スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

愛かもしれない☆山田ユギ・・・CD化

マリンから、9月18日に「山田ユギバンブーセレクションCD2愛かもしれない」ドラマCD(2枚組)が発売されるんですね。
バンブーセレクションというだけあって、竹書房のバンブーコミックスの中からショートストーリー4話をセレクトしたもので、昨年10月には「バンブーセレクション1愛だろ、愛!!」がやはり同じような形で発売されています。
山田ユギ氏は大好きな作家さんの一人なので、もちろんこの原作も読んでいます。
絵もさることながら、お話も暖かさとユーモアが溢れていて面白く、どの作品を読んでもハズレのない作家さんです。
今回この作品に進歩クンが出演するということで、凄く嬉しい♪
進歩クンが出演するのは「冷えたビールがないなんて」。
同じ職場の可愛い後輩高尾が、ビールを手土産にしょっちゅうゲームをしに西萩のところにやって来るのですが・・・最初は「和むなぁ~」くらいの気持ちが段々ハマってしまい、気持ちをもてあました高尾は同僚の女性と付き合ってみるのですが、それを西萩に指摘され、泣き出し逃げ出してしまいます。
それから高尾がやってこなくなり、冷蔵庫のビールもきれてしまい・・・。
本当は高尾の気持ちに気づいていた西萩・・・久しぶりに二人で飲んで、「俺がお嫁さんになりたかったなぁ~・・・1回だけも・・・」と冗談まじりに本音を言って帰る高尾に・・・靴も両足バラバラ、上着も着ずに飛び出し追いかける西萩・・・最後は「おまえがいいんだ」とhappy end。
進歩クンが演じる西萩は、部屋はちらかりっぱなしのずぼらなごく普通のサラリーマン。(台詞はちょっと男らしかったりもして、結構好きなキャラです)
そして進歩クン、今回久々の攻めです!
お相手の高尾は寺島拓篤さん・・・あるドラマCDでは師弟関係でしたよね・・・どちらも女性っぽくない感じのキャラなので、音声で聞くのが楽しみです。

「ありえない二人」ではメインの二人ではないにしろ、水野役で真殿光昭さんが出演・・・それなりに出番もあるので楽しみ!
それとピーチパイのママが伊藤健太郎さんということで、それだけで暑苦しいママが想像できて笑えます・・・というかピーチパイのママが出るということは、ありえない二人のコミックスの最後の書き下ろし水野編が収録されるかしら・・・されたらいいな・・・そしたら伊藤健太郎VS真殿光昭聴けるかも~・・・。
そういえば鈴木役の平川大輔さんも攻めなんですよね・・・超寡黙な男らしい感じなので、ちょっと低音な平川さんの声が聴けるかも・・・それも楽しみだ!!

その他には「死ぬほど好き」「明烏」の計4作品が収録
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。