スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

やさしい竜の殺し方4

いよいよ、ラストです。
前回、出番のなかったウルも帰って来て、最初っからラブラブモード。フェンリエッタとアークの結婚話にヤキモチを妬くウル(緑川光)は、とても可愛いです。「年増、アーカンジェルは渡さない」と毒づきますが、「私は、世界よりも君を選んだ」と、アーク(千葉進歩)は宥めます。ウルは、フェンのことを「そのずいぶん歳を取った女・・・」などと呼び、それに答えてフェンは、「心の狭い彼氏を持つと大変だ!」とか、あげくのはてに「童貞ドラゴン」などと言います。ウルは、「ホモ竜より酷い」とつぶやきます。この二人の中にはいって、右往左往するアークも可愛くて、この三人のやり取りはとても楽しいです。
ラーサルグフルとウルの戦いは、大人に成長をした姿でウルが挑み圧勝しました。
アークは、フェンの剣を持ってダンタリオン(子安武人)と決着をつけようとします。魔法を使わず、剣で勝負をして傷だらけの二人を見て、ウルは止めさせるために、セファイド(諏訪部順一)を召還します。
ダンタリオンに土下座をして、詫びるセファイドは普段のお調子者と打って変わって、男らしく潔いです。
その後、アウロラが憑依して、アークに対する誤解もとけ、お互いの思いを語り、ダンタリオンは許しを請います。
このシーンは、とても感動的で、とにかく進歩クンも、子安さんも、諏訪部さんも素敵!その一言に尽きるかな・・・。
それと、今回緑川さん演じるウルがとても可愛かった。
作家の津守時生さんに、アーカンジェル役の千葉進歩さんに出会えたことを、神様に感謝したいと言わせてしまうほど、進歩クンはまり役でした。私の中でも、進歩クン出演の作品のなかで間違いなくベスト3に入ります。
とにかく、アークも進歩クンも素敵それに尽きます。
千葉進歩クンファンで、まだ「やさ竜」を聴いていない方、是非是非1巻から聴くことをお薦めします。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。