スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

気になる!「彩雲国物語」茶朔洵は誰が演じるの?

4週にも渡って「彩雲国物語」再放送なんて・・・勘弁して・・・禁断症状でそうです。毎週こんなに楽しみにしているのに!
今週再放送の第二話の終わり、かかずゆみさん司会の番組紹介コーナーでは、檜山さんがゲストに出るそうです。
それは良いのだけど・・・再放送4週もやるのは止めて欲しい・・・。
気になってしょうがないので、続きを原作を買って読みました。今放送されているのは、文庫本の3巻の真ん中あたりかな。
6巻まで一気に読んでしまいました・・・原作も凄く面白い!
茶州の州牧となった秀麗は、茶州州都入りを目指して静蘭、燕青、影月、香鈴と供に旅をするのですが、秀麗を除いた4人は州牧就任を妨害しようとする陰謀で、捕まってしまいます。
1人になった秀麗は、大きな商隊に混じって茶州州都入りを目指します。その商隊を牛耳るのが琳家の子息、琳千夜・・・すっごい美形で実は茶仲障の孫、茶朔洵だったのです。仲障は朔洵と秀麗を結婚させる事を決め、それを聞いた朔洵は、千夜に成りすまし秀麗に近づき、秀麗を好きになってしまいます。どんな物にも執着を示さず、小さい頃より顔だけが取り得と言われていた朔洵・・・実は凄い切れ者で、僅か15歳で大盗賊の殺刃賊を掌で弄ぶほど。ですが、だれもその事に気が付いてない。流罪になり追っ手に追われ疲れ果てて雪の中に倒れこんでいた静蘭(少年)を殺刃賊の中に放り込んだのも朔洵です。1ヶ月近い旅の中でどんどん秀麗に惹かれていく朔洵。秀麗に自分の正体がばれた後も、愛をささやき続けます。
今夜は茶家当主選定・就任の儀が行はれるというその日、朔洵は甘露茶を入れて欲しいと秀麗に頼みます。大切な人達にしか入れないという甘露茶をどうしても入れて欲しかった朔洵は、賭けをしていました。
白湯の中に毒を入れ、その毒を中和する薬を甘露茶の茶葉の中に入れて措いたのです。たまたまその時体調の悪そうだった朔洵を気遣い、秀麗は白湯しか入れてあげませんでした。
その後毒を持ってやって来た静蘭と、毒を入れた酒をロシアンルーレットさながらの飲み比べをします。この時の二人の会話も洒落が効いてて面白い!静蘭が「ダメダメ人生に悲観したので死にます」と書き付けておいて欲しいと言うのに対して、朔洵は「うっかり毒飲んじゃいました、すいません。」とどこかに書いて置いて欲しいと言うのですから。
その時の静蘭と朔洵の会話です。
静蘭「私はな、茶朔洵、自分で言うのもなんだが、とても我がままなんだ」
茶朔洵「知ってるよ。昔見たときそう思った。上手く隠してたけど。」
静蘭「だから欲しいものはすべてとる。私はお前とは違うよ。何も選ばない。すべてこの手に取る」
茶朔洵「欲張ると、本当に欲しいものは手に入らないよ」
静蘭「言っただろう、茶朔洵。私はお前とは違うと」
静蘭「言っておくがな、私はお嬢様にこの世で2番目に好きと言われたぞ」
茶朔洵「なんだそれは。全然自慢にならないじゃないか」
静蘭「1番目はこの世の誰もかなわない人だ。だから2番目で十分だ。この意味が分からないとか、まさか言うなよ?」
茶朔洵「・・・・・相変わらず嫌な性格をしてるよね」
静蘭「誰に言われてもいいが、お前にだけは言われたくない」
茶朔洵「・・・・いいな」
静蘭「・・・・は?」
茶朔洵「いいなぁと言ったんだよ。この世で3番目でいいから、私も彼女に言ってもらいたい」
この会話を聞いていると何気に静蘭の方が黒い・・・・まぁ茶朔洵を毒殺しようとやって来たくらいですから。
3番目でもいいなんて・・・朔洵健気で可愛いです。茶朔洵いい!好きデス!

即効性のない毒を強い酒に混ぜ、全部の杯に入れていた朔洵。毒に対して耐性を持っていた静蘭は、毒は効かないものの酒のせいで足はフラフラでした。そんな静蘭を残して朔洵は秀麗を待つ為にある場所で、もう上手くは動かない指で、切れ切れに二胡を弾いていました。
駆けつけた秀麗の前で吐血する朔洵。
「身体は大切にしないとダメなんだから。だから今日は白湯だけよ」と言った秀麗。「あれほど甘くておいしい白湯を、自分は知らない」と思う朔洵。「甘露茶を入れてくれないと、私は死んでしまうよ」と冗談のように言ってみせた言葉は本当だったのです。私を殺したのは君だ、そうすれば私を忘れない、そして彼女にとっての「特別になれる」そう思ったのです。死に際にニ胡を弾いて欲しいと言う朔洵。
「君にとって私は何番目?・・・愛してるよ。君のニ胡も、君の入れてくれたお茶も、・・・君のすべてを」と言う言葉を残して逝ってしまいました。自分のしてきた事を考えると、正体が分かった今秀麗が自分の掌に陥ちることなどありえないので、出来る事といったら茶朔洵を彼女にあげることだと思ったのです。
茶朔洵はゆるいウェーブのかかった長い髪で29歳、とにかく凄い美形です。
悪い奴なんですが(成りすました琳家も殺刃賊に皆殺しにさせていた)、憎めない部分もあって、どこか人間として欠けている所が魅力でもあったりします。この部分がアニメになった時、いったい誰が茶朔洵
を演じるのでしょうか?すっごく気になります。
私としては神谷浩史さんか子安さん、進歩くんがいいのではと思ってるんですけど。出来ればちょっと高めのクールな声で進歩クンにやって欲しい!静蘭(緑川さん)と茶朔洵のやり取り進歩クン聴きたい!
要望メール出そうかな・・・・。

静蘭が流罪になり紅家に引き取られる前、殺刃賊にいた事があったのですが、殺刃賊の首領・瞑祥に「あんなに可愛がってやったのにもう忘れたのか・・・今のお前も捨てがたい」というシーンがあります。静蘭の消し去りたい過去の一つ・・・とっても美人な静蘭なので・・・やっぱりそうゆうことあったの・・・ちょっとでもBLが匂ってくるとワクワクする自分が悲しい・・・トホホ・・・。
進歩クンが出ていなくても今1番大好きなアニメ、これに出てくれたらどんなにか嬉しいだろうか・・・出てくれないかなぁ~|
そしてゲーム化してくれたらもっと嬉しい!
ゲーム化希望でーす!その時は是非、真殿さんの黎深様も入れてもらって・・・怜悧冷徹だけども、可愛いところもある黎深様が今は静蘭よりもツボです。そう言えば仮面を着けている黄奇人は、実はすっごい綺麗な顔を持った人だったんですね。綺麗な顔過ぎるゆえに、仮面を着けていた・・・まだアニメではその顔は明らかにされてませんが・・・声は渋い!



スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。