スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「彩雲国物語ドラマCD第2巻~物思う君に愛の手を~」

秀麗が茶州に行ってまだ一ヶ月も経っていないというのに、もう「秀麗の饅頭が食べたい!」と寂しさのあまり不満を言う劉輝(関智一)。
劉輝が元気がないことを心配した?霄太師と宋太傅はどうやって元気づけるか?(からかうか)楽しそうに相談を始めます。
霄太師はとんでもない量の見合い写真を、宋太傅は朝の運動だと、行き成り襲い掛かって剣の稽古をつけようとします。
女に振られた時の特効薬は女だ!と次々と見合いを持ってくる霄太師。
「俺は振られてなどいない・・・振られたのか?・・・」段々不安になり泣きじゃくる劉輝でした。(この泣き方すご~く可愛かった)

邵可様(池田秀一)に会いに来た黎心様(真殿光昭)・・・そこには弟の玖琅(置鮎龍太郎)が・・・。
お茶を入れようとする邵可様に、変わって自分が入れようとする玖琅。
「でしゃばるんじゃない!玖琅」と邵可のお茶を楽しみにしていた黎深様は怒りだします。
すご~く怒鳴って怒っていたのに、邵可様のお茶を飲む時はニコニコで嬉しそうに飲んでいます。このギャップが可愛い!
お饅頭も美味しい!と頬張る黎深・・・玖琅が作って持ってきたという事を知ると、兄さんの家にあるからこそ美味しい!と変な理屈を言う黎深様。邵可様をはさんでの玖琅との大人気ないやり取りは凄く可笑しくて可愛い!

秀麗のニ胡を思い出して、珠翠(岡村明美)にニ胡の弾き方を教えて欲しいと頼み込む劉輝。
早めに仕事を片付けた劉輝は邵可様の所へ行き、覚えたてのニ胡で短い曲を弾いて見せます。
いつも自分にお茶を入れてくれる邵可に何かしたい、「邵可のお茶は私を活かしてくれるお茶だから」だと・・・。

第一巻はコメディタッチで、すご~く笑わせてもらったんだけど、今回はどちらかと言うとシリアスタッチでしたね。
劉輝の秀麗に対する思いが、とても切なく描いてありました。
爺さん二人組みはいつも通りでしたけど・・・。

フリートークのテーマは、「あなたが幸せを感じる時」
関智一さん:朝方布団にもぐりこんでいる瞬間
森川智之さん:夕刻から遊んでいる時、その次の日の仕事が午後からだと最高!
檜山修之さん:城に行って天守閣に上って、周りを見ている時
真殿光昭さん:「幸せな時間かぁ~」と間を空けます。なんでも遠くを見つめていたそうで、「人が幸せになっている顔を見た時」と答えていました。大爆笑です・・・「何だ!俺が嘘でも言っているというのか!」と小芝居を始める真殿さん・・・やっぱり可笑しい!
置鮎龍太郎さん:このCDで紅家の3兄弟が初めて話をした事。
置鮎さんに向かって、「幸せだったよ」と真殿さんの一言・・・なにげないその台詞の言い方が素敵~!でもなぜか頭に浮かんできたのはクォン・サンウの顔だ・・・。
このCD表紙に黎深様も居るんですよね・・・意地悪~い顔をして・・・。

遂にアニメの方は第1シリーズ最終回を迎えました。
各キャラクター総出演です。
柴彰含む茶州組は最初のほうにちょこっと出てきました。
黎深様は皆で秀麗の帰宅を祝っての食事会に、入るに入れずやきもきして、怒りまくっていました。
この二人が同じ番組で観れるのはホントに嬉しい。
4月の新シリーズが凄く待ち遠しいです。

遂に彩雲国物語ウェブラジオ、3月8日更新分に真殿さんゲスト出演です。ホントに今年に入って、ウェブラジオの出演の多いこと!
うれしい~!




スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。