちょっと冷たい感じの喋り方が好きデス・・・平川さんの場合)
信とはリバースなんですが、昌樹が攻める時ココまでかわっちゃうの?と言うほど、人格も声も変わってしまいます・・・まるで別人・・・なんか変わりすぎって気もするけど、そのギャップが面白いのかな。
フリートークは10分ちょっとと短め・・・もう少し長めに、もっと膨らませた楽しい話が聴きたかったな・・・このメンバーだと面白い事間違いないもの。
今回は進歩クン、そうとうお疲れになったみたいで・・・そりゃそうでしょう・・・あれだけ絡みのシーンが多ければ。
ご自分でもこんなに多いのは初めてだと、おっしゃってましたもんね。
進歩クン、お疲れ様です!



溜まっていたDVD、やっと少しだけ観ました。
銀魂の近藤さんは、やっぱり相変わらず変な人でしたが、ブリーチの一之瀬真樹はカッコイイビジュアルも結構いけてるし、戦う姿もカッコイイ!
line

全サ「ヴァンパイア騎士」ドラマCD

こちらは入院中に聴きました。
本編での出番はホントに少ない(進歩クン)・・・予想はしていたけど。
おまけドラマ「夜間部個人面談」、こっちはお題の通り理事長が、夜間部の生徒一人一人と個人面談をするというもの。
進歩クン演じる一条拓麻と理事長のやり取りは、台詞も結構あり楽しめたかな。これがなければ本編だけでは悲しすぎます・・・出番が少なすぎて・・・これでヴァンパイアの生徒達は救われてる感じかな。
マイペースにお茶を理事長に勧める一条君は、憎めなくてかわいい 枢は御茶菓子派だと言う一条君は、枢にあえて漬物、それも奈良漬しか出さない「枢庶民化作戦」。成功すれば副寮長から寮長に昇格出来るかもしれないと、悪びれずひょうひょうと言ってのける一条君。理事長に「以外と鬼だ!」とか、「面の皮が厚い!」とか、「枢といい勝負だ!」とか言われてしまうのですが、そこが一条君の魅力でもあったりするのです。
夜間部の生徒達は、はつらつとした笑顔も、お笑いへのパッションもないから、月に1度落語鑑賞デーを設けるとか、おもしろ漫画1万冊入れるとか、真面目に考えてる所が可笑しい~。
挙句の果てに理事長に「ヴァンパイアには、向いてないんじゃない」と指摘され、あっさり納得してしまう所も素直なんだか・・・。
寮長になる事を諦め、枢に「面倒でも楽しくない寮長の役をやってもらうことにします。気の毒だけど」と言う一条君は、悪びれずに黒い!こうゆう天然な役、進歩クンさすがです!上手い!というかピッタリ!
理事長役の子安さんも、なかなかいい味だしてましたね・・・おちゃらけ具合がいい感じでした。
最近白泉社の作品はアニメ化されるものが多いので、これもアニメ化されないかなぁ~・・・動く一条君見てみたいなぁ~。


それにしても入院中に撮り溜めたDVDが沢山溜まってます。
ビッグガンもまだ聴いてないし・・・。
何から片付けようかなぁ~。
お見舞いのお返しも頭を悩ませるし・・・。
天気は毎日で鬱陶しいし・・・このまま梅雨入りなのかなぁ~。雨の日は、体に響きます。
line

やっと帰って来た~!

4週間ぶりの我が家です。
昨日退院して来ました!
当初3週間の予定だったんだけど、熱を出して1週間も延びてしまった。
体調はというと、一ヶ月入院生活をしていた為体はだるいです。
手術の後遺症もあるし・・・リハビリあるのみ
三ヶ月は今の状態(筋肉の張りと痛み)が続くそうだ。でもリハビリを怠ると、その状態が長引くそうなので、痛くてもやるしかない。
でも泣き言なんか言ってられません。私の入院した病院はこの病気では、全国でも有名な病院です。ホントに色んな人が次から次に入退院して行きます。ここに居たら自分が特別なのではないのだと、思い知らされます。私はまだ苦しいお薬や、点滴を受けなくていい分良い方なのです。この病院に来て思ったのは、みんな明るいこと!術後2日目からは食堂で食事をするのですが、賑やかで話しに花が咲きます。お互いに励まし合い、助け合って明るく前向きに頑張っているのです。
私が熱を出したときは、心配して覘いてくれたり、差し入れをしてくれたり、凹んでいると大丈夫!大丈夫!と励ましてくれたりして、でもその中には病状の重い人も居たりして、本当に人の優しさや暖かさに触れた気がしました。どうか、どうかこの人達みんなが何時までも元気で居られますように・・・心から祈ります。
長い入院生活で、千葉進歩クンの作品達には本当に助けられました。
眠れない夜や気分の落ち込んだ時など、進歩クンの声にどれだけ癒されたことか・・・ホントに進歩クンのファンでいて良かった。
初夏の診察会のチケットは届いたんだけど、今回は今の体調では上京する自身がないので、涙を呑んで諦める事にしました。
その内また絶対行くぞ~!

それから、ネット上でも色々と励まして下さった皆様有難う御座いました。お陰様で、元気に帰って来ました。
これからもよろしくお願いしますね。
line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。