スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

最近は・・どっぷり韓流?

ジュンギのイベントまで20日を切って、気もそぞろな毎日を過ごしている今日この頃・・・。
そんな中、BSで韓流三昧な日々を送っています。
とくにBS日テレが熱い・・・中でもランチタイム放送枠は結構面白い!
私が観始めて、「強敵たち」「ラブトレジャー」「不良家族」などなど・・・不良家族は今日で最終回なのですが、主役のキム・ミョンミンが凄くいい!白い巨頭のイメージを思いっきり払拭してくれました・・・そして相手役のナム・サンミも「犬とオオカミの時間」でジュンギの相手役をしたときにはイマイチだったのですが、不良家族では生き生きして若々しく元気な可愛い女の子で、全然イメージが変わりました。13時30分からは「がんばれクムスン」を今更ながら観てます・・・ホン・ギルドンのカン・ジファンがあまりにも良かったので。
16時から放送のアン・ジェウクの「愛してる」は今ひとつなのですが、来週から後番組として始まる、ユン・ゲサン主演の「どなたですか?」は面白そうで期待大。
他のBSでは、「エデンの東」・・・いやになるくらい腹黒い陰謀が襲ってきます・・・とにかく暗い!・・・でも観てしまいます。
「必殺最強チル」は韓国版仕事人・・・ベタなんですが、何だか観ていてスカットします。
「風の国」はトジン役のパク・コニョンがいい・・・なんとなく目がちょっとジュンギ似ている感じがするんだけど・・・。
これらを録画して観てるのですが、日本の番組に合わせてカットされているので、割と簡潔で観やすいです・・・韓ドラって1話70分近くあって、しかもOSTが流れて物思いに耽るシーンが多いんですよね・・・せっかちな私はどうでもいいようなところは早送りで観てしまうんですよ・・・なので簡潔にまとめられている日本での放送が観やすい。
私が今まで早送りをせずに観た韓ドラは、イ・ジュンギ主演のもの意外に、怪盗ホンギルドン、思いっきりハイキック、花より男子、ありがとうございます、位でしょうか・・・。

昨日の朝、特ダネに東方神起が出ると友人からメールが・・・慌てて録画しました・・・ノーチェックだったもので・・・金曜日はMステ、日曜日はMJ楽しみだ~!
この友人、韓流オタク暦は長く、ヨン様の大ファン・・・最近東方神起のファンになったらしく、DVDなど購入してはまりまくっている~ちなみにユノの大ファンだとか。
私はユチョンが大好きです・・・可愛くって癒される~、性格も温和で優しいし、歌っている時のあの声も好きだし、2007のライブDVDの最後のほうのシーンで泣いているユチョンは可愛すぎ!!
5月に放送された未来創造堂での、アニメイントロあてクイズで思い余って、「ぼくっ!」と手を挙げて叫んでしまったユチョンも超可愛い!!・・・なんどもリピして観てしまいます。

明日はイルジメDVD BOXⅡが届きます!
特典映像が目当てで買ったんですけど・・・レーベルとかも凄く綺麗なので楽しみ~♪
line

BLよりもBL?・・・韓国映画「霜花店(サンファジョム)」

昨年末から今年1月にかけて、韓国で公開された「霜花店」・・・雑誌の映画紹介で見てどうしても観たいと思っていた一つです。
ずっと観たいと思っていたので、ワクワクしながら観たのですが、BL好きには期待を裏切らない面白さ・・・BLというより一つの愛憎劇として、3人の思いが交差して面白かったです。
舞台は高麗末期を背景・・・幼き王は側近の子息から36人の美少年を選抜し、彼らを精鋭部隊に育てるため、宮殿で傍に置き寵愛した・・・その名も乾竜衛。
10年の月日が経ち、王(チュ・ジンモ)の寵愛を一身に受けたホンニム(チョ・インソン)がその乾竜衛をまとめる総管(側近)として、護衛だけでなく寝室まで出入りしていました。
そん中、重臣達の中で王位簒奪の陰謀が巡らされ、跡継ぎ問題を口実に元から無理な要求・・・刺客なども送られて・・・。
女を抱けないという王は、跡継ぎを作るために、一番信頼できるホンニムに王妃と寝ることを要求するのですが・・・初めて女性を知ったホンニムは王妃を愛するようになり、またホンニムに嫉妬を感じていた王妃もホンニムを愛してしまい、王を裏切り二人で逢瀬を重ねていた。
しかしそれも長く続かず王にばれてしまい、「過ちだった・・・死をもって償うという・・・」ホンニムに、しばらくホン陣の守備隊としてここを離れて忘れろ・・・と言う王・・・殿下の人として生きていくことを決意し、王妃に別れを告げるのですが・・・王宮を離れる前に、最後に人目だけでも逢いたいという王妃に会いに行き、王妃が懐妊した事を告げられ、溢れる思いと衝動にかられ・・・ホンニムが居ないことを知った王は嫉妬と怒りで王宮を探しまわり、遂にその現場を目撃してしまい、怒りに任せてホンニムを去勢し牢に閉じ込めるのですが・・・。
懐妊した事を知った王が、誰の子かを知る者を皆殺しにすることを危惧した王妃が、密かにホンニムを逃がすのですが、それを知った王は血眼でホンニムを捜し、見せしめに脱出を手助けした者をさらし首にし、女の首にホンニムが贈った香入れの首飾りを付け、王妃の首と見せかけてホンニムをおびき出そうと・・・それを見たホンニムは怒り狂い、「貴方を殺しにやって来ました」と王の前に立ちはだかり、二人の激しい戦いが・・・その戦いの中、それでも今謝ればおまえを許すという王・・・戦うしかないと言うホンニム・・・ホンニムを一刺しした王は「ただの一度も・・・本当に・・・私に愛情を抱かなかったのか?」と目に涙を浮かべて問うのですが・・・「ただの一度もありません・・・」と答えるホンニム・・・自失呆然とした王を一突きにするホンニム・・・意識が遠ざかろうとする中、駆け寄る王妃を見て生きている事を知ったホンニムは、力を振りしぼって王に振り返り、顔を見て一筋の涙を流すのでした。
話はここで終わり、EDは幼い頃の王とホンニムの会話に・・・高台から宮殿を見て、「素晴らしい・・・大きくて立派であんな家に住みたいです」と言うホンニムに、「ならば私と生涯暮らしてみるか・・・」と言う王・・・まるでプロポーズの言葉のよう。
そして劇中で王がホンニムと狩りに出た夢を見たが、あまりにもリアルだったからとその絵を書いていたのですが、その絵は王が弓を引き、ホンニムがその後に付いて入るのを見て、私も弓を引いたほうがよくありませんか?という場面があるのですが、ラストはその絵の中のように、二人で馬に乗り弓を引いて走って行く姿で終わっています・・・その時王に向けるホンニムの優しい笑顔がとても印象的でした。

見終わって呆然とするくらい、良かったです!
三人の交差する想いと愛・・・一度も愛した事はないと言うホンニムの言葉を聴いた時には愕然として、悲しかったのですが・・・このラストの作り方はやはり王を愛していましたよね・・・王妃が殺されてしまったという怒りから後には引けない、そんな言葉を言えるはずもない・・・何より死の間際に、王妃を確認したホンニムが最後に振り返って見たのは王の顔だし・・・戦っている最中に「そんなに愛情が大事か?」と王に訊かれたホンニムは、「愛情を教えてくれたその恩恵に感謝申し上げます」と答えている。
それにしてもこの映画、韓国では18禁ならぬ19禁だったらしいのですが、興行成績は良かったようですね。とにかくホンニムと王妃の絡みが濃厚でリアルで凄い!しかも何度もその場面が出てくるし・・・個人的にはそれを強く描くことで、女を知らないホンニムが愛情よりも情事に溺れていくことを強く描きたかったのでは・・・なんてBLよりの目で勝手なことを思ってしまいました・・・。
王とホンニムの絡みも凄いです!・・・アンティークなんて目じゃない・・・リアルBL・・・。
王の男も面白いと思ったのですが、この映画はもっと深いところまで描かれていて、愛と裏切りの中で交差する激しい思いが胸を打ちます。
色眼鏡などで観ず、是非正面から受け止めて観て欲しい映画ですね。
line

怪刀ホンギルドン!・・・と彩雲国?

韓ドラはジュンギ以外のものは、友人のお勧めかよっぽど気になったものしか観ない私が、今はまって観ているものは「怪刀ホンギルドン」です。
これは昨年上半期に韓国で放送されたんですね。
日本では衛星劇場で放送があったみたいです・・・ずっと前に雑誌では面白いと評価されていたのを見たんですが、ネットをフラフラする内にどうしても観たくなった・・・。
いつもの友人に訊くと持っているというので借りたら・・・ガ~ン・・・全24話なのに15話までしかないよ~・・・どうしても観たくて自力で入手しました。
毎日大切に観て、現在22話まで観ました・・・残り2話・・・早く観たいけど観終わってしまうのは寂しい~。
内容は権力を乱用する悪徳貴族が横行する中、ある名門貴族の私生児として生まれたホンギルドンは、生れながら文武両道に才長けるも、厳しい身分制度の中、それを表に出すことも許されず、フラフラとチンピラのような生活を送っていました。
そんな中、幼い頃権力争いに巻き込まれ両親を殺されたイノクは、その時助けてくれたお爺さんと中国から薬売りの商売をするため戻ってきます。
そしてもう一人この権力争いで母親を殺され逃亡していた、現王の弟チャンヒが王の座を取り戻す為、イノクと同じ中国からの舟で戻ってきます。
この3人の出会い、金と権力がまかり通る理不尽な世の中に憤りを感じたギルドンがチンピラから段々英雄に変わって行く様をコミカルに描いています。
同じ義賊でもイルジメとは全然感じが違います・・・とにかく喜劇?ってくらいに面白い!!
ホンギルドンのキャラがとてもいい!!・・・というかカン・ジファンがいいですよね・・・面白くて、温かみがあって包容力もあり、安心感がある。
当初チュ・ジフンが予定されていたそうですが、チュ・ジフンが演じていたらまた違った感じになっていたのかも・・・。
イノク役のソン・ユリも単純でちょっとおバカなんだけど、愛嬌があって超可愛い!!
そしてなんといっても王座を奪回し、母親の仇を討とうとする大君チャンヒ役のチャン・グンソクが超カッコイイというか麗しいというか、影のある感じが乙女心を(乙女じゃないけど(笑))くすぐります。
イノクを巡って恋の三角関係も凄く切ない・・・とくに報われぬ思いに身を焦がし、それでもイノクのことを大切に思うチャンヒが切なくていい・・・。
ネットをフラフラしていた時に、どなたかがチャンヒは彩雲国の「リアル静蘭だ!」と書いていましたが、見れば見るほどそのとおりで、何気にチャンヒがリアル静蘭なら、ホンギルドンはリアル浪 燕青じゃないかと思ってしまいました。
ちょっとむさ苦しい感じで、いつもこん棒?を持ち歩き武器にしている所なんかどう考えてもリアル燕青・・・いやいや、そう考えて観ていると楽しさ倍増!
個人的にはチャンヒ役のチャン・グンソクにやられてしまいました。
ジュンギとはまた対照的な綺麗顔・・・観ていて目の保養になります。
観ていて飽きさせない、超お勧めのドラマです!!


line

韓国映画「アンティーク(西洋骨董洋菓子店)」

ずっと観たいと思っていたこの映画、やっと観ることが出来ました。
アニメも凄く面白かったし、何よりチュ・ジフンも大好きなので・・・おまけにBL入ってるし・・・。
実際、原作に忠実に描いてあって、期待を裏切らない面白さでした!!
前に日本でTVドラマ化された時は、あれはあれで面白かったんですけど、天才パティシエ小野がゲイだというところは描かれてなかった。
原作を読んでみても、橘と小野の関係性を語るのに、やっぱりそれなしでは・・・なんとなく違う感じが・・・。
この映画はそういうところまできちんと描かれており、それを乗り越えて信頼と友情の絆を築いた二人の最後のやり取りのシーンがとても素敵!!
何より小野役のキム・ジェウクがとても綺麗でカッコイイ!!
(名前は小野ではなく、ちゃんと韓国名に代えてあります)
千影役のチェ・ジホと雨の手を繋いでクルクル回るシーンは笑ってしまうほどはまっていました。
(このシーン、アニメでも笑えたんですけど・・・)
フランス人の恋人とのラブシーンもあっさりしていて、いやらしさを感じさせず素敵だったし・・・。
そしてやっぱり橘役のチュ・ジフン・・・超カッコイイ・・・でもヨダレを垂らして眠りこけてるシーンは可愛かったけど・・・。
そういえば橘の子供の頃の役は、イルジメでジュンギの子供時代を演じていた男の子でした。
西洋骨董洋菓子店好きの方には堪らない映画です・・・ホントに!
line

オム・テウンと温泉!!

先日BSでTVを観ていたら、オム・テウンと温泉へ・・・の告知をやっていた。
サイトで見ると、なんでも「オム・テウンと一緒に楽しむ温泉の旅」というイベントをやるらしい。
場所は北海道(定山渓温泉)、関東(磯辺)、近畿(伊勢志摩)、九州(別府)の4ヶ所でそれぞれ行はれるそうです。お値段は一泊二日(朝夕食付き)で45000円!!
これを安いととるか高いととるかはその人の価値観・・・いやいや内容を見ると絶対安いでしょう!
ディナーショーに行ってもこれくらいはかかる!
内容は、ハグあり握手会、ツーショット写真、私物にサイン、ミニコンサート、オリジナルグッズプレゼント・・・他にも翌日の午前中のイベントも考え中とか・・・こんな至れり尽くせりのイベントってある!!
ファンにとっては夢のようなイベントだ!!
・・・いいなぁ~ジュンギもこういうのやってくれないかしら・・・今の日本公式のジュンギのファンクラブはダメダメだし・・・どっかのイベント会社がやってくれるといいのに・・・。
このイベントは現地集合・・・別府は別府湾ロイヤルホテル・・・ここは海沿いの白い建物の大きなホテル・・・ここだったらガソリン満タンでちょうど往復出来る距離・・・いいなぁ~・・・。
そういえば神奈延年さんもファンクラブで温泉とかやってましたよね・・・こういう企画どんどんやってほしいなぁ~。
line
プロフィール

由希那

  • Author:由希那
  •  ☆乙女ゲームと韓ドラが大好きなオタクな日々☆
     
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。