スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「極・艶」ドラマCD

「極・愛」の続編、前回は脇役だった真木洋平(千葉進歩)が今回は主役です。鬼塚(成田剣)に恋破れ傷心旅行に出かけた先で、対抗する勢力ヤクザのトップ龍ヶ崎(森川智之)と出会い恋に堕ちるという、ロミオとジュリエット的なお話。
原作が凄く面白かったので、凄く楽しみにしていた1枚です。
でも聴いてみてちょっとガッカリ!
原作と比べると大分内容がはしょってあり、微妙に変わっている。
一速飛びで要点だけを押さえて、走り抜けた感じ。
特に市川の部分は、風間さんが演じるとあって楽しみにしていたのに、市川の真木に対する思いとか、関係性は全く描かれてませんでした。
原作を知っていると、物足りなさを感じます。
確かにこの1冊はボリュームがあり、CD1枚では無理があるのかもしれません。高くてもいいので2枚組みで、しっかり描いて欲しかったな。
だって森川さんの龍ヶ崎は低音ボイスで凄くかっこよく龍ヶ崎そのもの
、進歩クンの真木もやんちゃであぶなっかしくて、真木そのもの!
こんなにキャストがぴったりはまっていて、演技も素晴らしいのに・・・もったいない・・・特に市川(風間さん)をもっと使ってくれると面白くなったのに。

それに比べるとエビリティ3は、非常に原作に忠実に作ってありました。2枚組みなので落とすとこなく入っていたみたいです。
悲しいかな原作通り益永の出番は、ほんのちょっと・・・・それを聴く為に2枚聴くのも結構つらい・・・。

原作と比較しなければ、このCD自体とても良い出来だと思います。
とにかく声優陣が期待を裏切りません!
私の中では、やっぱり大好きな1枚です。
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。