スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

素顔のイ・ジュンギDVDプレミアム・エディション

第1回ファンミーティングの映像を観ながら、一つ一つにその時の思い入れやエピソードを語るジュンギ・・・ホントに真面目で一生懸命な姿が好感が持てます!・・・その内機会があれば是非参加してみたい!
控え室でおどけて踊ってみせるジュンギ・・・踊りながらスプレー缶を投げてキャッチする動作が上手くいかなくてムキになってる姿が(スタッフに諌められても)子供っぽくて激カワ・・・こんなの見せられちゃファンは堪らんです・・ホントに・・・お茶目な?腰つきのダンスも・・・いや、なにをやっても可愛い!
フライダディのメイキング映像も良かった~!
ファンミーティングで一緒にダンスを踊っていたヒョンジュンssiは、フライダディで一緒に共演していたんですよね・・・この方韓国ではダンスでは有名な方だとか・・・そういえばオーバーザレインボーでもチ・ヒョヌと素敵なダンス姿を披露していました・・・小柄で可愛らしい感じなのに踊ると凄い!
そんなヒョンジュンssiとジュンギの親しげな様子が微笑ましい!
後はCM?ポスター撮り?の風景などなど・・・素のジュンギの表情が満載!
同梱の30Pの写真集も嬉しい!・・・これでこのお値段だとってもお徳・・・ファンは買っても損はないです!

イルジメやっと韓国で5月から放送になるそうです。
このドラマのために8kg豆腐ダイエットで減量したジュンギ・・・顔がシャープになってとても素敵・・・それにイルジメの衣装もとっても似合っているし、早く観たい!!
昨年9月に東京で見た時はやっぱりちょっと太っていたんですね・・・顔がふっくらして、集合写真を見てもコンギルをやっていた頃や、今とは違いがはっきりしている・・・菜食主義とは聞いたけどもともと太りやすい体質!?・・・顔にでやすい?
イルジメはスタントも使わず水中8時間の撮影をやったとか・・・顔に傷を負ったりもしていたし(あの美しい顔に傷が・・・それさえも絵になってる)・・・このドラマは見逃せない!!
4月17日がジュンギの誕生日で、4月27日にはソウルでバースデーイベントが開かれるようです。
日本からのツアーも企画されていて、内容はファンには堪らないものでした。
イベント終了後に、日本ツアー参加者だけとジュンギのトークを聴きながら食事会、写真撮影、握手会、直接サイン、私物のオークション、参加費は138000円、2泊3日・・・いいなぁ~。
最近は韓国にも興味がわいてきてそのうちにはと思ってはいるんですけど・・・ココからソウルまで飛行機で1時間40分、東京に行くのとまったく同じ、近いんですよね!
このツアーは九州では福岡発着なのでそこまで行くのが大変だし・・・4・5月はね・・・。
ファンクラブ設立時には年1回ゴールド会員の為のファンミーティングを開催とあったので、それを待ったほうがいいなぁ・・・東京に行くにのには何の抵抗もないんだけどなぁ~。

今頃になってジュンギの特大カレンダー買いました・・・見るだけでうっとり
でもカレンダーを見たrikuには「気持ちわる~、夢に見そう!」なんて失礼な言いぐさ・・・何故か彼女らにはジュンギの良さが分らない・・・東方神起はまだ分ってくれるんですけどね。
今観たいなと思っているのは「ありがとうございます」・・・1話だけ観たけど凄く面白そうです。
何より「恋するハイエナ」に出ていたシン・ソンロクがメインの一人として出ています・・・この方「恋するハイエナ」ではゲイなのに女性を好きになり悩み苦しむ役をやっていました・・・物静かでぶっきらぼうで大人な感じのシン・ソンロクが私の中では上昇中です。

スポンサーサイト
line

バッカーノ!!

原作も知らないので、世界観よくわからんなぁ~と思いながら、いつになった進歩クン演じるヒューイは出てくるんだろうと、なんとな~く観ていたんですが、やっと先週放送分(アニマックス)に出てきました。このアニメやたらキャストが凄い!・・・というか人数も凄い!・・・そのわりには結構喋っていたので嬉しかった~!
ヒューイは見た目も超カッコイイのですが、声がまたとてもカッコイイのです!・・・ちょっと低めの冷たい感じの喋り方がいい!!
内容はちょっとグロイのですが、あの声が聴けるならOK!
プティフールのシャルのような可愛い声もいいのですが、次はアークのような端整な声か、中野旬次のような男っぽい声での乙女ゲー出演してもらいたいなぁ~・・・というか希望です!!
line

プティフール最後のCGがやっと・・・♪

プティフール最後のCGがやっと開きました!
データーを全部消して最初からやり直すのは、ホントにだるかった~!
と言っても最初の分は自分でEDを迎えたのは3人・・・残りはsakuがやったんだけど・・・ついでに勝手にアナザーストーリーを開いたのもsakuで、おかげで最初からやり直すはめに・・・これで乙女ゲーにはまったsakuはラブレボを買ってやり始めたので、責任を取ってくれる筈もなく・・・一人頑張って最初からやり直しました・・・遥か4の発売も延びたし、ジュンギのDVDが来る前に終わらせようと思って必死で・・・。
やってると集中力が欠けてしまって、クイックセーブを忘れて最後の31日の選択を間違えてしまってノーマルEDになってしまって最初からやり直しとか・・・あと1週間という所でバグっておかしくなってこれまた最初からやり直しとか・・・ああ~ホントになにをやっているのか・・・もうやめようかと何度も葛藤しながら、なんとか最後までたどり着きました。
・・・で開いたCGは限定版のドラマCDのお話、それぞれのキャラがRPGの扮装をしたイラストでした。他のCGはシーン再生で会話が聞けるんですけど、これは1枚のイラストのみ・・・このCGにもドラマCDの中の会話が付いていると思ったのに・・・残念・・・イラストだけとは・・・この1枚を見る為に3日間も頑張ったのか・・・シャルの白魔道師姿はやさ竜のあの方を思い出します・・・。
このおまけCGは全部のEDを見たところで開きます(全キャラED、ノーマル、ハレームED)
アナザーストーリは全部のEDを見たら開くようになっていればいいのに・・・1つのEDだけでも開いてしまうから、これを先に見てしまった為に最後のCGが開かないという人が沢山いたみたいです。
人間の真理として、アナザーストーリーなんてものが出てきたら、思わず開いてしまいますよね!
思わぬゲーム漬けの日々でした・・・。
line

院内感染

6月6日に発売される「院内感染」に進歩クンが八木朋也役で出演ということで、さっそく原作を読んでみました。
中々重い!・・・というか深い!というか、ドラマティックな内容ですね!
医師の八木朋也は妻子がありながら、同僚の伊織と深い関係に・・・そんな時伊織に見合い話が・・・「僕を愛していると言えば僕は永遠に君のものでいる」と迫る朋也に、「大人なら割り切れるはず、そろそろペースダウンさせないか」と突き放す伊織。
そして伊織の誕生日の日に飲酒運転で事故を起こし伊織の元へ運ばれてきた朋也・・・必死の伊織の治療も空しく朋也は昏睡状態に・・・今更に愛していると泣き叫ぶ伊織。
二人がいつも情事を重ねていたのは、5年もの間昏睡状態の少年、橘の部屋だった・・・そして朋也と入れ代わりに目覚める少年。
朋也がああなってしまったのは自分のせいだと自分を攻める八木は病院をやめ、離島で医師として働くのでしたが、そこへ橘がやって来て・・・実は早くから目覚めていた橘は朋也とも話をしていた・・・その上で伊織のことが忘れられない橘は伊織と関係を持つのですが、伊織の気持ちは朋也にあることを知って、朋也が事故に遭う前の朋也との話(自殺するはずがないこと)を聞かせます。
再び朋也の入院する病院に戻って、「愛してる」と伝え続けて35日目の夜朋也は目覚めるのでした・・・伊織を愛した記憶を失って・・・最後は「本当は覚えてんだろう!」と言う橘の言葉に、「私はinformed consentしない主義。」と書いて答える朋也でした。

BLにしてはとってもディープなお話。
でもこのドラマティックな展開には凄く引き込まれてしまいます。
伊織がとっても切ない・・・そんな伊織は遊佐浩二さんが演じるそうでとても楽しみです。
BLって受けがクローズアップされることが多いんですけど、この話は伊織がメインですよね・・・と言っても橘とはリバで伊織は受けもやっています。
それに朋也は昏睡状態に陥ってからは、ずっと橘に取って代わられて、最後の方に出てくるだけ・・・やっぱり美味しいのは遊佐さんですよね。
それにしてもこのCDってどこから発売されるの?

「遥か4」って6月に発売延期になっていたのね・・・ショック・・・予約して全然確かめもしなかったので、もう来る頃だと思っていたためガッカリしました・・・3ヶ月も先延ばしなんて・・・・。
キャラも随分と増えていたんですね・・・キャストがどうなるのか凄く楽しみです。


line

S.S.D.S秋の診察会DVD

秋の診察会のDVDが昨日届きました。
早速昨日オーディオコメンタリー以外は観たんですけど、裏切らない面白さでした!
観ているとあの時の瞬間が甦って来るようです!
賢雄さんの千に三つの真実も笑えたし、チバンシー、デュエットの相手に目を見つめながら一言!など”もう一度観たい!”と思ったところが多数収録されされていて楽しめました!
それに最後には今までにはなかった、出演者一人一人のコメントも収録されていて美味しかったです。
エンドロールには、リハーサルの風景も・・・サービス満点のDVDです。
・・・でこのDVD観ていてをあることに気が付きました・・・檜山さんなんですけど、前髪を下ろして、たぶんファンデーションか何か塗っているのか、可愛らしく見えるんですよ・・・それが誰かに似ている・・・誰だっけ!・・・あっ!森公美子さんだ!そう思って見れば見るほど似てる・・・こんな風に思うのは私だけかしらねぇ~。
今日はオーディオコメンタリーでも観ようかな・・・そういえばオーディオコメンタリーに事務長が出たのは最初の「お名刺代わり」だけだったなぁ~・・・事務長も出てれば良かったのになぁ~。

line

「プティフール」フルコンプCG限定版の落とし穴

どうやっても開かなかった(限定版ドラマCD風の)RPGのCG!
それを開くにはまずまず6人すべてのED、ノーマルED、ハレームEDを見て最後にアナザーストーリを開くと、RPG風のCGが開くそうです。
1人目のEDを向かえただけでもアナザーストーリーは開いてしまうので、全部を見終わらないうちにアナザーストーリーを開くとRPG風のCGは開かないのだそうです。
それを見るためにはリセットして最初からやるしかない・・・マジで~高速で早回ししても1人2時間はかかってしまう・・・だるい・・・。
オトメイトのHPにメールを出すと、着払いでメモリーカードを送るとデーターを入れてくれると返事が来るそうなんだけど・・・それもめんどくさいかなぁ~。
通常版にはアナザーストーリーは付いてないので普通に最後に開くそうだ。
これは限定版のみの落とし穴!?

昨日、今日と暖かいというより、外は暑い!
とくに車の中は・・・花粉が入るので窓を開けるわけにもいかないし・・・さすがに冷房かけるのもねぇ~・・・。
そういえば私の愛車がまたまたリコールになりました・・・三菱からTELを貰って初めて知った。
この車2回目のリコールですよ!買って2年目!1番最初のモデルはやっぱり不具合多いのかしら!
この車ホントに運転しやすくて、発進時の加速も凄くいい!その辺の普通車には負けません!
マニュアルからオートマに替えた時には力がないなぁなんて思いましたが、この車はそんなことを感じさせないし、外見も可愛いので凄く気に入っています。
そういえば先日知り合いが、新卒で入った男子がオートマ限定免許で、使えないと言っていました。
軽トラはマニュアルしかないので、軽トラも乗れないじゃないかと怒っていました。
驚きました!軽トラってオートマないんですね!ビックリです!
近くのホームセンターでは買った物を自分で運ぶ為に、1時間300円くらいで軽トラを貸し出しています・・・そういうのに乗れないってことですもんねぇ~。
それにしても男の子がオートマ限定ってねぇ~営業車はマニュアルが多かったりしますもんね!
男ならマニュアルくらい取っとけって感じです!
私の時は免許を取る時マニュアルが普通だったんですけどね・・・マニュアルの方が燃費もいいし、何より運転してるって気がします・・・でも売る時に査定が低いのでオートマに替えたんですけど・・・。
line

「花より男子」・・・韓国でも・・・

花より男子が韓国でもドラマ化ですって!
放送は2008年下半期、70分24話
日本版、台湾版には扱われていないエピソードをふんだんに盛り込み差別化をはかるそうです。
今一番韓国で注目を集めているいるのは・・・もちろんF4のキャスティング
ネットでも仮想キャスングで盛りあってるそうで、道明寺司:コン・ユ、チョ・イソン、西門総ニ郎:チュ・ジフン、ヒョンビン、花沢類:カン・ドンウォン、ウォンビン、美作あきら:チ・ヒョヌ、イ・ジュンギなどなどだそうです。
キャスティングは韓流スターから新人まで幅広く候補に上げられているらしいのですが・・・私としてはイ・ジュンギが入ってたら嬉しいなぁ~・・・チ・ヒョヌも凄く好きです・・・この二人が入っていたら最高!
でもジュンギは美作あきらよりは、西門総ニ郎の方が合うとような気が・・・。
そういえば「イルジメ」が4月からの放送だったのが7月に延びるようです・・・残念。
韓GyaOでジュンギのインタビューを観ました・・・やっぱり可愛い!何度観てもあの顔は大好きだ
line

彩雲国物語ドラマCD3(番外編)~奔流の愛~邵可と黎深と悠舜~

「彩雲国物語」ドラマCD3番外編~「奔流の愛~邵可と黎深と悠舜~」「秀麗と劉輝~あなたに会えてよかった~」~
このドラマCD先月発売されていたんですね・・・ノーチェックだったので黎深様が出ていると知り慌てて購入しました・・・買って良かった・・・黎深様ぶっ飛んでて面白い!!

「奔流の愛~邵可と黎深と悠舜~」
秀麗と絳攸の縁談話を聞きつけた劉輝が、絳攸に不満タラタラに文句を言ってきます。
そこへやって来た静蘭まで劉輝と一緒になって、意地悪~く絳攸に迫るものだから遂には泣き出して逃げ去る絳攸・・・静蘭の底意地の悪さったら凄い!
絳攸が逃げ去ると今度は劉輝に、秀麗との小さい頃の思い出話(妄想?)をこれまた意地悪~く話して聞かせる静蘭・・・静蘭の一人芝居が笑える!
一方邵可様は黎深様のたくましい想像力を働かせた妄想話を聞かされていました。
記憶を捏造して、幸せな気分に浸る黎深・・・そこへ悠舜がやって来るのですが、「どれだけ秀麗を愛しているか聞け!」と、「わが秀麗への愛その1・・・」と称して延々と思い出話を聞かせる黎深・・・ホントに黎深様のほとんどが捏造といわれる妄想話の一人芝居が笑えます・・・そしてそれを聞かされている邵可様と悠舜の二人のヒソヒソ声での愚痴りというか突っ込みが最高に可笑しい!!
自分で二人に新作の仮面を見せておいて、その感想を言い始めると「いつまで仮面のことを話してるんだ!」と怒り出す勝手さには脱帽です。

「秀麗と劉輝~あなたに会えてよかった~」
出会ってからのお互いの二人のことを、秀麗と劉輝が交互に語り合っています。

「遥かな空」秀麗&劉輝
最後にふさわしい、中々良い曲です。
何よりお二人とも本当に歌が上手い!
サビの部分の歌い上げ、デュエットが素晴らしい!
サビの部分の「遥かな空が~」の部分は関さんの声で聴いていると、どうしてももう一つの方を思い出してしまいます。

キャストコメントではやっぱり皆さんあの方のお話でした。
桑島さん:黎深様の変態ぶりを堪能できて大満足でした。
関智一:真殿さんの変愛ぶりは好きなんですが、色んな現場でまともな役をやっている真殿さんをココしばらく見ていません・・・すごいなぁと思います。・・・最近まともな役やってないの?
森川さん:真殿光昭という変態役者がとつとつと池田さんに変態ぶりを語っている楽しいCD。
檜山さん:養い親の暴走っぷりはホント大変!
緑川さん:真殿さん大活躍だったのですが、お腹が痛いのに芝居に入ると微塵も感じさせない・・・プロだなぁ~かっこいいなぁ~そんな声優になりたい!・・・で爆笑・・・真殿さんの「ありがとう!」のひとことがまた笑えました。
真殿さん:最初から「紅変態役の真殿光昭です」と笑わせてくれます・・・あげくに「ポンポン痛いでちゅ!」・・・真殿さん最高!。「すっごい痛いんですよ!」と語る真殿さんは神奈さんに相談したそうなんですが、「気のせいだよ!」と一蹴されたそうです。
神奈さん:真殿さんと緑川さんの変態ぶりには驚かされた・・・違うのか・・・役が変態なのか・・・と言う神奈さんに「気のせい!気のせい!」との言葉が・・・。

皆さんが言っているように、ホントに黎深様の真殿さん、最高に面白かったです。
涙出るほど笑ってしまいました・・・16分と短い収録ながらも本当に楽しませてくれました。
やっぱり真殿さんいい!大好きです
アニメの方は先週最終回を迎えて寂しい限りなのですが、原作の方では黎深さまのお話もあるようなので是非CD化して欲しいものです。

あっ・・・スクリーンセーバーがプティフールに替わってる・・・しかも勇だ!・・・saku の仕業だな!
まったく・・・シャルにすればよかったのに・・・でも、デスクトップは替えられなかったらしい・・・さすがに
ジュンギを替えたら怒るもんね!

line

プティフール・・・CG最後の1枚が・・・。

プティフール、最後の1枚のCGがどうしても埋まりません・・・
最後のページの1番下、ハーレムEDとアナザーストーリの間のCGです。
なんでも限定版ドラマCDのRPG風のCGだそうで、どうしても見たいんだけど・・・どうやったら見れるんだぁ~。
このゲーム、なんだかsakuがとっても気に入っていて、その一枚のCGを開こうと躍起になっています・・・なんだかねぇ~鈴木達央さんが好きだと言っていたのに、檜山さんの演じているキャラ”勇”にはまってしまって、キャラソンも欲しいというので3枚セットで購入することにしました・・・まぁドラマCDも付いてくることだし。
そういえば”勇”と”静”が人気があるようですね・・・この二人のどっちか(勇派or静派)に分かれるのだそうです・・・私はやっぱり何が何でもシャルですけどね!!
他のキャラを攻略している時、休憩時間にシャルを訪ねると、シャルがヤキモチを妬くんですよね・・・それが凄く可愛い・・・あの声で「・・・凄く寂しかった・・・」というのですからたまりません。

チャンネルNECOでLEGEND OF BASARA放送していたんですね。
この作品はすっごく好きでDVDを何回観た事やら・・・それに進歩クンは飛車という役で出ているのですが、この作品の中では沢山の兼ね役をやっているのでとても楽しんで観られます。
3月の放送は5~8話が2日と6日に放送済み、9話~13話(最終話)が24日・27日・30日の3日間の放送です。
進歩クンの出演作品としては飛車としての出演は少ないのですが、とにかくいたるところで兼ね役をやっているので、進歩クンファンとしてはそれを見つけるのも楽しみの一つです。
それと塩沢兼人さんと速水さんがすご~く素敵なのだ!!
line

プティフール★限定版特典CD★アナザーストーリー

限定版特典CDは60分ちょっととボリューム満点で、内容はドラマが33分、残りは出演者のコメントが入っていました。
お話の方は「ビストロクエスト!?・・・たぶん伝説!?」
神経質を武器に世界を震撼させる魔王となった誠司が芽衣をさらって行ってしまった。
メイを救うべく戦士:勇、白魔道師:シャル、勇者:和樹、?:悠太の4人がいざ助けに行こうと立ち上がるのですが・・・実際は汚らしく横暴でうるさいパーティの中には置いてはおけないと、芽衣の身を案じた誠司が休ませる為に連れてきただけなのですが・・・四人がクリスタルパレスに着くとそこに芽衣の姿はなく・・・ずっと無気力なナレーションをしていた静香がラスボスだった・・というところで和樹が目を覚ますとそれは夢でした・・・というオチでした。
シャルが本編とは違ってちょっと意地悪なのが新鮮で可愛かった~(とくに悠太に)
ダメージを回復させる力を持つ白魔道師シャルの呪文、「痛いの痛いのとんでけ~!」の可愛いこと・・・なのに悠太に回復を頼まれると、「え~っ!」「酷い怪我ですねぇ~、でもマジックポイントがたりないんです(裕太の分だけ)」と冷た~く言ってしまうシャル・・・ホントに笑えます。

コメントでは、胃薬は飲まないけど「ウコン」は飲んでいるという小野大輔さん・・・これお酒飲む方などにはとくにいいらしいですね。
得意料理は豚汁、一通り料理は出来るという立花慎之介さんは、包丁をスポンジで洗っている時に手を切って傷をドライヤーで乾かしたそうです・・・ドライヤーは凄いなぁ~!包丁を洗う時気をつけないとホントやっちゃうんですよね・・・私も全く同じ経験があります。
進歩クンはシャルル・栗林とフランス語調で言おうとして2度かんでしまいました・・・これもご愛嬌で可愛かった。女性的な優しいイメージで演じたという進歩クン、フランス語が喋れないハーフで本当に良かったと言ってました。

ゲームの方には、限定版だけにアナザーストーリーが付いています。
このお話も結構長めで面白かった・・・とくにシャル!!(取り繕うとしてドツボにはまるシャル可愛すぎ)
内容は、まかないの食事を任された芽衣がカレーを作るのですが・・・静が何かが足りないとマヨネーズをかけ始めると、それぞれが勝手に自分の好きなものをカレーに入れ始め、それを相手にも押し付け大騒動になります・・・怒った芽衣は全部をカレーに入れ責任を取れと部屋を出て行くのですが・・・
。これを食べるまでの台詞や会話が笑えます・・・何しろ食べた直後に次々に倒れていくのですから・・・シャルにいったってはエクトプラズムまで・・・まるで戦場な会話が可笑しい。
選択で話の最後の方に出てくるキャラクター(エピソード)が違ってきます。
このストーリーではセーブやクイックセーブが使えないので、間違ってもとりあえず最後までやるしかありません・・・でも選択肢と言っても2箇所なんですけどね。
もちろんシャル見ましたよ~シャルらしい可愛い内容でした。
このゲームにはハーレムEDがあるらしいのですが、どうやったらそれが出来るのかしら・・・。

line

プティフール・・・シャルED!!

昨夜シャルとのEDを迎えました・・・以外に早かった!
天然シャルの甘~い言葉の数々にはうっとりです!
・・・そういえばシャルの鼻歌も可愛かった~
それにキレると出てくる”裏シャル”には爆笑!・・・美味しいキャラです!
内容も思っていたよりも面白くて、ホントに笑ってしまうシーンが沢山あったし、楽しめました。
次は小野大輔さんのキャラ”誠司”を攻略しようかな・・・結構このキャラ気に入ってます。
特典CDの方も半分寝てしまっていたのですが、とんでもなく面白いようです・・・誠司が魔王って!・・・シャルもちょっと意地悪になってるし・・・。

修理に出していた車が戻ってきました。
何気にキーに付けていたストラップを見ると、どうもおかしい?
プレートもなくなっているし、ビーズの部分を思いっきり根付の部分に押し込んで修理した後がありありと見える・・・別に言ってくれればどうという事はないんですけど、取り繕って黙っている所がなんだかなぁ~という感じです。でも整備工の彼らが必死でこの小さいストラップのビーズと格闘しているところを想像すると、可笑しくて笑えます!
逆に言ってくれれば「ココまで直して凄い!」と褒めたのになぁ~!

今日は休日というのに、病院のはしごをして来ました。
骨密度を測ったんですけど、去年よりもさらに状態は良かった!
骨密度年齢20歳ですって!!
牛乳嫌いだし、乳製品もあまり食べないし、魚も嫌いだ!・・・なのにこの骨密度・・・飲んでる薬の副作用で本当はもろくなっていくはずなのに・・・私の知り合いは70歳過ぎの骨密度だと言われて凄くショックを受けていたのに・・・どうしてそんなにいいのと不思議がられます・・・私にもわからん!!

line

プティフール・・・。

昨夜は結局CDは聴かずにとりあえずゲームのほうをプレイしてみました・・・なんだかねぇ~これ料理のレシピが凄いですよね・・・。
進歩クン演じるシャルルは年齢、見た目とは違ってちょっと高めの可愛らしい声・・・もう少し大人っぽい声でもいいんじゃないかなと思ったんですけど、ゲームを進めていくとやっぱりシャルルのキャラ(性格)だとこんな感じの声で喋り方が合ってるのかな。
でもずっと対立していた柿崎誠司と松尾勇が遂に大喧嘩を始めた時のシャルルの変貌は笑えました。
いつもオドオドして頼りなげない優しい口調で喋っていたシャルルが、突然べらんめぇ口調で怒り出すのですから・・・完全キャラ真逆に変わっていたのにも係わらず、「○○しやがれです!」とか乱暴な言葉の最後には「です!」が付いているのが笑えました・・・最後にはテンション上げすぎて「きゅう~!」とか言って倒れちゃうんですよ・・・可愛すぎ!!・・・ああでもレシピは失敗ばかりなのでやり直した方がいいのかなぁ~(今度はレシピもちゃんとチェックしたので・・・)
line

激震のタービュランス~くされ縁の法則4~アフレコインタビュー

マリンのHPに5月21日発売される、「激震のタービュランス~くされ縁の法則4」のアフレコインタビューが掲載されてました。
結構長めの、楽しい会話の数々が掲載されていました。
今回遊佐さんが「先輩の鷹司と藤堂が沢山喋った・・・」と言っていたように、二人の出番が結構多いようです。
進歩クンも「藤堂とばかり掛け合ってきたのが、少しずつ違う人とも掛け合うようになった。」と言っていましたし・・・ホントに前作までは鷹司は藤堂としか喋ってなかったですもんね・・・やっぱり話の中にこないと面白くない・・・。
神奈さんが「そのうち藤堂鷹司ということに」なんて自分で言っておきながら、「俺は進歩と喧嘩したくないなぁ~・・・芝居でもやだ」なんて可愛いことを言っていました・・・仲がいいんですね!
進歩クンはテストの時に「もっと高めに甘く」とリクエストされ、「自然体でやったつもりだけど、時間に抗えない自分がいて・・・」なんて事を言ってましたが、全然イケてると思いますよ!進歩クンの爽やかボイス!
メッセージでは遊佐さんが、「満を持して鷹司先輩が立ちましたので、その辺の男っぷりを見て欲しい」と書いてありました。
このシリーズの中での鷹司と藤堂の出番は、今作品が一番期待出来るのかな・・・今まであまり好きではなかったこの作品、今回はちょっと楽しみになりました。

プティフールが今さっき届きました!
予約特典ドラマCDを聴こうか・・・声優インタビューを先に聴こうか・・・それとも先にプレイしてみる!?・・・しばらくはこれにはまりそう・・・遥か4が来るまでにシャルル攻略できるかしら・・・。
これキャラソンも出るんですね・・・鈴木達央さんと一緒だと聞いてsakuが喜ぶ喜ぶ・・・ああ~でもこれ3枚まとめて予約するとドラマCDが付いて来るんですよね・・・どうするかなぁ~。
line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。