スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「魅惑ノリンゴ」ドラマCD

お金持ちのお坊ちゃま学校へ新任の教師、林悟(浜田賢二)がやって来たところから始まります。
一条グループの御曹司、一条圭(小野大輔)は自分の素性を知ると、機嫌を取りへつらう大人達に辟易していました。
もちろん林悟も同じだろうと思っていたら・・・全く相手にしません。
家柄や親の職業で態度を変えない人だと分かり、恋に落ちてしまう一条でした。
「ずっと待っていた!運命だ!俺のものになってくれ!」と叫んでしまうくらいに。
どんなにアタックしようとなびかない林悟(リンゴ)・・・ですがひたむきで一生懸命な一条に林悟の気持ちも変わって行きます。
少しずつ気持ちが通じ合ってきた矢先、林悟の高校時代の同級生が、英語の先生として赴任して来ます。
その人は五木弘(真殿光昭)。高校生の時、林悟をもてあそび傷つけた張本人でした。
回想シーンで高校時代の林と五木が出て来ます。(皆が絶賛の真殿さんの爽やか高校生)・・・爽やかと言うかホントに可愛かったです。
五木は林悟と一条の間に亀裂を入れようと画策するのですが、お互いを思う強い気持ちで乗り越えました。
ひねくれ者となじる一条に、自分はひねくれ者だと認める五木。
林悟を傷つけたことを死ぬほど後悔していたけど、素直に謝れない五木は徹底的に嫌われようとしたのでした。
「もう、泣かないようその子に側にいていてもらえ」と優しい~声で告げて去って行きました。(この時の真殿さんの声、すご~くソフトで優しい声・・・グッときます)
一条役の小野大輔さん、いいですねぇ!
やんちゃな高校生の感じが凄くよく出てます。
浜田さんの受けは・・・男らしい受けなのですが、色っぽいです。
この方の声はとても男っぽいのに色気がありますよね。
宮田さんはおせっかいでミーハーな女子高生?!ぶりが板についてました・・・こうゆう役は上手いですよねぇ~。
それにしても三島氏、ホントに年下攻めが好きなんですね。

ムービックのボイスメッセージも凄く面白かったです。
小野大輔さん、事務所内恋愛だと言ってましたが、そういえば浜田さんと同じ事務所だったんですね。最初台本を読んでいて、自分は受けだと思ったそうです・・・そうですよね、普通浜田さんが受けるとは・・・
ねぇ・・。小野さん収録の時ズボンのチャックが開きっぱなしだったそうで・・・真殿さんに「ワザとじゃないの!」突っ込まれてました。
一番年長という事もあって、真殿さん皆さんのトークに突っ込む、突っ込む・・・さすがです!可笑しいです!
鈴木達央サンはこの収録で、、やっぱり真殿さんの爽やかボイスが印象的だったと話していました。普段とは滲み出ているものとは違う、ファブリーズをかけたような爽やかさだったそうです。そこでまた「俺臭いの~!」の真殿さんの突っ込み・・・面白すぎ!
収録の時も毛羽立った椅子に真殿さんを座らせようと小野さんが画策したようで・・・真殿さんは「まきびし」を撒かれた椅子に血を流しながら座ったなんて言っていました。
真殿さん全開の楽しいボイスメッセージでした。
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。