スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

諏訪部順一さん来るって!

驚きです!
何と諏訪部順一さんが、跡部景吾のセカンドアルバム発売イベントで、宮崎を皮切りに、大分、高松、岡山でトーク&握手会のイベントを開催するそうです。
10月4日に発売されるアルバムを予約、または購入するとイベントの参加券を貰えるのだそうだ。
ファーストアルバムは私も持っていますが、これが中々いいんですよね。諏訪部さんは声も良いし、歌も上手い!
セカンドアルバムも期待大です。
イベントは宮崎が10月14日、大分が15日。
九州では、宮崎、大分のみのイベントですが参加券は、九州全域のアニメイトでも貰えるみたいです。
私の周りにも「どうしても行きたい!」と言う者が約1名、しょうがないので(ホントかなぁ)アルバムを予約することにしたのだけど・・・ガ~ン!もうチケットはないんだって!
こんなとこまで来る人居るのかなぁ~と思ったんだけど、やっぱり居るんですね。九州では大分、宮崎だけ、それをチケットは九州全域のアニメイトで配布したのだから・・・厳しいのは当然かも。
きっとファンの方は遠くからでも来るのね・・・私も人のことは言えないんだけど・・・ああ~sakuのガッカリする顔が目に浮かぶ。
それにしても諏訪部さんが来県とはびっくりです・・・その内他の声優さんも、もっと来てくれるようになったら嬉しいんだけど。
千葉進歩ク~ンも来ませんか~!
スポンサーサイト
line

S.S.D.Sウェブラジオ43回放送

久しぶりの投稿、事務長に読んで貰えました。
嬉しい~!・・・でも、ウェブネーム読み忘れたんだけど・・・速水さんのフォローで、言い直してくれました。
まぁ~私のウェブネームなんかどうでもいいんです・・・自分の書いた文章を事務長のあのお声で読んでいただけるだけで、幸せなんですから。
今回の放送、私の勘違い出なければ知っている方がお二人読まれてました。
一人は最近良くお世話になっているK(鳥)さん・・・うっ、羨ましい事務長に呼び捨てにされてる~・・・私も名前で出そうかな。
もう一人はaサンのサイトでお見かけする、こちらも頭文字kさん・・・いつぞやは励ましのお言葉ありがとう!
やっぱり事務長!進歩クンファンは熱いのだ!
そういえば事務長、「初夏の診察会」のDVDの感想ブログなど見て、メールを差し上げたいくらいだなんて言ってましたね。
え~っ!ホントに見てるの!?見てたら嬉しい・・・相当な数だから私のなんかヒットしないだろうけど・・・。
ファンはそれを見てくれて、書き込みなんかしてくれたら嬉しいですよね・・・先ず無いだろうけど・・・。あっ!事務長がらみではないけれど役1名そんな羨ましい人が・・・。
line

「極・艶」発売記念特集!?

遅ればせながらパスコレのラジオ聴いてみたら、「極・艶」発売記念特集なるものをやっていました。
内容は前作の「極・愛」を、真木洋平(千葉進歩クン)にスポットを宛ててダイジェストで流していました。
確かに流れから言うとこれを聴いていた方がいいいかな・・・自分の身を挺して庇うほど好きだった鬼塚に、恋破れて出かけた傷心旅行先の温泉で龍ヶ崎と出会うのですから。
「極・愛」を聴いてなくて、「極・艶」を買おうと思っている方は、これを聴くだけでも随分違うと思います。
そして遂に今週の金曜日には、「極・艶」の現場収録インタビューが放送になるそうです。
CD発売前の一足先のお楽しみ~!
line

夏の終わり

102088.jpg

102099.jpg

一昨日、昨日と私の住んでる町でも夏祭りがあり、最終日の昨夜は花火大会がありました。前は良く祭りの会場まで出かけていたのですが、最近パワー不足の私は、家のベランダから花火を観ました。(祭りの会場は家から歩いて5~6分位です・・・そんな所までも行く気力がないなんて・・・年だ!)
何でこんな単発の花火しか映像に無いのかというと、昨夜は風が無かった?あった?とにかく連発になると煙が凄くて、その煙が流れていかないんですよ。モクモクと雲のように残る煙の中で花火が散ると、煙が赤く染まってまるで火事のようでした・・・たぶん私の観てる方向が悪かったんだろうけど、こんなの初めてです。
このが終わると、こちらではもう夏も終わりと言った感じです・・・特に昨日は夕方、雷と供に夕立があって夜も涼しかった。
最近大分朝晩涼しくなりました・・・今くらいの朝早い空気はとても気持ち良いです。
line

「彩雲国物語」愛情手料理奮闘記!ドラマCD

このお話はTVアニメのオリジナルストーリー、秀麗が国試を受ける前の番外編的エピソードになっています。
勉強や仕事、家事で毎日忙しい秀麗の為に、秀麗に代わって食事を作りたいと邵可(池田秀一)が言い出します。天才的に不器用な邵可が台所に立ったら、台所が壊れてしまいます。心配した静蘭(緑川光)は、自分がサポートするからと言い出し、楸瑛(森川智之)、絳攸(檜山修之)までも巻き込んでしまいます。・・・そして絳攸の後を尾行してきた黎深様(真殿光昭)も・・・。
予定外の黎深様も参加する事になり、「足手まといが増えた」と呟く静蘭はてきぱきと皆に指示を出します。
絳攸→「野菜を細切りにし、味付けをして炒めて下さい」と静蘭。
「チンジャオロースだな!」と言う絳攸に、「前回は水っぽかったので
気を付けて下さい」と釘を刺します。
楸瑛→「ねぎを細かくきざんでおいて下さい。後で揚げ物に使います。こっちの野菜は皮を剥いて薄切りに。皮は最低限の薄さで!怪我をする分には構いませんが、野菜は無駄にしないで下さい。次は鍋に油を引いて暖めておいて下さい。くれぐれも邵可様を近づけないように」
邵可様→「鍋に湯を張って沸かして下さい。湯が沸くまで鍋を見張っていて下さい」
黎深様→「乾物を水に浸け、軟らかくなるまで見張っていて下さい」
「偉そ~に!」と静蘭に文句を言う黎深に、邵可は「弟と一緒に娘の為に料理を作れるなんてこんな嬉しいことは無い」と言います。
とたんに機嫌を直して「私も頑張って乾物をもどします」と黎深。
楸瑛は「邵可様と黎深様の仕事と、我々の仕事には明らかな差を感じる」と言い出します。
「誰よりも働くのは私だ!」と宣言する静蘭・・・この4人を纏めるだけでも本当に気苦労が多くて大変な静蘭。
絳攸の野菜の切り方に文句を言う黎深。
その黎深に「ちゃんと乾物を見張ってて下さいと言ったでしょ」と注意する静蘭。
ついに黎深が「たかが水に浸けるだけじゃないか!私も秀麗の御飯が作りたい!」とごね始めます。
「皆に迷惑をかけては駄目じゃないか」と言う邵可に、「もっと腕を振るいたいと思いませんか?」と黎深。「言われてみれば、お湯を沸かすぐらい誰でも出来る」と言い出す邵可に、「乾物のもどしが今夜の食事の味を大きく左右する。加えてお嬢様は、乾物のしいたけが大好きだ」とうま~く静蘭が言い聞かせます・・・うそ臭い、静蘭が詐欺師でなくて良かったと呟く楸瑛と絳攸。
とたんに態度を変え「見張りましょう、全力で!」と黎深・・・う~ん偉そ~な態度から一変可愛~くなってしまうところが彼の魅力です。
お湯を沸かしていたのに、お湯が緑色に・・・「どうしてだろうねぇ~」ととぼける邵可・・・絶対変な物を入れています。
「あの二人が変な気を起こさないうちにやってしまいましょ!」と静蘭の気苦労が知れます。
とにかくこの5人のやり取り可笑しいです。もうすべてがボケと突っ込みと言うか、天然邵可と黎深、しっかり者の静蘭に楸瑛と絳攸が突っ込みまくってます。朱翠役の岡村明美さんも、本番中笑いをこらえるのが大変だったとか・・・。

私の大好きな黎深様は、作っただけで食事会に参加出来なかったことを、黄奇人の家を訪れ愚痴をこぼしていました。
それがまた黎深らしくて笑えます。
一緒に御飯を食べられなかったことはもとより、絳攸は兄上に汁物を注がせた・・・なんて羨ましい~!なんて妬ましい~!とクダをまきます。
私だって兄上に汁物をついで欲しかった!秀麗に直接しいたけを褒めて欲しかった!・・・と可愛~く愚痴る黎深。
そんな黎深に黄奇人は、「だいたいお前は乾物を水に浸けただけだろう!面倒を通り越して、お前が哀れに思えてきた!」と一喝。
それでもめげずに語りだす黎深・・・「飲もうと言われて、家に上げた私が悪かった」とうなだれる黄奇人でした。
普段はホントに怜悧冷徹クールな感じなのに、邵可と秀麗のことになると熱くて可愛くなる黎深様が大好きです。
全体的な出来としても、期待を裏切らない面白さでした。

やっと1ヶ月ぶりにアニメの方も始まりました。
前回から出てきた邵可の弟、玖琅は紅家の三男だったのですね。
黎深様の弟だ・・・どっちかと言うと玖琅の方がお兄さんっぽくみえるのだけど。そう言えば玖琅は、絳攸と秀麗を結婚させて紅家を継がせるなんて話を邵可にしてました。茶州ももうすぐ、これからが面白くなりそうです。
line

篁破幻草子 第ニ巻 ~六道の辻に鬼の哭く~ドラマCD

井上は結界の張ってあった篁の家に、母を慕って生霊として出てきた実の娘を使い結界を破らせ、篁の妹、楓を手に入れ朱焔に渡しました。
篁が自分の命を削ってでも助けたいと思っていた妹は、遂に朱焔の呪いを受け、殺されてしまったのです。しかもその呪いは、篁自信のせいでかけられたものだったのです。
篁は怒りと悲しみのあまり、闇に飲み込まれてしまいました。
第二巻はここで終わっています。

今回も妙な飲み物を燎流(千葉進歩クン)は嫌がる篁に、無理矢理飲ませています。。その時の意地悪で嬉しそうな燎流ときたら・・・・。
篁いわくその飲み物は「化け物と死霊が夜な夜な踊ってそうな沼のごとき不吉な緑色」らしいのだ・・・う~ん聞いただけで凄そう!・・・乾のドリンクと相通ずるものがあるかも・・・・。
それをもっともらしく進める燎流、「部下の疲労困憊を気遣う私、そのために私は涙を飲んで、改良に改良を重ねてその分苦くはなったが、効き目は折り紙つきの薬を進める私。うん!我ながらなんて良く出来た上司だ!」なんて早口で楽しそぅ~に言ってしまうのですから。
挙句に「一度でも飲んだことがあるのか?」と問う篁に、「ある」と答え篁が飲んだのを確認した後で、「でも、改良されてからは一度も飲んでないんだけどね」と一言・・・やっぱり・・・このシーンは楽しそぉ~に演じてます。

篁に使える禁鬼・雷信(野島健児さん)は、生まれてすぐに亡くなった篁の双子の兄だったんですね。・・・あれ、と言うことは、やっぱりここでも親子だ!(篁のお父上は野島昭生さんです)
「すべてを捨てても守りたい物がある。重すぎた宿命を持って産まれたお前を俺が守る」と鬼になり、篁の下に付いていました。
髪は金髪で篁と同じ顔、なので仮面をつけて隠しています。


フリートークのお題は、今までで一番笑えたこと!
進歩クンは自分自身、なんと半年で30kgも痩せたそうです。
夜中のバイトをしていた時、夜行く前に食べて、真夜中に食べて、仕事が終わって朝方に食べて寝ていたらさんになっていたらしく、普通の生活に戻ったとたん痩せたそ~です・・・というか先に30kg太ったのね・・・それが元に戻ったという事・・・30kg太った進歩クンってどんなんっだったんだろ。
野島さんは20年前の作品をリバイバルで録ることになり、オーディションを受けた時のこと。その時の声優さんに出来るだけ近い声でという事で、そのサンプルを聴いたら、お父さんの野島昭生さんだったそーです・・・それって偶然!?・・・笑えたことなんだから偶然だよね・・・確かに笑える。
line

当った!!

112089.jpg

今日、宅配便が来たので何かなと思ったら、差出しはインターコミニュケーションズでした。
色紙と書いてあったので・・・あ~そう言えば先日Kさんが「神官は~」のサイン入り台本が当ったと連絡があったので、もしかして「神官は~」のかなと思ったら、「あなたと恋に落ちたい」のサイン色紙でした。
うっ、嬉しい!やっぱり出してみるもんですアンケートハガキ。
進歩クンはもちろん、三木さんや平川さんのも入ってるなんて・・・嬉しすぎ!
真ん中に私の名前が書いてあるんですけど、これはインターのスタッフの方でも書いたんでしょうね。

今日は、篁破幻草子 第ニ巻と彩雲国物語も来たし楽しい週末が過ごせそうだわ。何より彩雲国はオリジナルストーリーらしいので楽しみです。
line

東京騎士王国2~ホーリーバラード~ドラマCD

ココは世紀末に恐怖の大王が降って来て、滅亡した後の、パラレルワールドの東京。
前回の続きで、黒須×雪、未来×飛鳥、紫×紅それぞれ2人ずつ別々の部屋で過ごしているところから始まります。
黒須は雪のマッサージ、それを盗み聞きしている飛鳥と未来、紅は紫に襲われそうになったと勘違いをして言い争いをしています。
食事中にグリュンが現れ、氷の洞窟に翼竜が王冠を持って閉じこもったと言う話をします。その為王は塔に閉じこもり、終わりの無い冬がやって来たらしいのです。
その王冠を取り戻す為にいざ出発、一行は洞窟の前です。
宝石の散りばめられた岸壁にうっとりの雪。
「僕の宝石は君だけだと」言う黒須は、嫉妬のあまり「粉々にしてやる」と宝石を打ち砕きます。それが新たなステージへと続く扉を開くボタンでした。扉が開くとそこは品川の水族館。
急いで入っていく雪、それを追う未来と飛鳥が入ったとたん、3人は消え扉は閉ざされました。
取り乱す黒須と雪、逆に落ち着き払う紫、そこへフェウレスがやって来て、このまま待ってても10年は扉は開かないと言います。
抜け道を知っていると言うフェウレスは、紫の純白の魂と引き換えに、消えた3人の居る場所へ連れて行くという契約を持ちかけます。
未来はファム・ファウに見つかり、ネズミ(着ぐるみ?)の美少年グラウに監禁されてしまいますが、人間化したレッド・カップに案内され飛鳥は未来の居場所をつきとめます。そこへフェウレスの案内でやって来た他の3人も合流。
「代価を頂く」と言うフェウレス、契約を守って自分の魂を差し出すと言う紫。そんな時に別れの歌を歌うと言出だす雪。G線上のアリアを「ルルル~♪」と歌い、フェウレスを眠らせてしまいます。
「今のうちに・・・」と言う紅に、「踏み倒すようなマネは出来ない」と律儀な紫。
とうとう目を覚ましたフェウレスに、「別れた仲間の所に連れて行け。但し仲間の無事が絶対条件」と言う契約の内容を持ち出し、未来の首に酷い傷があるので、無事ではない事から契約は無効だと言い出す飛鳥。「みんな食ってやる」と暴れだすフェウレスですが、寝てる間に、紅に椅子に縫い付けられ動けません。
そんなフェウレスに「ここまで案内してくれて助かった。仲間に会わせてくれた事には感謝している。報酬の無い仕事をさせてしまってすまなかった」とどこまでも律儀な紫です・・・銀さんとは偉い違いだ!
そんな紫にフェウレスは「紫、私は心からおまえが欲しかった」と素直な気持ちを言います・・・この時の声のトーン誰かを思い出すんですが・・・銀(ぎんさんではなくてしろがね)・・・とっても素敵な声で言ってます。
そう言えば1巻ではフェウレスは、小西克幸さんだったんですよね・・・今回浜田賢二さんに変わってました。
そしてみんなは洞窟の扉へと・・・その前にネズミのグラウが付いて来ていました。教授は怖いし、フェウレスは怒ってばかりなので皆が逃げるのにくっついて来たと言うグラウ。「おまけにあの人に一目ぼれしたでチュ~」と・・・どうやら黒須に一目ぼれ・・・あげくに紫にも「カッコイイ!」なんて・・・なのに紅には「赤いお兄さんはイマイチでチュね」なんて・・・師匠に向かってなんて事を(笑)・・・紅だってかっこいいのに・・・でもグラウ役の寺島拓篤さんの語尾にチュをつけた台詞憎たらしくて可愛いです。これからは一緒に冒険するんですね。
このCDでの聴き所はもちろん、雪(緑川光さん)の、G線上のアリアの歌です。ホーリー・バラードもここから来てるんですね。本人は「もう暫くG線上のアリアは聴きたくない」と言ってましたが、中々良かったですよ~・・・なんたって悪魔が寝てしまうのですから。
2巻はここで終わっているのですが、私としては3巻目が早く聴きたいです。3巻スウィート・ガーデンではなんと、紫と紅の心と言うか魂が入れ替わってしまうんです。これキャラクターの性格が正反対の二人なので、是非聴いてみたい!

フリートークでは、私の宝物。
進歩クンは「年のせいか最近肩が凝ってしょうがない。肩こりをほぐしてくれるマッサージで、最初の気持ちの良い瞬間が宝物」だと言ってました。真面目で誰にでも気を使いそうな感じなので、精神的にも肩こりがあるのかもしれませんね。
ちなみに杉田さん、鈴村さん、森川さんは犬だそうです。
笑えたのは最初に鈴村さんが「犬」と答えたのですが、その後杉田さんが「健康な家の犬」と答えたんですね。すかさず鈴村さん「家の犬は健康じゃないのかぁ~!」・・・一言多い杉田さんです。
line

「極・艶」の市原は風間さんだ!

インターの「極・艶」のCM聴きました。
真木洋平役の進歩クン、イメージとぴったり!・・・「極・愛」で聴いていたのですが、主役で原作の内容を知って聴くとまた違う感じが。
森川さんの龍ヶ崎も渋くてかっこいい~!「なぁ~坊や・・・・」の台詞ホントにカッコイイです・・・こちらもイメージとぴったり・・・発売が凄い楽しみです。
それと真木をずっと好きで、本当は頭も良く切れ者で、ずっと上を目指せる人なのに、真木の為に真木の下に付いている市原を風間勇刀さんが演じるんですね。風間さんは「この罪深き夜に」でも、国貴役の進歩クンを一方的に好きで、ちゃちゃを入れる浅野要役でしたが、今回も似たような役どころですよね。(性質的にはちょっと違いますが)真木がその気になったら好きにしてもいいと言う約束を鬼塚(成田さん)と交わして(仕事のできる市原をつなぎ止めて措く為懐柔した)、真木の下についていたのですが、龍ヶ崎と関係があった事を知って嫉妬のあまり、無理矢理真木を襲おうとするのですから。凄く市原を誰が演じるのか気になっていたのですが、風間さんなら納得!浅野と違って、今度はどんな風に演じてくれるのでしょう・・・これも楽しみの一つ。
八島は伊藤健太郎さん・・・もうちょっと年配の感じかなとも思ったんですが、きっと渋く演じるのでしょうね。
発売が待ち遠しい!早く聴きたいです。
line

退院祝い!

昨夜は遅ればせながら、仲の良い友人達が快気祝いをしてくれました。
別にちゃんとお見舞いは頂いてたのだけど、体調が良くなったのを見計らって食事会を計画してくれました。
昨夜行ったのは、いつも仲良し5人組で行く、お隣の市にある洋食屋さん。1ヶ月交替でお薦めメニューを出しているのですが、お値段も割安で美味しい。昨夜はカンパチのガーリックソテーのオードブルから始まり、コンソメの冷製ゼリースープ鴨肉添え、肉料理、手作りのデザートはパイン入りココナッツシャーベット
みんな有難う!料理も気持ちもとても美味しかったです!
話したりない私達は、お腹いっぱいなのにそのままファミレスガ○トへ。あんなに食べたのに、さらにデザートやサラダを頬張りながら12時まで喋り倒して帰りました・・・さすがにくっ、苦しかった~!

メルヘブン、ロラン出演の68回やっと観ました。メルヘブンはBSではかなり遅れてます。銀魂やブリーチはこれほどでもないんだけど。
70回がロラン対アルヴィスらしいので、来週を楽しみに待ちます。
登場した当時はお茶目な感じ全開だったのですが、今回はちょっとシリアスチック・・・アルヴィスと同じゾンビタテゥーだ!言われ「他人のような気がしない」と言った時のロランは何か後ろで赤い物は燃えていたし、ほの暗~い気持ちが漂って、今までとは違うぞ!という感じでした。ロランは好きなキャラなので楽しみ~。ああ~でもほとんどの皆さんは観られた後なんですよね。

Kさんのお薦め、白色矮星の特典「タケイの妄想」と「古書店の怪」聴きました。フリートークではじけていたと言うのはマサシクこれ「タケイの妄想」と聞いたのですが、ホントに面白かった。
タケイがユウシとケンショウがホテル街へ消えていったと言う噂を聞いて、自分勝手な妄想をします。
最初は嫌がるユウシを無理矢理ケンショウが・・・・服をビリビリッとかやっちゃって・・・ユウシが思わず「悪代官みたい」と言ってしまいます・・・これオオウケです!可笑しい!
もう一つの方は、両思いの二人が宝塚口調で愛を語り合ってるのですが、これがまた凄いテンションで可笑し過ぎ!ホン~ットにはじけてる~。それも攻めはユウシの方ですよ~。
3つの特典の中ではこれがだんとつに面白かったです。
その次は私は「喧嘩するほど何とやら?」かな。
kさん勧めてくれてありがとう!
line

BL本見てるっ!

昨日あるBLコミックスを探しに出かけました。どうしても欲しかったので・・・でも新刊ではないので普通の書店には無かったりするので、中古本のショップへ。数ある中でもここのBL本の品揃えは、小説、コミックス、同人誌供に凄いです。大概ここにくれば(新刊を除いて)、探し物は見つかる。やっぱりありました!良かった、30分もかけて車で来たのだから。
それはいいのだけど、なにやらBLコミックスを真剣に見ている男性がいました。20代前半位で、リーマン風(Yシャツにネクタイだったので)見かけも繊細な感じで、お顔立ちも綺麗でした・・・・もしかしてそっちの人(ワクワクしながら)・・・なんて思ったりもしたのだけど、最近では普通にBL誌を読む方が結構いるそうで・・・何だか関心してしまった私でした。
前にもここで、BL小説を物色している60代後半くらいのおじさんを見たことがあります。そのおじさんレジで4冊くらい買って行きました・・・営業時間まで訊いて・・・さすがにそのおじさんには引いたけど。だって狭いところで動かずに必死で物色してるんですよ・・・回りもお構いナシに・・・通れないったらないのに・・・。
普通の書店では流石にBLコーナーでは男の人は見ませんが、こうゆう所には結構いるんですね。

今夜は台風がやって来るそうです。
私の住んでいる所は雨での被害は心配ありませんが、風が心配です。
それにしても台風は鬱陶しいです。
line

好きなBLって!?

最近ホントに暑い!です。
毎日ものすっごい青空で・・・連日33度を超えている。
そんな盆休みは、エアコンの効いた部屋でBLを聴いて・・・ゆっくり過ごそうなんて引っ張りだしたのが「神官は王に愛される」。
大概新しいCDを買うと、3回くらいは連続して聴いたりするのですが、これだけは1回聴いたっきりだったので。
進歩クンもBLも大好きなんだけど・・・どうもこれだけは好みではない・・・2度目聴いてもやっぱりそう思ってしまう。
このナレーションがあまり好きではないので、ACT4くらいから聴いてみました・・・それでもやっぱり・・・。
それで気づいた事が・・・どうも女性的な主人公がダメです。
受けは女性的に成りがちですが、それは大体絡みの時にそうなったりするだけで、普段は男の子とか男らしくはなくても男ですよね(そうとばっかりは言えないけど、比較的そうゆうものが多い)
冴紗の場合は、どう聴いてもすべてにおいて弱弱しく女性的・・・これがどうも私には合わない。
進歩クンを好きになったきっかけと言うのが、数聴いたBLCDの中で「愛だけ足りない」でした。素直になれない少年っぽい感じと声にやられてしまった。アークだって美人だけど、凛として男らしいし、国貴様だって弱弱しい感じではない。
BLの中では、美狂犬中野とかミスポリの行弘、阿沙利が好きです。(もちろん国貴様は別格で好きですよ)
こんな私が今一番楽しみにしているのは「極・艶」、原作も面白い!
男臭い中でのBL結構好きデス・・・極道ものとか・・・・。

最近読んだBLコミックスの中で、これは是非CD化して進歩クンに主役をやってもらいたいと言う物があります。
不破真理氏原作の「爪先にキス」
敵組織の跡取り同士では、決して結ばれる事が無いと知りながら4年も隠して交際を続け、やっぱりこのまま続けられないと思った炎(ほむら)は一途に自分を慕う恭也に抱かれてしまうのですが、銃で撃たれた恋人、冬慈の為に自ら犯人探しをかって出ます。
この八曽部炎、進歩クンにピッタリだと思うんだけど・・・CHARA COMICSなので、ムービックに要望メール出してみようかな。ビジュアル的にはエビリティの和実をちょっと男らしくしたような感じです。
・・・やっぱり極道ものが好きだ・・・私って変・・・。
line

やっと聴けた~!「白色矮星」の特典ミニドラマ

白色矮星のオフィ通の特典「喧嘩するほどなんとやら?」、ファイルが再生出来なくて困っていたんだけど、昨日やっと聴くことが出来ました。私こうゆうにのには疎くて、結局弟に来てやって貰いました。
CDにも落としたしこれで一安心。
収録時間は6分ちょっとと短め・・・当初10分位と言っていたのに・・・短すぎ・・・1分でも長く収録して欲しかったわ・・・でもその時間を惜しむくらい一条さんと成田さんの掛け合いは、弾丸のごとく凄かったです。
内容はユウシがキサの古書店を訪ねて来ると、キサとケンショウが何やら言い争いをしていました。
ユウシを見つけたケンショウは「こんな性根の腐った奴の店にいる必要ない。出ろ!」と連れ出そうとします。
「一人で帰れ!」と言うキサ、挙句の果てに「君みたいな変人の相手が出来るのは、僕かイズミ君くらいだ。慈善事業の一環だ」と言い出す始末。「こんな店客がいないくせに」とケンショウが言えば、「トザの隠れスポットだ!」とキサが返し、負けじと「店主がぼんくらで儲けが薄いのは今始まった事じゃない」とケンショウが言い返します。
遂にはキサが「我がままで、頑固で、意固地で、性格の悪~い男が兄貴じゃアイツも可哀想だなぁ~」とまで言ってしまいます。
大人気ない二人の喧嘩に切れたユウシが「二人ともいい加減にしなさい!」と一喝。喧嘩は両成敗、お互いに謝って下さいと言うユウシに、「僕は悪くな~い!」「私は悪くない・・」とぼやく二人。
結局喧嘩の理由はと訊かれ「忘れた!」と声を合わせる二人でした。
このミニドラマは、キサとケンショウがメインで喋ってます。
キサとケンショウのまくし立てるような言い争いは、テンポやきれも良く面白い!(大人気ない言い争いがとても可愛いです)
出来れば収録時間をもう少し延ばして、もっとユウシを二人に絡ませた内容にして欲しかった。
ある方の日記によるとオフィ通の特典が1番しょぼかったそうで・・・
やっぱり外れ~!DL式もめんどくさいし・・・。
考えてみたら「灼熱のエデマ」の時のメッセサンオーの特典ミニドラマは17分位ありました。
3つも違う特典なんて、発売元が複数買いさせる為の嫌がらせだ!汚いぞ~!一つにまとてよ~!(笑)

「初夏の診察会」のDVD観ました。
もう、オープニング堪りません!進歩クンのソロ「風を起こそう!」です。画面いっぱいに進歩クンの歌ってるお姿が・・・素敵・・・歌もとっても上手いです・・・リズムに身体がちょっと乗り切れてなくて、ぎこちないところがまた可愛かったりして・・・もう何度もココだけ観てます。
オーディオーコメンタリーで賢雄さんが、「立ち位置を考えて欲しい・・・」なんて事を言ってました・・・いつも顔の小さい高橋直純さんの傍だから、次は千葉君の近くになんて・・・ええっ!ひど~い!(笑)・・・進歩クンは身体も(心も)大きいからいいんです・・・すべてひっくるめて大好きです
檜山さんの太っているのに、顔は小さいは笑えました。
これを観て「秋の大診察会」の初参加のための予習はばっちりです。

先日Kさん、コミケの握手会に行くことの出来ない私の為に、あの暑い中、再度並びなおして、サイン色紙ゲットして来てくれました。
何ていい人だ!有難うKさん!

伊藤健太郎さんの日記で、「彩雲国」の収録に諏訪部さんも合流とありました。何の役?気になる~・・・茶州が見えてきたとあったので、茶朔旬が出るのもそう遠くはないかも・・・。


line

Candy Quartz apartment よなか ドラマCD

4枚目となったこのCD、遂に完結です。
最初は花夜野と暁のあま~いシーンから始まります。
次に日の朝、なにやら天晴と雷明が揉めている様子・・・怒った天晴は「出かけて来る」と言い、それに花夜野も「僕も行く」とくっついて二人?二匹?で森へ出かけます。
何故天晴が怒っていたのかと言うと、雷明は「天晴がもし人間に化けたら、少しは俺の役に立つかもしれないな」と言ったらしいのです。
「変化(へんげ)したって身体の形だけ、自分が変わるわけではない」という天晴・・・やっぱり大人です。
お昼から大雨の荒れ模様になり、帰れなくなった花夜野と天晴を心配して、雷明と暁が探しに行き、天晴のことを良く分かっている雷鳴は、二人の居場所を探し出し助けます。
慌てる暁に「窮地の時には、気をそらすな!」と雷明・・・いざと言う時にはやっぱり頼りになる。
助け出した天晴に「お前は雷が嫌いだ!」と優しい言葉をかけます。
そういえば、「天晴は変化(へんげ)が不器用でへたくそ!きつねに戻れなくなるのが怖い」と雷明が言ってました・・・そ~なの、天晴は不器用には見えないんだけどな・・・。
それと上田親子、花夜野がきつねだということ気づいてたんですね。
「管理人さん尻尾が出てて可愛い!」なんて言ってましたもの。
今回は結構天晴の出番もあって良かった~。拗ねてる天晴可愛かったです。
兼ね役でTVのアナウンサーもやってました「現場の浅倉さ~ん」なんて・・・(もちろん進歩クン)

フリートークは、進歩クンが司会進行。
やっぱり三木さんにいじられまくってました。
のっけから「お前は拾いにくいな!」と三木さん・・・
話が続かない・・・
三木さん「何か訊いたほうがいいんじゃない。訊いたら言うよ」
進歩クン「最近何か楽しいとこ行ってました?」
三木さん「楽しい事いっぱい」
進歩クン「充実いっぱいですね」
三木さん「日本語的に間違ってるよ」
進歩クン「盛り沢山な人生送られてるってことで」
三木さん「お前にそんな事言われて、俺どうしろって!」
三木さんに「お前」なんて呼ばれて、ホントに親しいんでしょうね。
いじられて困ってる進歩クン、大好きです。
こうろぎさんの子供役が可愛くて、一緒に遊びたくなったと進歩クン言ってました。子供が大好きなんですって・・・子供と楽しそうに遊ぶ進歩クン目に浮かぶようです。
これで最後だと思うと寂しいような気がしますが、何とか11月のイベントには行きたい・・・ファイナルですもの。

Kさんからのお知らせで知ったのですが、神谷浩史さん交通事故に遭われてかなり大変な状況だと聞きました。連絡を貰った時も、「学園ヘヴン」のDVD2巻を見ていたところで、びっくりしました。
私自信も車を運転するので分かるのですが、何度か命拾いをしたということがあります。自分が気を付けていても、相手がいることだし。
是非、早く元気になって、1日も早い復帰を願い祈っています。
「頑張って!神谷さん!ファンは皆待ってますよ!」
line

花町物語「夢絵巻」ドラマCD

このCDは携帯配信された音声ドラマ6話に、新たに2話追加され8話のオールギャグな内容です。
収録時間は32分24秒。

第1話 各務が乗った船が沈没し、みんなで心配していた所に、各務が色は黒くなって、腰みのを着け、ワニを連れて帰って大騒動。

第2話 各務の持って来たアンパンを皆で食べていたら、朱璃のアンパンがカラスに盗まれてしまい、それを梶山が取り返して来ます(片手にアンパン、もう片方の手にはカラスをつかんでいました)。空を飛んでるカラスをどうやって捕まえたのかが話題に・・・棒で叩いたとか石を投げたとか、挙句の果てには何かの武術と言い出す始末。

第3話 テニスラケットを各務が朱璃に持って来るのですが、ボールをぶつけてボールを取られてしまい、ラケットに紙を張ってうちわの代わりにしようとしたのですが今ひとつ・・・結局は布団たたきに・・・。

第4話 恐い話をして脅かす五十嵐に、「ばかばかしい~」と朔弥が恐がる朱璃を連れ出します。夜中トイレに行こうとして朱璃が見た者は・・・寝相が悪くて廊下ににまで張り出している朔弥・・・。

第5話 眼鏡を探していた巽は、朱璃に白いふわふわした物を見せられ「それは、ケセランパサランだ」と言います。誰がどう見ても猫のシロの抜け毛が固まったもの・・・夢を壊さない為に、皆本当のことが言えません。額の上にあった眼鏡を見つけた巽は、「それはただの毛玉だ、私は飼っていた事があるから分かる」と言います。「まだ信じていたのか~」とびっくりする各務・・・巽も朱璃と同じだったのですね。

弟6話 朱璃の猫が障子を破ってしまいます。巽さんに叱られることを恐れた朱璃は何とかしようと考えるのですが、そんな時に梶山さんが内緒で直してくれると言います。それを廊下で盗み見ていた五十嵐を、蹴って転ばせて障子を破かせた朔弥・・・何気に毎回五十嵐にはきついんですよね・・・朔弥は。

第7話 巽に向かって塩を吹いた蜆と、「どの蜆がやったんだ!」口を開かせてやると真剣に格闘する梶山。「激しい主従関係だな」と朱璃がポツリ。

第8話 朱璃に逢いに来た二階堂将人に、勝手に妄想して怒り出し、「許しませんよ!」と二人の邪魔をする巽。

オールギャグなので、全篇と通して面白かったです。
本編のシリアスな部分と違って、意外なキャラクター達の一面が見れたりして、こうゆうパラレル的なお話は楽しめて好きです。
line

Live×Evil「白色矮星」ドラマCD

「灼熱のエデマ」よりちょっと前の、ケンショウがまだユウシと同じセクリタスに在籍していた頃のお話です。
ユウシが行きつけの古書店の店主シュウト・キサは、ケンショウとも友人関係にあるのですが、カルナの密輸に係わっているとの情報があり、ユウシ、ケンショウ供にその捜査を命じられます。二人がキサと親しいと知っての命令です。
カルナの密輸に絡んでいるという証拠を見つけた本部は、検挙に踏み切るといいます。
その夜どうしても話をしたかったユウシはキサのもとへ・・・そこでケンショウとキサの話を聞いてしまいます・・・話はケンショウのAMATDSを罹っている弟のこと。「何故密輸に係わったのか、本当の理由が知りたかった」と言うユウシを「真実を知ることが必ずしもよいことではない」とケンショウはユウシを連れ出します。
その翌日、キサは姿を消しました・・・ユウシにキサからのメールが・・・「僕には死なせたくない人がいた・・・だからどうしてもカルナが欲しかった・・・ケンショウを一人にさせないでやってくれ。ランプの光を投げかけてやってくれ、君の投げかける光だったらアイツも見ようとするかもしれない」とのメッセージを残して。
ケンショウはキサに逃げられてしまったすべての責任を一人でとり、セクリタスを退役して姿を消します。
ユウシの声好きです・・・ちょっと低めのソフトな感じ・・・それとやっぱり溜め息・・・。
今回はキサのメールを見ながら泣くシーンがあるのですが、声にならない吐息っぽい泣きが私的には、すご~くツボでした・・・可愛いっ!もしかしてキサの死なせたくない大切な人って、ケンショウの弟なのかな・・・キサとケンショウの二人のやり取りを聞いているとどうもそんな風に思えてならないのですが・・・・「時間が無い、あれが必要だってことは君も分かってるはず・・・」なんて事を話してるし。
フリートークは成田さん、一条さん、プログレスくんの3人です。
収録中に「濡れ場がないね」と成田さんがおっしゃっていた・・・と言う話を振ると、プログレスくんと一緒に仕事をする時は、「非常に過激なシーンの多い人だな」との印象があると成田さんに言われて焦るプログレス君・・・・それってビックガンとか・・・。
この3人の中で凄い順番が(BL)、1番一条さん、2番プログレスクン、3番目が自分だと言う成田さん。「勝手に順番つけないで下さい」とプログレスくん・・・・どう見ても1番目は成田さんか一条さん、この二人はやっぱり別格でしょ・・・この二人とBLで競演して絡みがないなんて・・・もったいなさすぎる・・・なんのこっちゃ・・・。お二人がプログレスくんのもう一つの名前を平気で言っちゃうので、ピー音炸裂です。先輩二人にいじられまくりのプログレスくん可愛かったです。
おまけCDでは爆発していたと言うプログレスくん・・・そこでは噛んでなかったそうです・・・・・なのに・・・オフィ通の特典はアクセスしてダウンロードするものでした。
ダウンロードしたのにファイルが開けな~い・・・ショック。
もう~なんで普通のCDとかにしてくれないのかな・・・定価だって税込み3500円でちょっと高めなのに・・・8cmCDくらいつけろって・・・・ホントめんどくさいったらないわ・・・。
line

やっと観た!「パイレーツ・オブ・カリビアン2」

昨日は3ヶ月に1回本院の方へ診察に行く日だったので、2時間もかけて行って来ました。ついでに「パイレーツ・オブ・カリビアン2 デットマンズ・チェスト」を観て来ました。地元の劇場でも上映しているのですが、字幕版しかやってないのです。
作日観た劇場はイオンの中にあって、11~12部屋位あるのかな。やはり人気があるらしく、字幕版は2部屋で同時上映。私はもちろん吹き替え版の方を観ました・・・ロード・オブ・ザ・リング以来オーランド・ブルームもその吹き替えの平川大輔さんも大好きなので。
デッドマンズ・チェストとっても面白かったです。迫力もあり、笑いもあって、今回ウィルも大活躍!あのヘタレの海王(「花嫁~」)の時とは違って、ウィルの平川さんホントにカッコイイ!・・・BLではヘタレな役とか変な外人の役多いですから。
今回の悪役、のような化け物ディビィ・ジョーンズは大塚芳忠さんが演じててました・・・・流石です!凄いです!そして気持ち悪い!・・・タコと思っていたら、イカだそうです(インタビューでオーランド・ブルームがそう言ってました。
2重の呪いをかけられたウィルのお父さんも出てくるし・・・最後にはディビィ・ジョンーズの餌食になったジャックを救う為、そしてブラックパール号を取り戻す為新しいキャップテンが登場、その名もバルボッサ・・・・ええっ!驚きの展開・・・ここで終わっているので次が楽しみです。2・3は同時に撮影したと言ってましたが、3の公開はまだずっと先ですね。
デイズニーランドのオープン当時、カリブの海賊が大好きで何度もこのアトラクションに入っていました。今でも一番好きかな!シーが出来たのはずっと後なのでしょうがないのですが、本来なら、カリブの海賊はやっぱりSeaですよね。

往復4時間も運転して疲れて帰ってきて観たものは、「銀魂」。
今回のは下着泥棒ネタ・・・良かった~!さすがに下着泥棒は近藤さんではありませんでした。ストーカーですけど、基本的に純粋な人ですから・・・。最近あの近藤さんのノリについて行けます・・・近藤さんのおバカさが可愛く思えてしょうがない・・・ビジュアル的にマダオとかぶるのがちょっと・・・・なんですけど。

その後何気に付けっぱなしのTVを観て驚いた!
「芸恋リアル」で、15~19歳に聞いた「デートしてみたいおじさん」のランキングをやっていました。
百何十位くらいから細かく、芸能人の名前が出ます。これ時々見ますが名前が上がるのは、俳優、歌手、お笑いなどのTVに出てる誰もが知ってるタレントさんです。
その中に堂々第88位、20票獲得、井上和彦さんの名前があるじゃないですか。88位と言ってもそれ以下の所に、有名なタレントさんいっぱいいたんですよ(スマップのメンバーも2人いました)
凄い!声優さんでココに名前が上がるってだけでも凄い。
ちなみに第1位はだんとつで阿部寛さん、2位が福山雅治さんでした。

そういえば「彩雲国」の終わりのコーナーに檜山さんが出てました。
あれっ!ちょっとほっそりしたような・・・顔も身体も一回り小さくなったような気がします・・・何より顔が少しシャープになったような気が・・・ダイエットしたのかな・・・。
line

蜜的男子(ハニーボーイズ)スパイラルCD化

10月27日、ムービックより発売の「蜜的男子スパイラル」に、千葉進歩クンも出演するんですね。
原作は南かずか氏のコミックス。(みなみ遥氏・・・改名したの?)
キャスト名も後の方に記載されていたので、あまり期待もせずに原作を読んだのですが・・・やっぱりでした。
進歩クンの出番ものすご~く少ないです。
岸尾大輔さん演じる芳原陽人が転校して入ってきた寮が、ホモばっかり。と言ってもほとんどは新館に入っており、陽人が入寮したのは古い旧館で生徒は陽人を含め6人と先生、それに通いの栄養士兼寮夫の美坂優生(千葉進歩クン)です。
内容はBLにありがちの寮での生活を中心とした学園ラブコメディ。
ファザコンの陽人が回りに刺激されながら、如月蒼也(鳥海浩輔)に反発しながらも惹かれて行くというものです。
キャストを見て陽人の父親が野島裕史さん!?ってびっくりしたんだけど、原作を見て納得です。
陽人はお父親が19歳の時に結婚して出来た子供、2年後に離婚してずっと2人で暮らしていたのですが、父親の再婚をきっかけに寮のある学校へ転校したのです。そのお父さん見かけもずーっと若くて、陽人にそっくりの可愛い人です。陽人を心配するあまり、蒼也の前でポロポロ涙を流して泣くくらいですから。
この寮の住人達には、皆お相手がいます。もちろん進歩クン演じる美坂優生にも。(彼は名前も綺麗ですが、顔も綺麗な美人さんです)
彼のお相手は波多野渉さん演じる3年の一ノ宮玲、牛乳瓶の底のような眼鏡をかけた、がり勉君・・・眼鏡をとればたぶんカッコイイのでしょうけど。
とにかく原作を読む限り、進歩クンの出番は少ないです。
南かずか氏自信が今後美坂優生と一ノ宮玲の事も書いてみたいとあるので、今後この二人の話も見れるのでしょか?それとももう載ったりしてるのかな?どうなんだろ・・・・。

10月のイベント、ホテルもやっと予約しました。
これで準備OK!です・・・後はチケットを待つだけ。
今回イベントが三軒茶屋という事で・・・ここ1度も行った事がありません。土地勘がないのでどこにホテルを取るかという事で悩みました。
結局0さんが次の日、ディズニーシーに行きたいと言うので、両方に便利の良い場所を選びました。シーの方はオープン当時に2日かけて遊び回ったのでほとんど行ってますが、9月に新しいアトラクションもオープンという事で楽しみです。
平日なので人出は少ないかぁ~・・・今年の春休みにディズニーへ行った時は最悪でした・・・もの凄い人だった!・・人で疲れた~!地獄のディズニーでした。
line

セイント・ビーストケダモノたちのHEAVEN’S PARTYすぱーく

本日更新分のセイントのウェブラジオに、またもや千葉進歩くん出演してました。
今回は鳥海浩輔さん、鈴木千尋さん、千葉進歩クンの3人です。
放送1回分置いてまた出演なんて、嬉しい!
最初は今回初出場、鈴木千尋さんのOthersに出演しての感想。
シャーマンって何?の進歩さんの質問に、「日本で言うイタコのようなもの」と鈴木さん・・・なんかイメージが・・・・。
ミューは儚げな感じ、陽炎のようなと言う鈴木さんに、「私も陽炎だ」と鳥海さん(笑)・・・確かに陽炎のシバと冠がついています。

お便りはカレーネタでした。
カレーはインドのナン派だと言う鈴木さん。
進歩クンは「わしはもう、あれっすよ!お家のカレー、自分で作るカレー、具沢山が好き!」と答えてました。お肉はポーク派だそうです。
進歩クン、カレー自分で作るんですね。男の人ってカレーはこだわって、自分で作るって人多いですよね。
ちなみに鳥海さんは鳥派・・・チキン派だそうです。

「皆でCD作っちゃお」セカンドシーズンのコーナーは、進歩クンが司会進行してました。
セイントファンクラブの会員募集のお知らせは、オーディンの素敵な声でやってましたよ。

気まぐれ聖者様のゲームは、鈴木千尋さんが罰ゲームでした。自分のキャラの名前も忘れてしまうなんて・・・。
罰ゲームはユリウスと薬草を探しに行くミューでした。

ささやき台詞のコーナーはオーデインです。
「目が見えずとも、お前の気持ちは手に取るように分かる。お前も私と同じ気持ちでいてくれたのだな。ありがとう。」でした。
いいっ!オーデインの声好きです。

最後は、進歩クンに「これからバンバン出てもらって、番組を回していただく側に・・・」と鳥海さん。
焦った進歩クン、「まだ早い!自分のキャラだってちゃんと出来てない~」とか言っちゃって、危険だからそろそろ〆ようという事になりました。進歩クンの終わりの挨拶は「最後危険でした!千葉進歩!」
何が危険って、私たちファンを惑わす進歩クンの声が危険
line

ブラザーズ Vol.2 ドラマCD

Vol.1ではワタルがくりすにキスをして終わっていました。
今回は何故ワタルがキスをしたのか悩むくりす。
そんな事を悩んでいる所に、鈴木先生からCAとの合コンの時にくりすの事を気に入った女の子がいるからと携番を渡されます。
実はその女の子凄っごい嫌なやつで、ワタルに会いたくてくりすをだしに使ったのです。ワタルと言い争う女の子との場面に出くわしてしまったくりす。ワタルに無理矢理乱暴されたと言う女の子に、くりすは「ワタルそんなことはしない」とワタルを信じます。その女の子の前で、くりすにキスをするワタル・・・やっぱり悩んでしまうくりす。
顔を合わせたくないくりすは、鈴木先生の家に泊めてもらうのですが、ワタルにちゃんと連絡をしろと言う鈴木先生に、電話をして欲しいと頼むくりす。「甘えるな!」と厳しい声で鈴木先生が叱ります。この「甘えるな!」の台詞いいです・・・声も言い方も・・・こんな風に言われたら素直に何でもきいてしまいそうです。
「好きと告白もしないでキスをするなんて・・・!」と礼に言われたワタルは、くりすに好きだと告白するのですが、その気持ちを受け入れられずに拒否してしまいます。
今まで通りで居られないのなら家を出ると言うくりすに、ワタルは自分の方から家を出て、父親の居るイギリスへ・・・。
ワタルのことが気になって、食事も喉を通らず、寝ることも出来ず倒れてしまいます。そんなくりすに礼が「つまんない常識は外しなさいよ!どう思ってんの?」と問い詰めます。「二日しかたってないのに・・・クラクラする・・・逢いたくて」と泣きじゃくるくりす。
イギリスの住所を礼に教えてもらったくりすは、ワタルに逢いに行き、遂に二人は結ばれてHappy Endです。

出番は多くは無いのですが、進歩クン演じる鈴木先生は良い役でした。
ワタルとくりすの間に首を突っ込み過ぎず、それで居てちゃんと心配をしてフォローしてる・・・頼り甲斐もありそうだし・・・。
あ・・・柔道部でのシーンでガヤで進歩クンの声してましたね・・・近藤さん寄りの声だったような気が・・・。
宮田さんの鬼龍院礼も、オネエキャラぽっかたのですが、全く違和感もなくしっくりきてました・・・さすがだ!

フリートークは谷山さんと進歩クンが進行です。
最初からプロレスネタで入る谷山さんに、「朝からコブラツイスト決めてます」と負けずに答える進歩クン。寝起きはいいらしいです。
1・2巻同時収録で長丁場だったんですね・・・もう深夜の3時頃だったらしいです。「サンドイッチを何個食べた事か」と進歩クン・・・夜食はサンドイッチだったのかしら・・・。
谷山さんのお薦めは、進歩クンの酔っ払いのシーンだそうです。
「酔っ払いの演技、凄く上手い!」と褒めてましたが、ホントにリアル感があってとってもお上手でした・・・進歩クン自信はお酒は苦手だと言ってたけど、酔っ払うことってあるのかなぁ~。酔ったらきっと可愛い気がする。

S.S.D.Sコミケイベントあるんですね!
いいな!いいな!
10・11月があるのでどう考えても無理なんだけど・・・体力的にもこの暑さの中じゃ間違いなく倒れそうだし・・・こんなに体調が戻らないなんて・・・10月までには戻さなくちゃ。
10月の飛行機のチケット何とか取れました。帰りはスーパーバーゲンで取れたのだど、行きが危なかった・・・ふぅ・・・全くPCが繋がんないのだから・・・行きは特割7です。スーパーバーゲンってやっぱり中々とれないわ・・・。
line

「神官は王に愛される」ドラマCD

やっとの事で「神官~」を聴きました。
原作は読んでいて前にも感想を書きましたが、音になってみると「あれ!・・・」と言う感じでした。
冴紗は原作でも女性っぽい儚げな感じだったんですけど・・・どうもCDになってみると私的にはあまり好みではありませんでした。
冴紗が余りにも弱弱しい感じがして・・・もうちょっと凛としたところもあってもいいのではないかと思ったりしました。
ナレーションも言い回しが堅過ぎるような・・・まるでN○Kの副音声を聴いているような感じがしました。「大奥では~」なんて言いそうな・・・。(こんな事を感じるのは私だけかもしれないけど)
同じファンタジーのナレーションでも、「やさ竜」の諏訪部さんはとっても良かったんだけどな。
中井さんの羅剛王は土方さんを思い出しましたけど、メリハリがあってとても良かったです。「銀魂」で近藤さんと土方さんのやり取りを見たばっかりだったので、何だか不思議な感じでした。だって近藤さん「う○このキレが悪い」とか近藤さん全開で変な人だったんですもの・・・でも最近はそれが愛しく思える私も変!?
今回フリートクがなかったのも残念です。
中井さんと進歩クンのトーク聴きたかった。

「Pretty flap~ハッピィバースデー」
なんだかこれも微妙でしたね。
収録時間は34分と値段の割には短め。
主人公の女の子の誕生日を祝う為、4人で集まって準備をするというお話でした。
プログレス君演じる霜月海は、大学を2年留年していて、喋り方はなんだかだるそうな感じで、つかみ所の無い今時の大学生といった感じです。
最後に誕生日を祝う言葉を一人ずつ言うのですが、これは良かったです。
プログレス君の台詞は、
「どうか君にとって、今年も素敵でありますように。その中の一つがどうか俺が与えたものでありますように」
とっ~てもソフトな素敵な声で言ってくれます・・・言われてみた~い!です。

昨日友人のOさんがやって来て、「彩雲国」の話になり2番目は静蘭だけど1番目は誰が好きなの?と訊かれアホな私は自分の事だと思い、「前は静蘭だったけど今は黎深様よ」などと言ってしまい、Oさんを驚かしてしまったわ・・・・「ええっ~秀麗は黎深が好きなの?」・・・なんて言って・・・トホホ誰も私のことなんか訊いてないよね。
考えたら秀麗が1番目に好きなのは誰か、ブログには書いて無かった。ゴメン1番目はもちろん秀麗のお父上、紅 邵可です。
8月・9月に出る彩雲国のドラマCD予約してしまった・・・もうここまで来たら止まらない。
8月はマリンで9月に出るのはジェネオン、どちらも番外編なんだけど、発売元が違うなんて珍しいです。
line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。