スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

えっ!「きみが恋に堕ちる」CD化!早い!

9月29日ムービックさんより「きみが恋に堕ちる」が発売になります。もちろん主役の望月春は千葉進歩クン、お相手の主藤司が神谷浩史さん、神谷さんのお兄さん役の主藤礼一郎が遊佐浩二さんです。
それにしても9月の進歩くんのBL出演凄いです。
それも主役が目白押し!
特に今回はムービックさんから同じ日に発売(9/29)のエゴイストプリンスもあって、同じ日に同じところから2つも主役でなんて・・・凄い!
「きみが恋に堕ちる」は高永ひなこ氏原作のコミックで、CIELで5月号まで連載されていたものです。隔月刊のCIELで5話連続で連載されていました。それにしてもCD化されるのが早いです。もう単行本化はされたのかな?・・・何しろ5月号が最終話でしたから。
進歩くん演じる望月春は新任の高校教師で、偶然かつて好きだった主藤礼一郎の弟、司がいる高校へ赴任して来ます。
高校時代、礼一郎と弓道部に在籍していた春は学校の弓道部を訪れ、司と出会うのです。
礼一郎の事を好きになりすぎた春は、その苦しさから逃れるために、4年前に黙って礼一郎の前から姿を消していました。
司に兄の礼一郎を好きだった事を知られ狼狽するのですが、そんな春に司は「ずっと好きだった。」と告白します。
自分の思いを素直にぶつけてくる司に春は段々惹かれ始めるのですが、そんな矢先、兄の礼一郎が春の存在に気が付き「おまえにとっての1番は俺だと思っていた。好きだ」と告白します。実は4年前に自分の前からいなくなった春に礼一郎も傷ついていたのです。それを目撃した司は、春の恋が叶うと勘違いし身を引こうとします。
4年もかけても忘れられないくらいずっと好きだった礼一郎に告白されて、初めて司をどんなに好きだったか気づかされる春。
別れを告げに来た司に、春は「司の事が好きだから、礼一郎の気持ちには応えられないと断った」と自分の気持ちを告げHappy End。
こんなに早くCD化されるなんて、よほどこのお話人気があったんでしょうね。高永ひなこ氏も人気のある作家さんだし。
CIELの11月号からは、礼一郎編が連載されるらしいです。


ラジオパステルコレクションで「神官は王に愛される」の収録現場インタビューがupされてました。
もうちょっと進歩クン喋ってくれてるとよかったな・・・時間がないから仕方ないんだろうけど。それにしても皆さんやっぱり、冴紗と言う名前は言い難かったんですね・・・確かに冴紗様って言いにくい。競演の小野さんは、冴紗と言う役名の千葉さんがだんだん憎くなってきた(笑)なんて言ってましたもんね。




スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。