スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「光州5・18」~華麗なる休暇~

ジュンギが出演しているというので観たかった映画です。
1980年5月18日、韓国光州市で民主化を要求する学生と軍の対立が勃発。
戒厳軍の弾圧は多くの罪のない市民までも巻き添えにしました。
何の抵抗も出来なく逃げ惑う中、愛する者たちの死に、”愛する者を守りたい”と立ち上がり軍に戦いを挑んでいく一般市民の戦いの実話。
学生と軍の攻防は一般市民を巻き込んで、カン・ジヌ(イ・ジュンギ)の友人も殺されてまった。
悲しみと怒りに軍に抵抗し、仲間と立ち上がるジヌ!
兄カン・ミヌは、たった一人しかいない肉親のジヌが死んだら生きてはいけない、運動に参加するのはやめて欲しいと諭すのですが・・・ジヌは「俺は兄さんが殺されたら復讐する!兄さんはおれが殺されたらどうする?」と問いかけてきます。そしてとうとうジヌは軍の凶弾に倒れて、兄の目の前で息を引き取りました。弟の死に立ち上がるミヌ!元空軍の大佐でミヌの恋人パク・シネの父親であるパク・フンスを指導者として・・・最後は絶望的な死が待ち受けていました。
そんなに遠くない昔、お隣韓国でこんな酷いことが起きていたなんて・・・事実にもとづいているだけに、観ていて憤りで胸が苦しくなります。
この事件は当時韓国国内ではマスメディアの情報操作によって、悲劇は正確には伝えられず、海外のメディアの外信によって真実は公になったそうです。
たった28年前にこんなことが・・・自分の国の罪もない人に銃を向けるなんて・・・あってはならないことです・・・許されるべきではない・・・発砲を支持した人物も今だ特定されていないのだとか・・・されていないのか?・・・あえて特定しようとしないのか?・・・理不尽にもほどがある・・・・。

ジュンギ演じるジヌは凄く可愛かったです!
兄をとても大事に思い、兄とふざける様は本当に可愛い・・・と思っていたのもつかぬま・・・ジュンギが凶弾に倒れ死んだ時にはボロボロ泣いてしまいました。
周りを固める愛すべき人達も本当に素敵!・・・涙が止まりませんでした!
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。