スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「愛かもしれない」ドラマCD

山田ユギ氏の作品は大好きだし、進歩クンが出るとあって凄く楽しみにしていたCDです。
内容はショートストーリーが4本・・・「ありえない二人」がちょっと長めかな・・・と言うくらいで後はボリューム的にそんなに変わらないかしらと思っていましたが、音になると進歩クン出演の「冷えたビールがないなんて」が一番短かった。
☆「冷えたビールがないなんて」19:25
会社のイマイチ冴えない先輩西荻に、仕事の出来る新人高尾がなぜだか、いつの間にか西萩にはまってしまい、西萩の家にゲーム理由にして、ビールを手土産に入り浸りようになるのだが・・・。
部屋は汚くビール好き、家でダラダラしている・・・仕事もうっかりミス・・・そんな西萩を進歩クンが好演していました。なんていうのか、あの破棄のない、どうでもいいような適当な喋り方上手いですよね!
ちょっと低めの声で、若さを感じさせない喋りには、笑ってしまいました・・・凄くキャラにあてはまっていたんじゃないのかしら。
本編の後に、「ピーチパイの夜」と題してそれぞれのカップルがピーチパイのママと絡むんですけど、それが大爆笑・・・伊藤健太郎さん可笑し過ぎ!!ものッ凄い濃くてインパクト大・・・あまりにも上手すぎて、可笑し過ぎて涙が出ました・・・モノローグのつもりがダダ漏れてるってどうよ。
その、すっごく濃いママと、進歩クン演じるあの西萩のバーでのやり取りは超笑えます!!
フリートークではお相手の寺島拓篤さんに、「こんな可愛いキャラもやるんだって思わなかった・・・」なんて言ってましたけど、いやいやホントにこんなに可愛い寺島さん初めて聴きました。
役名が某線の駅名になってましたけど、進歩クン初めて東京で一人暮らしを始めたのは、西萩だそうです・・・その西萩でウサギのヒナちゃんも飼い始めたんですね。
これがないと生きていけない物では、やっぱりヒナちゃん!・・・もう飼い始めて8年も経つんですね・・・最近は目の周りが茶色だったのが白くなってきたとか・・・ウサギも白髪になるの!?・・・お年になってくるとやっぱり心配ですよね・・・。
寺島さんは散らかってないとダメ!片付けられない人・・・って・・・逆に落ち着かないような・・・。

☆「ありえない二人」29:57
やっぱりこれが一番長目でしたね。
あるカバンが縁で知り合ったカバン職人の鈴木が、実は幼い頃に別れた父親の再婚先の息子・・・気になり鈴木の所へ通ううちに惹かれあう二人・・・その間に入ってくるのが幼馴染でずっと鈴木のことが好きだった水野・・・振られた水野はバーピーチパイで・・・
無口で無骨なカバン職人の水野役の平川さん良かった~・・・低めの声で無骨な喋り方が超カッコイイ・・・個人的に平川さんはやっぱり攻めのほうが好きです・・・なんたってやっぱりオーランド・ブルームですからね・・・でも素で話す時は真逆だなぁ~。
そういえば山田氏、コミックでは無口だった鈴木の台詞をCDということで、攻めの台詞を増やしたとか・・・確かに「あれっ!」て感じでした。
それから久しぶりに真殿さん(水野)の声聴きました・・・鈴木に振られた水野とピーチパイのママのやり取りは笑えます・・・誰よりも男らしいママ(笑)・・・水野が受けは当然?・・・流された水野が気の毒だ~!
トークででは平川大輔さん、自分はひと呼んでアクション声優?だと言ってましたが、台詞をいう時に(必殺技の時など)手や足が動いたりするそうです。とくにBLの受けでは体がクネクネ・・・でも、それが自然体なのかも・・・だってそれを聴いた鈴村さんも「僕もアクション声優だ・・・」なんてことを言ってましたものね。

「死ぬほど好き」25:55
江藤は高校の同級生の柳に告白するもあっさり振られるのだが、偶然電車の中で乗り合わせて柳の旅行に同行することに・・・ワンコ江藤(鈴木達央)×ツンデレ柳(神谷浩史)のキャラがピッタリあてはまっていました。
トークでは旅行ネタだけにお勧めのスポット・・・鈴木さんは一人で沖縄に行こうとしたけど、当日台風で断念・・・急遽北海道に行ったのだとか・・・で言える事は北海道でも沖縄でも車が必要という事・・・タクシーで回ったらとんでもなくお金がかかったそうです・・・それで免許もとったとか・・・私が沖縄に行った時には10月半ばだったのでカブリオレタイプの車を借りてあちこち回ったのですが、気分は最高でしたよ・・・でも7~8月とかだったらちょっときついかな。
神谷さんはその沖縄・・・初めて行った時凄く感動したそうです・・・沖縄いいですよね!私も大好きデス。あの海を見た時には本当に感動しました・・・でも、まだあまり観光化されていない与論島に行った時には、それどころではない感動でしたね・・・やっぱり離島に行くともっと綺麗です。

「明烏」22:08
イケメン佐倉がラブホで鉢合わせした相手はなんと冴えない上司の吉村だった・・・興味本位で始まった付き合いだが、飄々として自分の感情を見せない吉村に焦りを感じた佐倉は・・・。
ブックレットにも、「しょぼくれゲイサラリーマン、周りに興味がなく低温」なんて書かれていましたが、それを上手く三木眞一郎さん演じていましたね・・・なんか哀愁が漂っていました。
トークは思わず口ずさむ歌、印象に残る歌・・・高橋広樹さんは尾崎豊の卒業、三木さんは「あおげばとおとし」・・・しかもパンク・・・これをパンクって・・・。


やっぱりBLはイヤホンで聴くんですけど(あたりまえ(笑))・・・なんだか最近段々ついていけなくなっている自分がいる・・・2枚全部聴くのに、なんど睡魔に倒れたことか・・・今度こそと気合を入れても気がつくと眠ってる~そのたびに聴きなおして・・・昔はこんなことなかったのに・・・唯一の救いは間に入るピーチのママ・・・ここだけはさすがに可笑し過ぎて眠気もとびました。
最近はドラマCDも笑って楽しく聴けるほうが好きデス。
・・・BLCD自体が苦手になって来ているのか・・・いやいや、でもコミックは読むんですけど・・・この山田ユギ作品に限っていえば個人的にはコミックで読んだほうが好きデス・・・山田ユギ氏の作品には独特の絵で伝わる面白さがあるし・・・そういえばフリートークで鈴村さんと平川さんが山田氏の作品について話していました。平川さんが「ギャグタッチで横顔でタラコ唇みたくなるところがあるでしょ・・・」なんて言っていましたけど、そういうところが山田氏の絵って可愛いんですよね・・・ってか平川さんよく知ってる~そこまで作家さんの作品を把握しているのに驚きました。
特典のフリートークCDは43分というボリュームで楽しかったです。これだけの収録時間があるのなら、送料500払ってもOK!欲をいえばあれだけ出番もあって沢山喋っていたのだから、ピーチパイのママ伊藤健太郎さんのも入れて欲しかったですね・・・せっかく相手も出来たことだし・・・。

スポンサーサイト
line

「是」阿沙利×彰伊編第2回☆やさしい竜の殺し方memorial

DEAR+先月号で紙様を使わず傷ついた彰伊。
傷を治すため無理矢理のしかかった阿沙利は「これも運命やからあきらめや」と・・・形のないものは信じない」と答える彰伊・・・そんな彰伊に阿沙利が形ならあると見せた物が、小指と小指を結ぶ糸・・・まだ少年の彰伊を翻弄する阿沙利・・・昔近衛が言っていたように、阿沙利の色気にかなうわけがない!?
そんな時に阿沙利と和記の・・・力一が死んだのは彰伊のせい・・・だから死んでも彰伊の紙にはならない・・・でも力一の遺言やから・・・望んでしてるわけではない・・・という話を偶然聞いてしまった彰伊は、ショックを受け紙様を使わず言霊を使い身も心もボロボロに・・・。
この二人こんなに紆余曲折があったんですね・・・だからこそ絆も深い・・・。
この前の近衛×琴葉編も意外と早くCD化され10月10日には発売されるので、この阿沙利×彰伊編もそう遠くはないうちにCD化されるのではないかしら。
少年時代の彰伊も森川さんが演じるのかしら・・・まぁ、森川さんは問題なく少年時代もこなすのでしょうね・・・阿沙利に関しては全然変わらないですからね。

やさしい竜の殺し方memorial
文庫本にしてはカラーイラスト満載で、しかも竜の家系図や百科事典掲載。
そして本編のその後・・・地の長老マゼランが死の間際に直面しており、またそれによって新しい地の長老も選ばなければならないというのに、アークから離れがたく迎えに来たアルマゲストの声にも耳を貸さず陰界へ戻ろうとしないウルに、ついには一緒にアークも陰界へ行くことに・・・。
地の長老マゼランはセファイドの息子だったんですね・・・しかも新しい地の長老はウルの父親バテンカイトスだし・・・ってかここにきてついにウルの父親登場ですよ・・・しかもバテンカイトスには長老たちも知らなかった事実が・・・。
それにしても誰かれかまわず嫉妬するウルが超可愛い・・・まるで子供だ。
他にはアークと戦った後の、ダンタリオンとアウロラの二人の過ごした時間や、セファイド、アウロラ、アルファードの常世の国での3人の会話、ドウマとクローディアとガイスの幸せな日々、ウルの父バテンカイトス編などなど、楽しいショートストーリー満載。
番外編は他にもCD化されたものがあるので、最後の締めくくりとしてこのmemorialも是非CD化して欲しいものです・・・またアークに会えたら嬉しいし。
そういえばやさ竜コミックス5巻とこのやさ竜memorialの2冊で書き下ろし小冊子の全サがあるんですよね。定額小為替500円で応募できるので、申し込まなくっちゃ!

明日には、マリンから「愛かもしれない」が届きそうです。
オフィ通でしかフリトークが付かないというのは、ちょっとですよね・・・。
500円も送料かかるし・・・商品価格が5000円近くもするのだから、アマゾンやコミコミだったら送料はなしですよ・・・インターだって送料かからないし。
マリンの場合いつも友達の書店で予約していたのですが、仕方なくフリートークの為だけにオフィ通しました・・・送料って結構気になりますよね・・・数買ってるとバカにならないので送料なんてなけりゃないほうがいいに決まってる。
久しぶりに進歩クンのBL・・・楽しみだ~・・・って今回は攻めなんだっけ!

line

お爺さん!ってば!!

先月事故に巻き込まれそうだった話を書きましたが、昨日も危なかった~。
前を走る軽トラがやけに遅くてイライラ・・・そしてゆるい上り坂の赤信号で停車・・・青に変わったので発進しようとすると、その前の軽トラがエンスト!・・・そして後ろに下がり出したよ!・・・え~っ、ブレキー踏みなよブレーキ!!・・・と思いながらクラクションを鳴らすも、下がり続ける軽トラ・・・勘弁してよとクラクション鳴らし続けて、ギリギリで止まった・・・ほっ・・・その軽トラは何食わぬ顔で発進したよ・・・坂道発進で焦ったのは分るけど、反応遅すぎじゃない!・・・と思って右折帯に入った軽トラの中を見るとやっぱりお爺さんでした・・・いやいや・・・高齢化社会、もっとこういうの多くなるんだろうなぁ。
・・・ってもう一つ、先日どう見ても80歳はいっているお婆さんが原付に乗っていた。
片側1車線の道路を端を行かずに中央よりで、しかもありえないくらいノロノロ・・・おかげで後ろは渋滞出来てしまってるし・・・でその先の片側2車線の大きな道路と交差する交差点で・・・2段階右折しなくちゃいけないのに、どうどうと道路の真ん中まで出たよ・・・ああ、きっと2段階右折も知らないに違いない・・・自分もいつかはそうなるんだけど、そうなったら早めに免許は返したほうが無難だ。
line

カラスだ~!!

忘れもしない2年前、ちょうどSSDSのイベントで上京した時に失踪したカラス!
度重なる警察からの電話に、気もそぞろでイベントに参加しました。
その後10日後に、東京に居るのを発見され無事帰ってきたのだけど・・・こっちからいくら電話をかけたり、メッセージを残しても彼女から連絡が来ることがありませんでした。
・・・まぁ、普通に考えてバツが悪くて連絡出来ないのだろうと、コチラから無理に連絡を取るのをやめたのですが、それから約2年・・・昨日ベスト電器で誰かがポンポンと肩を叩くので振り返ると、カラスが立っていた・・・「迷惑をかけてごめんね・・・」と・・・その一言でやっと吹っ切れたんだなぁ~と思いました。カラスの家が大型店のスーパーなどが集まる場所に近い為、それ以前はよく買い物に出かけると会っていたのだけど、それ以降全く会わなくなった・・・というかたぶんカラスが避けていたに違いない・・・話の中でそんなようなことを言っていた・・・それがやっと吹っ切れて自分から声をかけて来たのだ・・・人間色々あるし、逃げたくなるようなこともある。だけど今、それを乗り越えて、こうして元気で声をかけてくれたことがとても嬉しかった。
実を言うと、前に一度見かけ時に気づかぬフリしてカラスが去ったので、その後また見かけた時には、彼女の気持ちを考えると声をかけられずにいた。
彼女自身もリンパ腫という病気と戦いながら、薬の副作用に悩まされてるという・・・そんな彼女が私の病気のことを考えると自分も励まされる・・・と言ってくれる。
かけがえのない友達を失わなくて良かった。
それにしても2年ぶりのカラスも、やっぱりオタク度は高く、熱く語っていた・・・やっぱり心のオアシスは必要だもんね。

line

どこから飛んで来たのか・・・。

5844
最初は草が生えたのかと思っていたら・・・いやいやこんなに成長して花までつけました。
いったい何の花?・・・どこから種が飛んで来たのやら・・・。
私の家の入り口・・・コンクリートの僅かなスキマから芽を出して、ホントにたくましいものです!
さすがに引っこ抜くのも可哀想なのでほっておいたのですが、通りを歩く近所の方もさすがに「凄いね!」と目を止めていきます。
人間もこうあらねば・・・なんて思っちゃいます・・・でもこの花が咲き始めた頃から母が悪くなっていったんですよね・・・この場所からいつも透析の送迎バスに乗っていた母・・・この花は母を見送りに来たのかも・・・。
line

☆Happy Birthday 千葉進歩クン!

昨日めでたく39歳の誕生日を迎えられたんですね!
お誕生日おめでとうございます
戦ヴァルのイベントでもお祝いしてもらったんですね・・・大きなケーキを前にした嬉しそーな進歩クンの顔が印象的でした。
ここの所、進歩クンネタから遠ざかっていましたが、戦ヴァルと07-GHOSTは観ていたんですけどね。
個人的に色々あって、気力が失せ最近ブログもさぼり気味だったのもあるんですけど・・・。
やっぱり声優さんの中では進歩クン一番なので、変わらず応援していきますよ!
これからも頑張って下さいね!!
来年こそはSSDS参加するぞ~

line

S.Y.K新説西遊記フルコンプ!

新説西遊記フルコンプしました!
あまりにもストーリが面白かったので、夢中でやってしまった(・・・それにここの所色々あったので、いい気分転換にもなったし)
とくに八話からは主要キャラそれぞれに、独自のお話が展開していくので楽しんでプレイ出来ました。
八話からの話が結構濃くて長いんですよね。
八戒の突然の行動と正体には驚かされましたが、絶体絶命の危機に国を裏切って玄奘を助けたシーンはちょっと泣けました・・・いつもちゃらんぽらんな八戒・・・実は誰よりも家族思い。
蘭花の前世、玄奘とのつながりにも驚き!・・・ってか女装の蘭花を見抜けず、トンチンカンなことを言う悟浄と玄奘が笑える~。
もっともっと驚いたのが悟空!!・・・悟空の正体にはビックリ・・・まさか考えも及びませんでした・・・しかもここではあの方が悪者だし・・・。
他のキャラは12話までなんですが、悟空だけは13話までとボリュウームたっぷり・・・しかも他のEDを迎えてから出ないと悟空のEDまで行けないし。
全部終えて見ると、どれもいいのですがやっぱり悟空いいですねぇ~。
あのやる気のない気だるげな喋り方と、戦闘モードや優しさを見せる時のギャップ凄くがいい!!
・・・というか諏訪部さん、やっぱりいい声です!!声に色があるというか艶があるというか・・・とにかくいい声だ!!・・・ああ・・・でも時々ムヒュルを思い出しました。

そして特典のドラマCD「ひとつ屋根のS.Y.K」
収録が33分もあり、聴き応えも十分!
時代は21世紀の現代・・・長男は悟空でニート、次男は律儀で融通は利かない悟浄、三男は遊び人の大学生八戒、四男はまだ学生の玉龍の四兄弟。
生活を支えているのは苦労性の悟浄・・・今日もまた玉龍の給食費が足りない!生活費がないと!悟空と八戒に文句を言う悟浄・・・働いたら負けなきがすると勝手なことを言う悟空・・・八戒は唯一の悟浄のへそくりを持って消えてしまうし・・・ついに怒った悟浄は家でをするのですが・・・。
とにかくおかしいです!自分勝手な悟空と八戒に翻弄され切れまくる悟浄は、友達がいないという玉龍にいじめにあっているのかと学校へ乗り込んで行こうとする溺愛さかげん・・・実は恐がられていてだれも近づかないマイペースな玉龍・・・大爆笑です!!

line

おくり人・・・。

先日、ずっと闘病中だった母が亡くなりました。
覚悟はしていたので、そこまで落ち込むという事はなかったのですが、やはり寂しさともっと何かしてあげられたのではないかという後悔の念は拭い去れません。
でも78歳という年齢を考えると、やりたいことをやって人生を楽しんで生きてきた母は思い残す事などないのだと思いました。
先月は一番仲の良かった従兄弟が、胃ガンと告知されてから3ヶ月という早さで38歳の生涯を閉じ凄くショックを受けました・・・未婚でまだやりたいことも沢山あっただろうに・・・。
しょっちゅう遊びに来て、パチンコ大好きで儲かると、私にまで「美味しい物でも食べなよ」と分け前をくれていた・・・なのに闘病中は何の知らせも無く、亡くなってから知られが来たのには、さすがに文句を言ったものです・・・後になって知ったのですが彼女は凄いへビースモーカーだったらしいのですが、一度も私の前では煙草を吸ったことがなく、それどころか匂いも感じさせなかった・・・そんな優しかった彼女が死んだなんて今でも信じられない。
人間なんていつどうなるか分らない・・・後悔のないように、少しは自分のために楽しんで生きるのもアリだと思います・・・ってか、私は十分楽しんでると言われるんですけど・・・(笑)。
・・・で初めてお葬式というものを出したのですが、分らないことばかりで本当に大変でした。
葬儀屋さんと決めることが山済み、バタバタと慌ただしく時間が過ぎて行き、弟と「悲しんでいる暇なんてないね」なんて話しました。
「おくり人」という映画がありましたが、本当にお世話をしてくれる方々には頭が下がります・・・髪の毛まで洗って隅々まで綺麗にして、生きているかのような化粧を施してくれました・・・本当に大変な仕事です。
驚いたのはお寺さん・・・宗派によっても違うのだそうですけど・・・びっくりする値段です・・・坊さんは一千万以上もする車に乗ってやって来ました・・・宗教法人は税金もかからないし儲かるわけだ。
そういえば最近の斎場の家族控え室はホテル並みに設備がいいんですね・・・これなら疲れも和らぎます・・・この年になって初めて経験することばかりで、ホントにまだまだ知らないことが多いのだと実感しました。
line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。