スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

DVD JAPAN乙女Festival

3つの乙女ゲーム(ネオロマ×オトメイト×B's-LOG)のメーカーがコラボしたイベントの2枚組みDVD。
ディスク1が173分、ディスク2が183分と2枚でほぼ6時間収録というボリューム・・・お値段は税込み7140円ですがアマゾンだと5200円ちょっとだったでしょうか・・・このお値段でこのボリュームは凄くお徳感いっぱいです・・・言いたくはありませんがディスク1枚でこれに近い値段のイベントDVDとかもありますもんね・・・。
内容はキャストも多く超超豪華!!
ライブドラマも面白かったのですが、バラエティコーナーの「チーム対抗!胸キュン☆クイズ」「ビーズログTV恋愛番長出張版」が爆笑ものでしたね・・・垣根を超えてのキャラの共演が面白かったです。
とくに笑えたのが「チーム対抗!胸キュン☆クイズ」の薄桜鬼の沖田総司の台詞の虫食い問題・・・MCの杉田智和さんが森久保サンの物真似で台詞を言えば・・・当然お前もやってくれるんだろうと緋色チームの代永翼さんに物真似での回答を強要・・・その後は言うまでもなく皆さん森久保サンになりきって・・・ホントに笑えました!
個人的にはライブドラマ「猛獣使いと王子様」の梶裕貴さん演じるエリクがめちゃくちゃ可愛かったです♪
その他には各キャラのメッセージやキャラソン、一同に介した沢山のキャラ達を見れて壮観でした・・・このお値段でこの内容は凄くお徳です!買って損はありません!!
このなかで私がプレイした事のないゲームは「ワンド」「ラブ サミット」「コルダ」「恋愛番長」だったでしょうか・・・それでも凄く楽しめました。
その他のゲームは「遥か1~4」「アンジェ、ネオアンジェ」「緋色の欠片3」「薄桜鬼」「二世の契り」「猛獣使いと王子様」です。
スポンサーサイト
line

PS2三国恋戦記

PCで発売された時から気になっていたこのゲーム、ついにPS2移植ということで迷わず購入しました♪
評価も凄く良かったので、期待”大”で始めたのですが期待が大きすぎたせいか・・・。
なんというかこのゲームの前に「いざ、出陣!恋戦」をプレイしていて、賛否両論あるものの個人的にはこのゲーム凄い萌え所が多くて面白かったので、それに比べると甘さが足りない・・・かな。
三国志に関しては映画のレッドクリフを観たくらいなので、そんなに思い入れもなかったせいかどっぷりと世界観にはまるということは出来なかった・・・とくに軍議とかどうでも良かった・・・だいたいどのルートも途中まではほとんど同じなんだけど、最初の1~3の選択でルートが決まるのでほとんどのキャラが最初からプレイしなくてはならないし・・・まぁ未読を残して次の選択肢までジャンプは出来るんですけど・・・それでもめんどくさいと感じるのは私だけでしょうか?それに比べて「恋戦」の場合も最初の選択肢でルートが決まるんですけどストーリーは最初っから違いますしね・・・3つのEDもしっかり作られていて楽しめる。
それにこの三国恋戦記CGは凄く綺麗なんですけど。立ち絵はキャラによって酷いものがあります・・・バランスも変だったりするし玄徳や孟徳、翼徳などはとくに顔がアップの立ち絵など顎が突き出ててお世辞にもカッコイイとはいえない・・・ちょっと萎えましたね。
個人的には森久保祥太郎さん演じる仲謀が良かったです!!萌え所も一番多かったですし・・・。
”恋戦”の半蔵よりもキャラ的にはずっと良かったですね!
石田彰さん演じる子龍も”恋戦”の秀秋よりはコチラの方が良かったかな・・・。
連続で「いざ、出陣!恋戦」と「三国恋戦記~乙女の兵法!~」をプレイしたわけですけど・・・まぁ、それぞれ好みの問題なんでしょうけどね・・私的にはトータルでは「いざ、出陣!恋戦」の方が好きデスね・・・特典CDの方もコチラの方が凄く面白かったです!!

で、来月はいよいよ「二世に契り 想い出の先へ」が発売です!
ソフマップの店舗特典CDも欲しかったので、ソフマップで限定版を予約しました。
7月にもう一つ迷っているのは「死神と少女」・・・進歩くん出るんですよね・・・絵も凄く綺麗なんですけど、今ひとつ内容に惹かれない・・・TAKUYOさん自体評判のいいメーカーではあるんですけどね・・・購入は発売されてから評価をみてからでもいいかな・・・。
8月には「文明開華 葵座異聞録」が発売・・・コチラはアマゾンに予約済み・・・アマゾン特典CDが付いてこの値段は安い!!
今後発売の中で買うと決めているのが「官能昔話」「アンジェリーク 魔恋の六騎士」「華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク」「雅恋ファンディスク」・・・どれだけオトメイト好きなんだよって感じだ・・・。

line

PSP「いざ、出陣!恋戦」感想

ここ暫く韓ドラにどっぷり浸かっていたのですが、やっと脱出して「いざ、出陣!恋戦」を始めたらフルコンプまで意外と早かったです。
このゲームは凄く楽しみで買った一つで、まずは石田彰さん演じる小早川秀秋から始めると・・・これがイマイチだったんですよね・・・ああ・・・このゲーム失敗だったかなぁ~なんて思いながらも二人目、梶裕貴さん演じる石田三成を始めるとこれが凄く良かった!!
三成のキャラが、もの凄く真面目で天然(小次郎いわくツンツンデレらしいです)で好感がもて悲恋EDに至る過程では彼の思いがとても真摯で泣けました。梶裕貴さん自体こういう役柄は珍しいのでは・・・低めの声で落ち着いた大人の役ですから・・・猛獣使いと王子様では二面性のある役で低めの声を出していましたが少年でしたので三成とはまた違った感じでした・・・大人な声の梶さん凄く素敵でいい意味で裏切られました・・・キャラにも凄く合っていたと思います・・・個人的にこのゲームのキャラの中では三成が一番好きデス!!
その次に良かったのが岸尾だいすけさん演じる伊達政宗かな・・・かなり個性的でいいキャラですよね!
EDは祝言・通常・悲恋と3つありどれもルートに入ってからはしっかりと描かれています・・・とくに悲恋EDは切なくていいです・・・悲恋EDを最後に見て悲しい気持ちで終わるのではなくその後に最後に追加されるお話が凄く幸せモードなので後味もいいですしね。
小早川を除けばどのルートもそれなりに面白くて楽しめました・・・共通ルートがなくて最初っから各キャラの話が進んでいくし・・・乙女ゲームとしてのトキメキ度も凄くある・・・CERO15なので結構ドッキリするような台詞も言ってくれます。
一番美味しいのは佐々木小次郎演じた高橋広樹さんですよね・・・姫の護衛ですから全キャラのルートに出てきますし、彼は他のキャラを全部攻略しなくてはルートに行くことが出来ません。
各キャラと小次郎との掛け合いも面白い・・・小次郎の突っ込みが笑えます・・・でも一番笑えたのは小次郎の祝言ED・・・初夜の翌朝の伊達政宗とのやり取りが凄~く笑えます!!小次郎ルートでは政宗凄くいい人なんですよね・・・政宗自体は小次郎・小十郎と小の付く奴は煩い!自分の子供には絶対小はなどと言ってましたが。
久しぶりに乙女ゲーム凄くはまってやりました!個人的に、凄く萌えどころは多くて楽しめたゲームでした。
このゲームの前にスタスカ冬もプレイしたんですけど、学園ものよりはやっぱりこういうものの方が好きデスね。

予約特典のドラマCDも48分というボリュームでお話もぶっ飛んでいて凄く面白かったです!!
内容は東軍のメンバープラス小次郎で、姫に美味しい物を食べさせようと料理対決の為、材料の鰻を川に皆で釣りに行くと言う話・・・まずは鰻の餌となるシジミをとり始めるのですが、なぜがアサリがとれてアサリとりに夢中になり結局その場でアサリとシジミの味噌汁を小次郎が作ることに・・・いったいここに何にし来たのか?川遊び?!アサリとり?!・・・違~う!鰻とり!!と光秀の怒りの突っ込みが・・・政宗と光秀の間で右往左往する半蔵とそれにいやいや付き合わされる小次郎、すっごくパラレルなお話で爆笑しました・・・これなら限定版買えば良かったなぁ~梶さん三成が出ている方も聴きたかったぁ~・・・と思っていたらYOUTUBEでUPされていて聞く事が出来ました。
コチラの内容は信長が姫のバースディパーティーをしようと言い出し、小次郎を巻き込んで姫のプレゼントに子猫を贈る為、子猫捕獲作戦を始めるのですが・・・とにかく本編でも猫大好きな三成がここでも”猫ちゃん”と呼び並々ならぬ思い入れをみせ、それに振り回される小次郎と秀秋が凄く可笑しいです・・・信長さんにまで囮の魚の干し物は渡さないと強気にでちゃうんですから・・・おかずは沢庵で十分だなんてねぇ・・・こちらのCDはやっぱり梶さん三成が凄くいい味だしてましたねぇ~三成Loveです
さぁ・・・今日からはPS2三国恋戦記始めるぞ~!!

line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。