スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

今年も終わり・・・!

今年も今日で終わりです!
この1年お世話になった皆様、ありがとうございました。
特にOさんには、すべてにおいてとてもお世話になり、東京まで付き合ってもらったりして、ホントにありがとう!
おかげで楽しい1年を過ごすことが出来ました。

そして千葉進歩クンファンの皆様にも、今年1年とてもお世話になりました。
病気の時の励ましのお言葉も嬉しかったですし、それ以外でも色々とお世話になりました。
特にカナリヤさんやaiさんには色々と気を使っていただき、ありがとう御座いました。
改めて進歩クンファンの皆様の温かさを実感した1年でした。

この1年良い年だったかな・・・と考えると・・・どうなんだろう?
大きな病気をして「もう、終わりだ・・」みたいに思ったりもしたんですけど、その病気の中でも状態は良い方だったので、早く発見できた事に関してはラッキーだったのかもしれません。
そんな私の沈みがちだった気持ちを癒してくれたのは、言うまでもありません。もちろん進歩クン出演の沢山の作品達とウェブラジオです。
特に近藤さんには元気をもらえます!・・・可笑しくて、楽しくて・・・悩んでいるのがバカバカしく思えてきます。
それと今年はイベントに参加して、3回も進歩クンの顔を見れたことも嬉しかった。きつねさんイベントではサインボールもゲットしたし、SSDSでは生歌を聴けたのも嬉しかったなぁ・・・。
千葉進歩さん!この1年素敵な声と癒しをありがとう!
来年も益々の活躍を祈っています!
スポンサーサイト
line

「有栖川家の花嫁」ドラマCD

キャスト 真野水晶(あきら):武内健 有栖川誉:子安武人
     神尾:平川大輔  工藤信也:千葉進歩
家同士の政略結婚で、誉と結婚するはずだった姉がかけおちした為に(結婚が有栖川家の次期当主の条件)、その身代わりとして姉と顔が瓜二つの水晶は、無理矢理誉の花嫁として連れてこられました。
「所詮は俺の道具、意思などいらん」と傲慢で冷淡な誉。
そんな誉に少しでも気持ちを和らげようと一生懸命世話をやく水晶に、段々気持ちを軟化させていく誉・・・そんな誉に魅かれはじめる水晶。
そんな時、姉が既に死んでいたことを知らされ、水晶は不信感とショックで寝込んでしまいます。
有栖川家では10年前正妻の長男が失踪したあと、誉を除く妾とその子供達、正妻の8人が不審な死を遂げたのです。
誉は正妻や妾、その子供達に手酷い仕打ちを受けており、いつもその間に入って助けてくれたのは正妻の長男でした。
でも雪の日のある夜、木に縛りつけられ正妻のせっかんを受けていた誉を助ける者はありませんでした・・・その夜、頼りにしていた兄は家を捨て失踪したのです・・・その時から完全に気持ちが荒んでしまった誉。

北陸にいる時、いつも優しく気遣ってくれた医者の信也を水晶は慕っていました。東京へ行くときも本当に優しく気遣ってくれます。
そしてそのまま行方の分からなくなった水晶を探し出して、この家を出ようと諭します・・・「本当はずっと好きだった。だからこそ自由になって欲しい」と告白する信也。実は信也こそ10年前に失踪した有栖川家の長男でした。
そこへ誉が現れ言い争いになった所へ、仕事上の事で逆恨みをした男が襲い掛かり、水晶をかばって誉が刺されます。
「信也と行け!」と言う誉に、誉のそばに居たいと言う水晶。
信也がどんなに優しいか知ってる、だからこそあの雪の日の夜、誉にその優しさをみせて欲しかった。この人を愛しいと思う気持ちは止められないと言う水晶に、信也は「必ず幸せに!辛い事があればいつでも戻っておいで」と温かく優しい言葉をかけます。この時の台詞の言い方にはすご~く優しさがこもって温かい感じがします・・・この辺が神谷さんも言っていた進歩クンの持っている声の中の優しさ・・・凄く癒されます。
そしてそんな水晶に、誉も自分の気持ちを素直に伝え
Happy Hnd.

この話は傲慢で冷淡な誉が、水晶によって段々優しくなっていくところが聴き所。
ムービックのボイスメッセージでも、「優しい人を出さない・・・子安武人にはピッタリ」なんて事ご自分でも仰ってましたが、わりと冷淡な役多いですものね・・・声の質感のせいかしら。
進歩クン演じる信也は外科医、低めの落ち着いた(大人を感じさせる)すご~くソフトな声です。
ボイスメッセージでは、「おっとりとした役で・・・」と言ってましたが、おっとりというよりは穏やかと言った感じです。
BLではわりとありがちな身代わり花嫁のお話・・・「愛される貴族の花嫁」もこんな感じのお話でした。


「魅惑ノリンゴ」
あ~っ、悩んでいたこのCD、Oさんに予約頼んで来ちゃった。
真殿さん、五木弘(名前が笑える)役でご出演!・・・脇役なんですけど・・・原作を読んだ限りでは出番はまぁまぁあるかな。
回想で登場する高校時代の五木のさわやかさはキャスト陣も絶賛!・・・爽やかな真殿さん!・・・楽しみ~!
でもCD化早いですよね・・・これつい最近ですよ、連載が終わったの・・・この作品が好きなsakuは買えとそそのかすし・・・浜田さんの受けも聴いてみたいので、まぁ~いいか!

line

全サ「きみが恋に堕ちる」ミニ・ドラマCD X'masバージョン

発送されるのは来年くらいかと思っていたのですが、年内に来るなんて意外と早かったです。
このCDもすご~く楽しみにしていた1枚だったので、早く来て嬉しい!
お話の方は(18分25秒)、春(千葉進歩)が司(神谷浩史)にアドバイスをしている所から始まります。
春が教えているシーンはやっぱりいいです・・・何と言うか春の声のトーンが、ちょっと押さえ気味のソフトで静かな感じ・・・聴いているとうっとりとしてしまいます。
「焦らないで~、伸びあいから、そのまま・・・」と段々声がささやきのようになっていくんですよ・・・この声大好き
春のことで女子部員達にからかわれる司を見た春は、学校にバレやしないかと心配で不安になり、二人の関係と司を守る為に転任しようと考えます。
それを知った司は春の部屋へ押しかけ、「自分が嫌いになったのか?」と問い詰めます。
「二人の関係を大事にしたい!司が傷つくのは見たくない!」と自分の気持ちを伝える春。
春の事が好きだから学校ではさとられるようなことはしない、ときっぱり言いきる司・・・好き過ぎて浮かれていた・・・なんて司は可愛すぎる!
この後二人はからみへ突入!やっぱりこの二人の絡みは、どっちが受けって思うほどに、攻めてる神谷さんも色っぽいのです。

この後二人でラブラブのクリスマスパーティ!
司は春へメッセージ入りの指輪を送ります。
「女の子じゃあるまいし・・・」と面食らう春。
指輪を買う際、司が店員に伝えた春のイメージとは、派手な物ではなくて清楚ですっきりとした物が似合う、ストイックで控えめ、真の強いしっかりとした感じ・・・まさしく春そのもの・・・と言うか進歩クン演じる役自体こうゆう役多い?!・・・私は大好きなタイプです。

フリートーク 8分17秒
神谷さん進行?!
お題は作品を演じてみての感想
自分ではもっと大人な感じなのかと思っていたら、もっと女性的な繊細な感じを出してと言われ、自分の中では段々若くなっていったと言う進歩クンに、神谷さん「千葉兄(にぃ)の声の中の優しさみたいなところを出してくれみたいな」ってな感じなことを言ってましたが、上手い事言いますね~。進歩クンの声の中の優しさ・・・私も1番大好きな所です。
進歩クンやたらと神谷さん自信のことに突っ込んで訊いています。
どっか司と神谷さんが似てるかなと思ったらしく、神谷さん自信の事を訊いていたらしいです・・・「上手に駆け引きの出来ないタイプ?!」と言う進歩クンには神谷さんも同調していました。
年下に慕われるし・・・という進歩クンに、「千葉兄ほどではない!」と言う神谷さん。
「俺は分からん!あっぱらぱーに生きてる!」なんて事を進歩クンは言ってましたが、そんな風には見えません!どう見たって真面目で誠実な感じがするもの。
最後は指輪の話。
神谷さんは好きなブランドがあって、1年に1回くらいは買うそうです。進歩クンは付けるの好きじゃないと言ってました・・・でもきつねさんイベントではネックレスつけてましたよね。
あと収録中進歩クンは舌が痛かったのかな?口内炎?その様なことをチラッと言ってました・・・苦労したみたいです。
口内炎?舌痛は私も何ヶ月も苦しみました。
内科へ行けばストレスのせいだ!と言われ、口腔外科へ行けば、今飲んでる薬やリンパを取った後遺症だと言われ、とうとう胃カメラまで飲んで食道や喉も検査したけど悪い所はありませんでした。
やっぱりストレスが大きかったのかな・・・気が付けば最近良くなっていました。
でもね舌が痛いとホントに喋りづらいんですよ!進歩クン大変だったでしょうね。
そんなことも感じさせないくらいにこの作品はとてもステキでした。

あっ!余談ですが口内炎、今はよい薬がありますよね。
口腔外科では、口内炎や舌専用のうがい薬を貰いましたが結構良かったです。
私がかかっている病院では、緑色のドロ~ッとしたアメーバー状の飲み薬を貰いましたが(ジーなんとか、名前忘れた)、これは良く効きます。口に含んで何回かクチュクチュやって飲み込むんですが、これがノリのようにへばりついて飲みにくい!匂いと味はメロン?!に近いかな・・・でも効き目はいいです!




line

「俺たちのステップ 3」~お願い・・笑って許して!~ドラマCD

今回の新キャラは「アベ&コベ」の二人がドリーマーズの刺客として送り込まれようとしていました。
アベヒロミ(甲斐田ゆき)は、見かけは男そのものだけど実は女の子。
コベカズミ(竹内純子)は、見かけは小柄な可愛い女の子だけど実は男。
ヒロミと喧嘩をしたカズミは事務所を飛び出し、ピエールのお店「ジュテーム」(ゲイバー)にやって来ます。そこでカズミと出会った右京は男と知らずに恋に堕ちます。
カズミの部屋で一夜を過ごした?!(実は一緒に寝ただけ)右京はヒロミにボコボコにされるのですが、そこへ左近も駆けつけすったもんだの末二人は仲直りして、結婚して夫婦漫才をする事に・・・。
喧嘩をする時のヒロミは男らしくてカッコイイのですが(不二がハードボイルドになったらこんな感じ)・・・左近に胸を触られてしまうと一転女の子に戻ってしまいます・・・この辺の切り替わりが甲斐田さんさすが上手いですね。
そして男言葉に戻ったカズミは・・・あれっ!そのままナルト!

このCDは毎回夢児(千葉進歩クン)の落語が聴けるのが嬉しいです。
ホントに進歩クンの落語はお上手です!・・・そのまんま落語家になれるんじゃないかと思うくらいに。
今回もう一人の新キャラ、ゲイバー「ジュテーム」のママで夢児の後援会の会長ピエール・鎌田を堀内賢雄さんがやっています。
最初にキャスト表を見たときに、賢雄さんも出てるんだ~と思っていたのですが・・・CDを聴いてる時にはピエールは最初賢雄さんだと気づきませんでした・・・それほど普段の声とは違って、リアルオカマ・・・お上手でした。
ピエールは食えない時代に夢児や霧島を支えていて、このふたりにラブなのです。夢児に迫りまくるピエール、恐怖に怯えて必死で逃れようとする夢児・・・このやり取りはすご~く面白かったです。
夢児は進歩クンにとっても年齢的に等身大の役・・・大人~な役の進歩クン大好きです!

フリートークでは、下野君に「髪伸びましたよね!」と突っ込まれていた進歩クンは、「伸ばしてるんだ」と答えてました。
え~っ!やっぱり伸ばしてたんですね。
甲斐田さんは「え~っ、伸ばすの?どのくらいまで伸ばすの?」
竹内さんは「私の知ってる千葉さんじゃなくなってる~」と、この話題にはすごく喰いついてました。
「詳しい事は次の巻で~」と逃げる進歩クン・・・次の巻には出てないよ~・・・・上手く逃げましたよね。
でもどの位伸ばすつもりなのか、私もやっぱり気になります。



line

Merry Christmas!!

Merry Christmas!!
千葉進歩くん!そして進歩クンファンの皆さんよいクリスマスイブをお迎えですか。
こちらは風一つなくお天気も良くて温く穏やかで、ホワイトクリスマスとはほど遠いです。
何しろ車の窓を開けて走って、ちょうど良いくらいですから。
朝から買出しに追われてる~!
そういえばSSDSではクリスマスの思い出特集をやってました。
私は高校がカトリック系のミッションスクールだったので、朝から1日かけてクリスマスのイベントをやってましたね。
その中でも全校選抜による「聖劇」、イエス・キリストが馬小屋で生まれるところまでをやるんですけど・・・みんな可愛い天使とかやってるのに(小柄な子がやってました)・・・背の高い私に回ってきた役は「門番」・・・トホホです・・・衣装がまた凄いんだこれが・・・写真を見るだけでも笑える・・・クリスマスと言うとこんなことを思い出します。

皆さんよい聖夜をお迎え下さいね。
line

ウェブラジオ ケダ天すぱーく 第17回放送

12/21UP分の17回放送に進歩クン出演していました。
今回の出演は、杉田智和さん、寺島拓篤さん、千葉進歩クンの3人です。
進歩クンはCPCDの事に関して感想を述べてました。
「しっとり系な曲で、オーディンらしいなぁ~。綺麗に歌われてる・・・あれ、嫌な感じの自画自賛?!(笑)自分でダメダシしてる!」
本当は綺麗な曲に出来上がってると言いたかったらしいです。
確かにこの曲「聖地の白い羽」はすご~くいい!
私が聴いた進歩クンの歌の中では、間違いなくトップ3に入る大好きな曲の一つです。
みんなでCD作っちゃお!セカンドシーズンは進歩クンが進行です。
今回は色んなキャラ達の「ささやき!」をCDにする話。
まだ参加した事の無い進歩クンは、「出れるかな~・・・出たい」・・
杉田さんに「俺をプッシュして」と頼んでいました。
「え~っ、こんなキャラのささやき聴きたくないなぁ~って思われたらどうしよう・・自分で出そうかな」なんてかわいい事を進歩クン言ってました。そんなことないです!ないです!是非聴きたい!このCDに参加してくれたら嬉しいです。
CPCDのCMはステキ~な声で進歩クンがやってました。
気まぐれ聖者様の罰ゲームは杉田さん!
シバと冬の海で貝拾いでした。
杉田さんがシバ~、シバ~、シバ~と連呼するのですが、どうも私にはチバ~と聴こえると思っていたら、進歩クンもチバ~!と聴こえたらしく、「俺と杉田君が貝拾いしてるのかと思った」と笑ってました。
このラジオ、わりと進歩クンの出演率高いです・・・嬉しい!



line

東京騎士王国~スウィート・ガーデン~ドラマCD

このCDはシリーズの3作目、原作を読んで紫と紅が入れ替わってしまう所が面白かったので、是非、音で早く聴きたいと思っていました。
3作目も思っていたよりも早くCD化されたので嬉しいです。
表紙は文庫本と同じで、紫と眼鏡をかけた紅・・・すごくカッコイイ!
お話は前作の続きからで、「翼竜の王冠」奪取を、東京騎士王国の軍師グリュンに命じられます。
冒険へ出かけようとした朝、同じベットで寝ていた紫(杉田智和)と紅(千葉進歩)に異変が・・・紫と紅の身体が入れ替わっていたのです。
紫の身体と声なのに、言動は乱暴でがさつな紅・・・これは・・・まるで銀さん?・・・。
紅は紅の声で、言動はいつも冷静で硬質な口調の紫・・・こっちの紅も知的で好きです。
紫(中身は紅)が喋る時はもちろん杉田さんなのですが、心の声は進歩クンが出しています。
正反対の二人が入れ替わってしまうシーンは、今回1番の聴き所では・・・全く別人格を演じてしまうのですから・・・違った紫と紅を聴けて面白かったです。
「何か変だ!」と言う飛鳥に、「作戦だ!」と紅はごまかします。
そして入れ替わったまま翼竜との戦いに突入。
紅(中身は紫)の危機に、「北条危ない!」と紅を庇う紫(中身は紅)・・・そんな二人を見て驚きながらも原因を探る仲間達。
実は前夜、寝ぼけた未来(岸尾大輔)がレオニードに入力する際、仕立て屋と賢者を間違って逆に入力したせいだったことが判明。
訂正すると二人は元通りに。
ピンクの翼竜ローザたんの攻略法をグラウから聞きだし、キャロットケーキのおかげで翼竜の魔法は解け、もとのピンクの兎の着ぐるみを着た女の子に戻ります。
兎のローザたんの声、緑川さんがとっても可愛らしい声で演じてます。
任務完了と思った矢先フェウレスが現れて、ローザの手から王冠を奪い、お礼にと元の世界へ帰る為の魔法陣を残して行きます。
そして一行はとりあえずもとの世界に戻ったのでした。

最初の方に飛鳥(鈴村健一)が一緒にお風呂に入ろうと誘うシーンがあるのですが、
その時の「はいるぅ~はいりますぅ~」と喜び勇む紅は、あきらかに近藤さん化していたような・・・どっちかというと似たようなキャラ?

フリートークのお題は、「キャラが入れ替わるとしたらどのキャラがいいか?」
鈴村さん「レポーターA、いい声だなと思って・・」
杉田さん「レポーターB、かっこいい声・・・」
 前にも杉田さんは人の答えに便乗していたような・・・。
進歩クン「入れ替わるのは紫さんでいっぱい、いっぱいです」
子安さん「紅さん、乱暴な言葉を喋ってみたい!」
(確かに子安さんが乱暴な感じの役をやっているのを、あまり聴いたことがないかも・・・)
平川さん「人の形しているなら何でもいいです。人間になりた~い」
(この中ではPCのレオニード役ですものね)
浜田賢二さん「グラウ、ちょっと挑戦して見たい!」
(今回もチュー言葉のグラウ(寺島さん)可愛かったです。浜田さんの素敵な声でのチュー言葉聴いて見たいです)


 





line

「凍る灼熱Ⅱ」ドラマCD

由孝(堀内賢雄)について行こうと決めた克美(千葉進歩)でしたが、弟(克美は最初は知らない)英司(藤田圭宣)の出現で、彼にだけは誰にも見せない優しい態度と言葉で接する由孝に、悩み苦しむ克美でした・・・繋ぎ止められるなら体だけの関係でもいいと。
そんな時英司に振られた腹いせに日本へやって来た、超俺様なワガママ王子のシェリク・アスマ(森川智之)が、克美に狙いを定めます。
「克美を一晩よこせば、輸入再開しよう」と言うシェリクにきっぱり断る由孝・・・「自分を差し出して欲しい。その代わり心をここに置いて行くことを許して欲しい」としおらしい言葉を言う克美でしたが、由孝はそんなつもりはさらさらありません。
由孝は呼び出されたシェリクに薬を飲まされ、シェリクの中東のある国へ連れ去られてしまったのですが・・・薬のせいで体の自由が利かない由孝にシェリクが迫ります・・・この時の賢雄さんの足掻き?・・・私的には呼吸困難の爺さんのように聴こえるんですけど(笑)・・・ちょっと老け過ぎではないのでは・・・こんな風に聴こえるのはきっと私だけでしょうね。
若林(大川透)に助けを借りて由孝を助けに来た克美は・・・逆に捕まってしまい、駆けつけた由孝と共にシェリクに追い詰められて・・・
命を賭け崖っぷちから由孝と共に飛び降ります・・・「まさか・・・」と驚くシェリク・・・そんな死を覚悟できるほどの強い愛を知らないシェリク・・・・。
由孝と克美はクルーザーで駆けつけた若林に助けられHappy End。
そこにでは原作に出てなかった高嶋成樹も若林との親しい関係を見せつけています・・・このCDの為に新たに追加されたシーンだとかんべ氏の日記に書いてありました(高嶋の出番が少ない為)。
さすがに主役となると進歩クンの出番も多いです。
克美は好きな声だし、是非Ⅲもお願いしたいものです。

フリートークは、森川さん、大川さん、平川さんの3川コンビと、賢雄さん、進歩クン、藤田圭宣さんの3人づつに分かれて行われていました。年齢設定の話になり「森川さん演じるシェリクは20歳ですよ~」
に、「それを言う!、それなら賢雄さんだって28歳だし・・・」と反論・・・皆さんそれぞれ凄いです!年齢違和感ないです・・・声優さんて凄い。
森川さん「凍る灼熱」って熱いのか冷たいのか分からない、なんてことを仰ってましたが・・・う~ん、どうなんでしょう・・・これは捉える方が人それぞれなのでは。
賢雄さん、「愛する人の為に命をかけられる?」の質問に、
「その時になったら違う自分が出てくるかもしれないので分からないですから」と答える進歩クン・・・「ホントに夢も希望も無い人だ~」と賢雄さん。
ホントに若くて相手のことが大好きな絶頂時ならそんな感情もあるのだろうけど・・・年齢を重ねるごとに色んなことを考えるようになってきて・・・それだけではね・・・。
収録中に賢雄さんのお腹がなったのが凄く面白かった、と進歩クン話していました・・・シェリクに薬をもられたところだそうです。
拘束王子の話は笑えますね・・・パスコレのラジオでも皆さんに拘束王子なんて言われてましたが、この呼び方定着しそう・・・。
今回初参加の藤田圭宣さんは、アニメ桜蘭高校ホスト部で鈴村さんと双子をやってますよね。
DVDで話しているのを観たことがあるのですが、わりと女性的な喋りをする方ですね。
line

今週も水曜日は進歩クン祭り?!

昨夜放送のNANAにも進歩クン出演していました!
前半部分だけでしたが、ナナのことを取材してまわるシーンとか編集部でのシーンがありました・・・来週もでるかな?・・・。

そして「銀魂」BSj
今回は2重の作りになっていて、最初にエロメスの部分をちょっとだけやって完結させ、ちゃんと予告の後EDが流れた後に「外見だけで人を判断しちゃダメ」が放送されました。
あっ!その予告は近藤さんがやっていました。
松平の娘のデートをぶち壊す為に遊園地にやって来た、松平、近藤さん、土方、沖田の4人。
近藤さんのゴリラ13には笑えます!
ボケまくる松平と近藤さんに、激しく突っ込む土方、可笑しすぎ!
一人コースターに取り残された近藤さん・・・腰を高くしている・・・
気がついた土方に、情けなさそうに小声で「トシ誰にも言うなでございまする~」と松平の娘の口真似で言う近藤さんは、変だけど可愛いキャラです。
今回も涙が出るほど笑ってしまいました!

「夜明け前より~」は最終回だったんですね。
進歩クンが出ていたから観ていたんだけど・・・やっぱり全編を通して「面白かった~!」とは言いがたかったかな。
ストーリーが今ひとつ!・・・でも進歩クンの声は毎週聴くことが出来て嬉しかったんだけど・・・。
特に先週、今週と2週に渡って水曜日に3本の進歩クン出演アニメを観れたのは嬉しかった。

いつもコミコミに頼んでいたのですが今回はインターのオフィ通にしました。さすがにやっぱり届くの早いですね「凍る灼熱2」今日届きました。ブックレットだけ見たのですが、進歩クンやっぱり髪伸びてますね。耳にかけてこぼれ落ちた髪の毛が、口くらいの長さまであります・・・私としてはもうチョイ短めの方が素敵かな・・・と思うのだけど・・・。
今夜はこのCDに浸ることとします。
明日は「俺ステ3」「東京騎士王国3」をOさんの所まで取りに行く予定です・・・ホントは今日届いてるんだけど、明日入荷する物も一緒に取りに行くので・・・年末はこれで楽しめそうだ!
line

「秋のリンクスロマンスフェアー」全サドラマCD

先月の20日が締め切りだったこの全プレCD、昨日届きました。
発送は12月~1月となっていたので1月くらいかなと思っていたら、昨日19日に届きました。
締め切りから約1ヶ月です・・・全サにしてはかなり早い対応だと思います・・・中には忘れた頃にやってくるものもありますから。
内容も結構楽しめました!
それぞれの作品にフリートークも付いていましたし・・・「月と茉莉花」以外は本編よりフリートークの方が収録が長いんですよ。
そのどちらにも遊佐さんが出ているのですが、遊佐さんの弾む会話のおかげでしょうか・・・遊佐さんファンには堪りませんね!

「騎士と恋人」7分58秒
鈴木千尋(リィト) 遊佐浩二(グリファス)
これは全く原作を知らないのですが、今回のはオリジナルショートストーリでまだドラマCD化はされてなかったんですね。
フリートーク 9分26秒
スタジオ「インスパイア」とコーヒーと阿部さんのことを語る遊佐さん。

~清間寺シリーズ~「駆け引きの行方」 8分18秒
野島健児(清間寺和貴) 遊佐浩二(伏見義康)
深沢が長期の出張に出かけた間に、和貴と伏見がチェスで勝った方が相手に何でも質問する権利を得ると言う賭けをします。
結果は和貴の負け・・・深沢との事に際どい質問をしてくる伏見に、チェスの商品を代えて今からでも寝室に行こうと誘う和貴。
「私を騙すには10年早い!」と結局は伏見にいいようにされてしまう和貴でした。
フリートーク 9分46秒
「和貴の最初の相手が伏見になっていたので、その辺の所を収録するのかと思ったら、深沢が出張に行ってる間の浮気じゃない」と遊佐さんが言ってましたが、私もそう思っていました。出来たらその辺のところ聞きたかったかな。
そしてまた語る阿部さんとコーヒーの話。
それにしても野島さん1日に10杯もコーヒー飲むなんて本当にお好きなんですね。

~月と茉莉花シリーズ~「啼鳥(ていちょう)」 8分58秒
真殿光昭(月心) 小杉十郎太(大牙)
鳥の鳴き声に耳を澄ましているところへ、「何を考えている?」と大牙が現れます。
「鳥の声を聴いていた」という月心、「この時期の鳥はつがいを求めて啼く、なんと啼いているのだろう?」と問う大牙に、「寂しい、寂しい」と答える月心。
大牙は「恋しい、恋しい」と言い、月心は「酷い、酷い」と演じているのかもしれないと答えます。
酷い!とは何故?と訊く大牙、「私を置いて知らないふりして酷いと啼いているのです」と答える月心。
もしおまえが鳥だったらあんな風に必死に連れ合いを呼ばわるか?と訊ねる大牙・・・・「あなたは如何ですか?もしやあなたがあの鳥ならば?」と聞き返す月心。
「それでは呼べばすぐに来てくれるのか?」問う大牙に、「千里を越え川を渡ってもお傍に参りましょうとも」と月心。
「その言葉があれば1日に千里を駆けることも、川の水を飲み干す事もいとわない。鴛鴦という鳥はいつもつがいが一緒にいる。この鳥は連れ合いを呼ばないのだ。だから恋焦がれて相手を呼ぶ鳥よりも、常に相手の傍にいる鴛鴦になろう。こうやっておまえを抱きしめられるように」と大牙は自分の気持ちを伝えるのでした。
何度聴いても月心の声はいいです
この二人の鳥に例えての、ゆったりとした言葉のやり取りがとても素敵でした。
そしてやっぱり月心は凄く色っぽい!声も艶っぽい!

フリートーク 8分35秒
「月心24歳、大牙23歳お互いどうなの?」と言う十郎太さんに、「いえいえ十分守備範囲ですよ!」と答える真殿さん・・・全然いけてます!月心は真殿さんしかありえない!
「鳥と言えば真殿君はどんな鳥が好きなの?」と可笑しな質問をする十郎太さん。面食らいながらも「うぐいす」と答える真殿さんは、香港に行った時に鳩を食べたけど、あまりいただけなかったという話をしていました。
真殿さんに収録の時の印象を訊かれて、「声優雑誌の取材みたいなことを訊かないで」と言う十郎太さん・・・いやいやそうゆう事は訊くでしょ!当然!・・・十郎太さん可笑し過ぎ!
真殿さんは第1巻の6人で演じた合戦のシーンだそうです。この話は第1巻のフリートークでも話していましたよね。
今回収録の時に、キスシーンは「フレンチで!」とダメダシが入ったそうで、十郎太さんエセ外人になって「フレンチ~♪」と妙なテンションで言っていたそうです。
その話から十郎太さんの友人が外人に道を訊かれ、外人口調の日本語で教えたという話をしていました。
妙なイントネーションの日本語を聞いていると、話している本人も釣られて変な日本語になりますよね。

そういえばきつねさんイベントに行った時に、サンシャインプリンスに泊まったんですけど、団体旅行の外人さんが沢山いました。
金髪だったので欧米系でしょうか?
中々来ないエレベターを待って30代半ばの男性外人サンとsakuと私の3人でやっと来たエレベターに乗り込みました。
sakuが降りて続いて降りようとした時、もの凄い変なイントネーションの日本語で「こん~に~ちは~!」と挨拶されました。
驚いた私は振り返って笑顔で会釈するのがやっとだったんですけど、sakuに「ダメじゃん!ちゃんと挨拶しないと!日本の印象悪くなるよ!」と
叱られてしまった・・・だって笑えるくらい発音が可笑しかったんだもの!・・・それもすっとんきょうな声で・・・それがまた真面目そうな外人さんだったからよけい・・・。

・・・話は逸れてしまいましたがフリートークの最後も、十郎太さんエセ外人になって〆てます。
このトークでの真殿さんすご~く柔らかな感じで喋ってます。
最初のレギュラーが十郎太さんと一緒で、よくお昼を食べに言ったりしたと話していたので、リラックスして話せたのでしょうか?・・・いやいや十郎太さんが面白すぎだからでしょう。







line

あっ!一之瀬真樹生きてた!

昨夜BSで放送分のBLEACH107話「振り下ろされた刃!破滅の瞬間」に進歩クン演じる一之瀬真樹出てきました。
もうやられちゃったので出ないだろうと思っていたので最近では見てなかったのですが・・・昨日はたまたまTVつけっぱなしになっていて、他のことをしながら横目で見ていたら、狩矢と一護が戦っている時に、木の陰から何と一之瀬が出てきたではありませんか!
「生きていたのか!!」と驚く一護・・・驚いたのはこっちも同じです・・・生きていたんですね。
「復讐は何も生み出さない!」と狩谷に刃を向け止めようと説得する一之瀬。
深手を負っている一之瀬は狩谷に手ひどくやられて、今度こそ・・・ダメなのかな?!
ひょろっと出て来た割には出番があったように思います。
一之瀬は大好きなキャラクターの一つなので、偶然とはいえまた見れて良かった~!
実はコンの声も今回初めてちゃんと聴いたんですよ・・・おまけのほうでしたけど・・・真殿さんこんな声も出すんですね。

それにしても今週は進歩クンの出演アニメ沢山見れました!
「銀魂」
「NANA」
「夜明け前より瑠璃色な」
「彩雲国物語」
「BLEACH」
「きらりんレボリュション」
これだけでも色々な進歩クンが堪能出来ます!
line

「ワガママだけど愛しくて3」ドラマCD発売決定!

「ワガママだけど愛しくて」ドラマCDの第3巻が4/27発売されます。このシーリズ大好きで(もちろん樹要氏の作品はみんな好きです)、原作を読んで是非第3巻も出るといいなぁと思っていたので、凄く嬉しいです。
だって今回CDになる部分は、進歩クン演じる一史の出番が多いですから・・・4/27というのは待ち長いくらいです。
一史の中国茶カフェでナツと秀治はアルバイトを始めるのですが、この二人をはさんで秋吉兄弟(一史・征二)の複雑な思いが絡み合います。
本当は兄の一史が好きなのに、秀治のことが気になる素振りをしてみせる征二。遂には思い余って、思い通りにならないナツの代わりに、自分を抱けと迫って一線を超えてしまいます。
実は一史も同じ思いだったんですね。
お互いを思いあってるからこそ、自分の気持ちを伝えられなかった。
そんな切ない兄弟を越えた愛!・・・これが音声になるといいなと思っていたので今から凄く楽しみ~!!
それにしても伊藤健太郎さん(征二)を進歩クン(一史)が攻めちゃうんですよ。柴彰が燕青をですよ・・・これも凄く楽しみの一つです・・・早く聴きたい!!

今日放送の「彩雲国」~女は度胸~、柴彰の出番多かったです。
見ていて嬉しくなるくらいに出番が多かった。
今回静蘭とのくろ~いやり取りも見られたし・・・その後の二人のつくり笑顔が怖かったです。
燕青がやけに親しげに、「彰!彰!」と読んで話しかけるのも聴けたし、眼鏡を外した柴彰のお顔も見れました!
今日の彩雲国では進歩クン度は100%でした。

今月発売になる「凍る灼熱2」の収録と一緒に、かんべあきら氏の自費製作CDも収録したそうです。
内容は若林×高嶋編、コミック「烈華の雫」の後ろの方に掲載されている「紳士協定」。
原作では1箇所だけ克美が出てくるところがあるのですが、どうなんでしょう?このCDには出てくるのかな?
冬の祭典くらいには出したい!とかんべ氏の日記に書いてありました。


line

三千世界の鴉を殺し4ドラマCD

原作も知らないし、CDも4巻から聴いたので詳しい世界感などはよく分かりませんが、あらすじなんかをぱらぱらっと読んでいれば4巻からでも入っていけないことは無いです。
CDの本編中はほとんどが戦闘シーン。
ニコラルーン役の進歩クンの出番は後半ちょっとだけです。
でもニコラルーンの声はとてもいいです・・・ちょっと高めのソフトな声と柔らかい口調で、天使の末裔(体つきも華奢で凄い美貌の持ち主)という設定がぴったりです。津守氏も進歩くんのボイスサンプルを聴いた時に、是非ニコラ役にと思ったほどらしいですから。
ニコラルーン、ホントにいいです!ニコラのシーンだけ何度もリピートして聴くほどに・・・。
進歩クンは今回ナレーションも担当しています。
硬質な声と喋りで、ニコラルーンとはまた違った進歩クンを楽しむ事が出来ます。
出番はそんなに多くは無いけれど、1枚で2度美味しいCDです。

1月からキッズステーションでアンジェリークの第2期が始まります。
遂にこの放送から真殿さん演じるチャーリーも出演です。
嬉しい!また一つ楽しみが増えました!
line

あっ!NANAに進歩クンが・・・!!

昨夜放送分のNANAに進歩クン出演してました。
録画したものを観ていて、あれっ!この声進歩クンだ!NANAにも出演だなんて気づいた時は嬉しかったです。
役どころはナナとレンを追っかける週間SEARCHの編集者?パパラッチ?
声はソフトな感じで、「だってぇ~・・・・だもん~」とか「めんどくさ~」なんて喋り方をする今時の若者といった感じです。
編集長に「ナナとレンの育った場所に行ってもっと詳しく調べてこい」
と言われていたので、今後もう少し出番はありそうです。

レンとタクミのやり取りは可笑しかったですね。
この二人「彩雲国」では兄弟です。
木内秀信さんの龍蓮は超変人ですけど素敵ですよね・・・このキャラも大好きな一人です。
そういえばどちらの名前も蓮の花の「蓮」。
line

アニメ「銀魂」34話~恋にマニュアルなんていらない~

アニメのほうの「銀魂」面白かったです。
フルーツポンチ侍の所はコミックを見て、桂さんとのからみ見てみたいなぁと思っていたので。
予告編のネコミミ娘ではピーンとこなかった・・・フルーツポンチ侍の印象が余りにも強くて・・・TVを見て、あっそうか電車男のパクリだったんだと思い出しました。
桂さんのウェブネームはいいのですが、近藤さんのウェブネームは一字違いで声には出して言いにくいですよね・・・近藤さんこんな役回りばっかり・・・でもあのテンションの高さで言われると、なんだか可愛かったりして。
それにしても桂さんとのやり取り、息がばっちりあってましたね。
同じ台詞を一緒に叫ぶ所なんか、気持ちがいいくらい息があっていました。来週はスペシャル?近藤さんも出番があるようなので楽しみです。
進歩クン本当に近藤さんの役楽しんでやっているようで、TVを、見ていてもそれが伝わってきます。
そんな近藤さん、私も大好きです!

そういえば「銀魂」のDVD7巻(1/24発売)に20分程度のドラマCDが付くそうです・・・もちろん近藤さん出るよねぇ~。







line

Web. S.S.D.S 第58回放送

今週も先週に引き続き事務長は風邪っぴきです。
風邪のせいかオープニングからテンション高い?!
進歩クンちゃんと病院へ行って、早く治したいからと注射と点滴を打ってもらったそうです。
最近では風邪で病院に行っても、よほどでないと注射打ってくれません・・・どうしても仕事などで無理をしなければならないような人には打ってるのを見たことがあります。
喉が資本の仕事なので、風邪など長引かせてられませんものね。
ドクターの「風邪はどこから?」の質問に「鼻から!」と答えてましたが、鼻はつらいですよね!・・・詰まっても、垂れても・・・。
そういう私は喉からです・・・そして鼻へきたら最悪・・・なので冬はマスク着用で寝てます・・・変ですかねぇ~。
そういえば医療費の話でドクター「ただにすべきだ!」なんて言ってましたが賛成!大賛成!無理だろうけどそうゆう世の中になったらいいですね。

お便りで冬はウィンタースポーツ派?それともゴロゴロ派?の質問に事務長ゴロゴロもするけどスキーもすると答えてました。
スキーするんだ!まぁ、東京からだとスキー行くのも便利ですよね。
私はもちろんスキーなんかしたこと無いです。雪降らないですから・・・。でも県内にスキー場が一つはあるんですよ・・・確か最南端のスキー場です。家からだと車で1時間半くらいで行けるのですが、タイヤに付けるチェーンのこととか考えるとめんどくさくて出かける気になりません。あっ、夏の苗場スキー場には行ったことがあります・・・プリンスの社員旅行で・・・緑が綺麗でした(笑)

最後の告知のコーナーでまたもやかんでました・・・髪の毛が口に入ったからだそうです。
そんなに髪の毛伸びてたんですね。
「カットしていただかないと~」と言う事務長に、「僕がカットするわけではない!」とドクター・・・確かにそう聞こえました(笑)。
「キッチンバサミで!」とか恐ろしいことを言ってのけるドクター。
・・・そんなものでするくらいなら私が切りに行きたい!・・・夢でもいいから・・・夢でもきっとドキドキで指は傷だらけ・・・。
カットは「失敗は許されないですよね」ということを事務長が言ってましたが・・・・人間ですもの失敗はあります・・・それをいかに誤魔化すか(口じゃないですよ)・・・それも技術です(笑)
そういえば大沢事務所って確か赤坂にあったんですよね。
あそこは上京して初めて住んでいたところなので馴染みが深いです。
赤坂といっても寮は紀尾井町にあったんですけど、坂を下れば赤坂見附でした。バイトも見附のコージーコーナーでしていた事もあるし、一ツ木通りにある美容院で働いていた事もありました。(この美容院結構有名な俳優さんとか来てたんですよ。その時は大人気の若手俳優だったのですが、今ではベテランです。その方とても礼儀正しい方で、シャンプーする私にも「宜しくお願いします」と頭を下げていました・・・ぺーぺーの私にですよ。ホテルにいた時も沢山の芸能人の方と接しましたが、こんなに礼儀正しい方はいませんでした。
話は逸れましたが、時が違っていたらどこかでニアミスあったかも。










line

彩雲国物語ドラマCD第2巻発売!!

「彩雲国物語」ドラマCD第2巻がマリンエンターテイメントより2月23日に発売されます。
内容はアニメ「彩雲国」で王都・貴陽に残った人々の物語。
劉輝や楸瑛、絳攸、もちろん黎深様もご出演です。
ジェネオンより発売された彩雲国の2つのCDはどちらも30分弱で短く、黎深様の出演もなくてがっかりだったのですが、マリンの方は期待が持てそうです。
前作の第1巻もすっごく面白かったので・・・特に黎深様の演出は最高でした。
発売が待ち遠しい!!

アンジェ、チャーリーとのEDやっと迎えました。
関西弁の告白とても良かったです!
それにこのゲームの良い所は最後のEDが動画になるんですよね。
これは見ていて楽しい~・・・遥かとかは1枚のスチルですもの。
EDを迎えて気づいたことが・・・このゲームほとんどやってなかった。2~3人適当にED迎えただけで、スチルとかもほとんど・・・というか全然埋まってない。
原因は面白くも無い「育成」・・・これがまた日にちが長い・・・やってるうちに飽きてきて嫌になってしまう・・・フレグランス・ティルも全く同じです・・・調合がだるい。
遥かシリーズはまだ楽しんでやれます・・・こんな私がフルコンプ出来るくらいですから。

line

「石黒和臣氏のささやかな愉しみ」ドラマCD

このCDちょっと前のものなんですが真殿さん主役の数少ないBLCDの1つなのでとりあえず買ってしまいました。
(それ以外の主役は月と茉莉花だけです(受け))
真殿さんこのCDでは攻めです。
とっても鬼畜な役で、声はどちらかというと黎深様より・・・なので声は凄く好きなタイプ・・・いい声なんですよ・・・でも内容が・・・。
色々BLは聴きましたがこれはちょっと・・・です。
真殿さん演じる石黒には奥さんもいて、その上でお互いに了承しあっている愛人(本編中では石黒は「犬」と呼んでいる)がいる。
気に入った千聖(宮崎一成)を自分の会社に連れてきて、周りを巻き込んでいじめて孤立させ自分だけを頼りにするよう仕向けて迫るのですが・・・この時の攻め方がちょっと聴いていていやです・・・石黒って病的に屈折してる?!(犬の調教だとか言っているし)
石黒は会社の社長(坂東尚樹)も「犬」として扱っているんですが、この二人のシ~ンがまたエグイ!うだつの上がらない50歳過ぎのおじさんの声なんですよ・・・その声で「和臣様捨てないで」とか縋っちゃうんですよ・・・そんな社長を蹴りとばして吐く暴言の数々・・・最後は3人でやっちゃうし・・・台詞も凄いしハードBLと言っても過言ではない。
お腹いっぱいを通り越して胸焼けがします。
真殿さん自信の声はすっごくいいし、モノローグも石黒側なので沢山喋ってます・・・なのにもう聴きたくない・・・。
原因は和臣自信の屈折した性格と台詞、そしてなによりあのおじさんだけは勘弁して~!
このCDは永遠に封印です。

line

「彩雲国物語」29話~一日千秋の思い~

やっと秀麗一行は琥へ向けて出発しました。
出発の際、柴彰と金華太守である父君との微笑ましい憎まれ口のやり取りも見られました・・・この辺台詞も原作に忠実に作ってあります。
今回は全編通して柴彰(千葉進歩くん)の出番もちょこちょこあったので、見ていて楽しさも倍増!
前回はいかにも有能といった感じで喋っていたのですが、今回はひょうひょうとして、本心を窺わせない(煮ても焼いても食えない)感じがよく出てました。(原作を読んだ感じでは、これが本来の柴彰のイメージ?!)
「時は金なり」と言う柴彰に、「どんな時もソロバンはじいてるのね!」と秀麗が言うと、「褒め言葉と受け取っておくよ」としれっと言ってのける柴彰・・・ソロバンといえば事務長!・・・ちょっとキャラかぶってる?!・・・人間的に柴彰の方がシビアかな。
燕青とのやり取りも「全力で!」と言うのに対して、「8割・・・」と言う柴彰・・・根底では信頼し合っていて、その上でそんな会話を楽しんでいる二人が見ていて楽しかったです。
活字で見ていたものが、実際映像や声になってみるとホントにそのキャラクターに命が吹き込まれたような気がします。

今回絳攸の新たな欠点発覚!・・・凄く寝相が悪かったんですね。





line

ウェブラジオ「彩雲国物語」双剣の舞第6回放送

12/7UP分は檜山さんがゲストでした。
番組の中で、「彩雲国」のキャラクターの一人にスポットを充てて話を進めるコーナーがあるんですが、今回はあの黎新様でした。
関さんお願いだから、黎深様の名前くらい覚えてて下さいね。
秀麗と召可様には異常なほどの愛情で、「アレは変愛だ!」とか「犯罪者もキャラクターによっては笑える」なんて・・・「犯罪はしてない・・」と檜山さん・・・とんでもない言われようです・・・あんなに素敵なのに!
その上この役をやってるマウスプロモーションの、この方はいったいどうなんですか?どういう人なんですか?なんて質問を投げかける関さん・・・そんなこと聴いちゃうの・・・。
緑川さんは、「黎新様と似てるところはある。いい意味で切り捨てる!
本音で話してくれる、バサッ、バサッって」とおしゃってました。
檜山さんは真殿人格攻撃?!なんて言ってましたが、「見た目気難しい感じがするけど、話してみるとおもしろい」とも言ってました。
それに対して関さん、「好きですか?」と訊いてきます・・・緑川さんはもちろん「好きなタイプだ!」なんてことを言ってました。
真殿さん、第一印象は気難しい感じがするのかな~。どちらかと言うと一人の時は考え込むタイプだと言っていたし、少年時代は寂しい少年だったとも言ってました。

真殿さんの声聴きたさに昔のアンジェのゲームを引っ張り出してやり始めました。何人か攻略してそのままだったので・・・・。
やり始めるとやっぱり育成はだるいです!それにほとんど字幕で喋んないし・・・「いらっしゃい」とか「ほな、気ぃつけてな!」くらい・・・こんなにこのゲームボイスなかったっけ~。
EDを迎えないと商人であるチャーリーの場合は、ほとんどボイス入ってないのかも・・・デートの時くらいしゃべれ~!!
line

事務長、風邪っぴき?!

一昨日UP分のWeb S.S.D.S57回放送・・・あれっ!進歩クン声変じゃない!風邪でも引いたのかしら・・・と思ったら速水さんも風邪ひきのこと突っ込んでいました。
さすがに12月に入って寒い日が多くなったし、仕事で生活のリズムが不規則になりがちなので体調でも崩したのでしょうか。
2週に1度の収録なので、このウェブラジオを聴いていると進歩クンの体調わりとよく分かります。
特に風邪は声にすぐ出ますから・・・でも風邪っぴきの進歩クンの声もよりソフトな感じで好きなんですけど・・・風邪は長引くとつらいし、昔から万病の元というので早く治して下さいね。
そういえばこの放送から、投稿メールはウェブネームだけではなく年齢や○○県とか住所まで言うようになったんですね。
なんとなくこれは恥ずかしいかも・・・・。

昨日sakuが「そのまんま東見た~」と言ってました。
なんでもジャージ姿でジョギングをしていたらしいです。
何週間か前もジョギング姿の目撃情報が・・・母が病院から帰ってきて言うには、その病院の薬局の上に事務所を構えるとか・・・やっぱり知事選立候補するの・・・。
そういえば元極楽トンボの山○さんもこの近くに居るんですよね。
真面目に働いたり、介護の講習受けたり、サーフィンしたりして過ごしている姿が見かけられるそうです。





line

武装連金!

第5~8話観ました。
う~ん!真殿さんの蝶野(パピヨン)凄い!というか何というか・・・。蝶野自信、跡継ぎの事しか考えない冷たい父親や家族の中で育ち、重い病に罹ったとたん見放され可哀想な生い立ちなのですが、生きる為に人間型ホムンクルスとは凄い飛躍です。
第6話はそんな蝶野の家族が出てくるのですが、1歳年下の弟二郎が蝶野と瓜二つ。二郎も真殿さんが声を出しているので、この回出番がとても多かったです。
それにしてもパピヨンに変身した時の姿・・・Tバックのパンツ1枚なんて・・・キャ~!それも核鉄を変なところから出し入れしてる・・・変なタイツ姿の方がまだマシ・・・こんな悪役見たこと無い・・・エグ過ぎる・・・声は凄くいいんですけど。

8話には進歩クンも悪役、ホムンクルス陣内という役で出演してました。鞭を持ち、その先から音波のようなものを出し人間を操ります。
ビジュアル的にはまぁまぁでしょうか。
悪役という割にはさすが進歩クンが演じるだけあって、言葉使いがとても丁寧なんですよ・・・です、ます調で。声は低めのドスを利かせたような声でかっこよかったんですが・・・最後はあっけなくやられてしまいました・・・しかも「痛~い」とか叫んでるし・・・。
でもいつもと感じの違う進歩クンの声を聴くことが出来て楽しめました。

彩雲国ゲストトークスペシャル、前に放送された分をまとめて放送したものだったんですが、未放送の分も今回放送されてました。
特に真殿さんの場合後半部はチャングムについて語っていたので、その部分は削除され、前回放送されなかった声優になったきっかけとかを放送していました。
大阪出身の真殿さん吉本新喜劇が大好きで、自分も人を笑わせたり何か伝えられるような仕事をしたいと思ったらしいのですが、直接的なきっかけは高校時代の仲が良かった女友達から「声がいいよね!」と言われたことだったそうです・・・えっ!もしかして彼女?!・・・確か潤じゅんのきっかけも高校時代の彼女でしたよね。
進歩クンは何かのトークで「学生時代は全然女っ気なくて・・・」なんて話してたのを思いだしました・・・私も女子高だったので男っ気は全くなく女っ気だらけでしたね(笑)・・・なにしろ同じ敷地内の校舎の隣に修道院とお御堂(教会)があるような学校でしたから・・・先生も3分の1はシスターだったもの。でも女の子ばっかりっていうのも楽しかったですよ。女の子なので嫉妬みたいなものは結構ありましたけど・・・
○○とばっかり仲良くして~みたいな・・・それが1番煩わしかったかな。なので男子高などでもBLって実際ありえるだろな~と思います。
ってかあるでしょ!やっぱり!同性の中だけにいるとそれがすご~く楽で、心地良かったりする時があるんですよね。

裏パスコレで「凍る灼熱2」の収録現場インタビューをやっていました。今回前編は森川さん率いる3川コンビだそうです・・・平川大輔さんと大川透さん。
今週の金曜日UP分に進歩クンは出演するそうです。
この収録現場インタビュー、前はもうちょっと長めで面白かったのに、
最近では手短に挨拶をする程度になっています・・・もっと現場での楽しい雰囲気聴きたいのに~・・・まぁインターさんのはCDにフリートークが付いているのでしょうがないのかな。
「凍る灼熱」続編の文庫本「蜜の棘」も出たんですね。
知らなくてOさんに勧められて買って読んだら結構面白かったです。
由孝の弟英司の結婚式の為、シェリクに招かれある中東の国へ克美と出かけて行き、そこでシェリクの従兄弟ザイードどすったもんだがあり、
克美は改めて由孝への愛を確認し、遂に英司の結婚式の最中にドサクサに紛れて由孝は克美へ結婚指輪を送り、「誓います」と囁きます。
どうせならここまでCD化して欲しいですね・・・聴いてみたいです。

「凍る灼熱」フェアーというのをやっていて、小冊子全員サービスがあります。
文庫本「蜜の棘」と12/9発売のコミックス「烈華の雫」の応募券2枚を定額小為替1000円分と送ればいいそうです。
内容は小説&マンガを収録した小冊子。
このシリーズは結構好きなので応募しようかな。

驚きです!今朝のTVでそのまんま東さん知事選に立候補と言ってました。冗談でTVではよく言ってましたけど・・・ホントにするのかな・・・。



line

こんなところから電話が・・・。

昨日セイントのファンクラブからTELがかかってきました。
遅ればせながらまだ会員募集をやっていたので、先日入会しました。
来年もOthersのCD発売があるので、会報のCDにも進歩クンが出演するだろうことを期待して・・・これだけは入っておかないと買えないものですから。
それで何故TELが来たかというと、会報のみを発送して会員証を入れ忘れたから後で会員証だけ発送しなおしたという事だったのです。
驚いたのは連絡先に携帯番号を書いていたのだけど、かかってきたのは自宅のTEL・・・えっ~なんで知ってんの?!
考えられるのは前にビッグ・ガン~を買った時にもしかしたら自宅の番号書いたのかも・・・。
前日歯医者に行っていて治療中電源を切ってそのままだった・・・いつもこんな調子です・・・連絡そんなに急がなくても次の日でも良かったのに・・・きっとなんかのデーターに残ってたんでしょうね。
病院では携帯の電源切るのがマナーなんですが、前回行った時にうっかり切り忘れました。
間の悪い事に治療中にメールが・・・益永和実の声で「あっ、メールが来たみたいです」と静かな治療室の中に響きわたった・・・あ~もう、顔から火が出るくらい恥ずかしかったです。
この「あっ!」が妙に色っぽく聴こえるのは私だけでしょうか・・・別の進歩クンの着ボイスに変えました。
そんなことがあったのでしっかり電源を切ったら、今度は入れるの忘れるなんて・・・

iの人気1位だそうです!凄い!
私が買った頃はあまり走ってなかったのですが、最近ではよく見かけるようになりました。
と言うかCMの値段をみてびっくりです・・・なんでこんなに安いの!
私が買った時と値段設定が全然違う!
ニューモデルはそんなもんだよ~と弟は言うけれど、調べてみると安い方はターボ車ではないんですね。
発売当初は全車ターボという設定価格だったんですよ。
それが後になって普通のiも発売したんですね。
それにフロントがUV&プロテクトガラス(普通のはただのUVです)じゃないし、キーレスオペレーションシステムでもない。
ちゃんと調べると納得!値段だけ聞いた時には「早く買って損した~」と憤慨したもの。



line

明日の彩雲国ゲストトークスペシャルは?!

明日放送の彩雲国ゲストトークスペシャルは、これまで「衛星アニメ劇場」のスタジオにゲストで来られた、桑島法子さん、檜山修之さん、真殿光昭さん3人のトークをまとめて放送するそうです。
真殿さんが出演した時、前半部分は録画し損ねたので嬉しいです・・・だって後半部の5分を何回観るやら・・・柔らか~い感じの喋りと物腰、それにちょっとはにかんだ感じが堪りません。
一人10分位ずつあるので3人でちょうどといったところでしょうか。
昨日は真殿さん関連のHotel MausuのCD2枚とネオロマDVD、それと真夏の被害者ドラマCDを入手しました。
ネオロマのDVDでは、ノリノリで歌って踊っている真殿さん・・・う~ん凄い!・・・激しくノリノリだった・・・。
でもミニドラマのチャーリーは可愛かったです!
line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。